映画:釣りバカ日誌新米社員浜崎伝助瀬戸内海で大漁結婚式大パニック編

「釣りバカ日誌新米社員浜崎伝助瀬戸内海で大漁結婚式大パニック編」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

釣りバカ日誌~新米社員 浜崎伝助~瀬戸内海で大漁! 結婚式大パニック編の紹介:2019年1月4日放送のテレビドラマ。濱田岳と西田敏行コンビの釣りバカ日誌、スペシャル第2弾。原作やアニメ、映画でも描かれなかった「ハマちゃんとみち子の結婚」が、オリジナルストーリーで描かれる。

あらすじ動画

釣りバカ日誌新米社員浜崎伝助瀬戸内海で大漁結婚式大パニック編の主な出演者

浜崎伝助〔ハマちゃん〕(濱田岳)、鈴木一之助〔スーさん〕(西田敏行)、小林みち子(広瀬アリス)、小林平太(きたろう)、小林薫(田辺桃子)、佐々木和男〔課長〕(吹越満)、岡本信隆〔専務〕(名高達男)、秋山哲夫(伊武雅刀)、野上恵一(小野了)、浜崎とし子(榊原郁恵)、鈴木久江(市毛良枝)、瀬尾希和(貫地谷しほり)、戸高仁(小澤征悦)、田村健一(石倉三郎)、牧田環(手塚とおる)、瀬戸トメ(松金よね子)、小林小枝子(浅田美代子)、浜崎伝三(火野正平)

釣りバカ日誌新米社員浜崎伝助瀬戸内海で大漁結婚式大パニック編のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①結婚して約1年、ハマちゃんとみち子は東京で結婚式を挙げることに。代金も支払ったあとで、結婚式場がつぶれて、式場がなくなってしまった。 ②ハマちゃんとみち子は馴染みの漁師たちとともに、海で結婚式を挙げた。

【起】– 釣りバカ日誌新米社員浜崎伝助瀬戸内海で大漁結婚式大パニック編のあらすじ1

釣りバカ日誌新米社員浜崎伝助瀬戸内海で大漁結婚式大パニック編のシーン1

画像引用元:YouTube / 釣りバカ日誌新米社員浜崎伝助瀬戸内海で大漁結婚式大パニック編トレーラー映像

浜崎伝助は、鈴木建設という会社に勤務していましたが、四国の香川県に異動になりました。

鈴木建設の子会社・浦島建設に出向し、働いています。

私生活では、大好きなみち子と結婚をし、幸福でした。

〔香川県高松市〕

2018年9月。

ハマちゃんのこと伝助とみち子は、結婚して約1年が経過しますが、このたび結婚式を挙げることにしました。

式に向けて少しずつ準備をしています…。

〔スーさんの家・東京〕

スーさんこと鈴木一之助は、ハマちゃんの結婚式に出たいと思っています。

ところがハマちゃんの結婚式の日(来月の20日)と同日に、スーさんの直属の秘書・植木雄一が結婚式をするのです。

直属の秘書の結婚式に出ないわけにはいかず、スーさんは頭を抱えていました。

心情的にはハマちゃんのほうに参加したいのですが、秘書をむげにするわけにもいきません。

浦島建設の営業所に出向になってからも、ハマちゃんは相変わらずマイペースでした。

仕事よりも、釣りや妻みち子さんとの時間を優先します。

マイペースに生活しているハマちゃんのところへ、スーさんから電話がかかってきます。

スーさんは、ハマちゃんに会いたくなっていました。

週末に休みを取ったスーさんは、釣りをするために高松へ行くと言います。

ハマちゃんは以前、スーさんに「鬼哭(おになき)島」を案内すると約束していました。

スーさんはそれ目当てです。

同じ頃。

スーさんの会社・鈴木建設では、芸術アイランドプロジェクトという名前のもとに、戸高不動産の息子で、芸術家である戸高仁のオブジェを、四国のどこかの島に設置しようという話が持ち上がりました。

鈴木建設の佐々木課長が戸高を案内し、四国の香川県に行きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「釣りバカ日誌新米社員浜崎伝助瀬戸内海で大漁結婚式大パニック編」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×