映画:釣りバカ日誌1

「釣りバカ日誌1」のネタバレあらすじと結末

釣りバカ日誌の紹介:1988年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズと並び松竹を代表する国民的映画シリーズ。釣りという共通の趣味で繋がった、平社員と初老の社長とのふれあいを描く『釣りバカ日誌』シリーズの第1弾。ハマちゃんとスーさんが出会った記念すべき回。

あらすじ動画

釣りバカ日誌1の主な出演者

浜崎伝助(西田敏行)、浜崎みち子(石田えり)、佐々木和男(谷啓)、久美子(山瀬まみ)、恵(戸川純)、草森秘書(園田裕久)、前原運転手(笹野高史)、秋山専務(前田武彦)、小池常務(児玉謙次)、福間人事部長(大塚国夫)、野口所長(名古屋章)、柏木課長(鈴木ヒロミツ)、善吉(江戸家猫八)、八郎(アパッチけん)、鈴木久江(丹阿弥谷津子)、鈴木一之肋(三國連太郎)

釣りバカ日誌1のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ハマちゃんこと浜崎は仕事よりも釣りが好き。高松で釣り三昧の生活をしていたハマちゃんに辞令が下り、ハマちゃんは愛妻・ミチ子と共に東京へ転勤する。 ②寂しい老人を釣りに誘い、スーさんと呼んで親しくなったハマちゃんだが、スーさんは自分の会社の社長だった。互いの身分を知ったハマちゃんとスーさんはぎくしゃく、ハマちゃんは高松に帰った。

【起】- 釣りバカ日誌1のあらすじ1

1988年(昭和63年)。

浜崎伝助(はまさき でんすけ)は、鈴木建設に勤務するサラリーマンです。
浜崎は「ハマちゃん」と、みんなから呼ばれています。
妻のミチ子との仲は良好で、仕事よりも釣りが大好きでした。

その日も出勤前からクロダイを釣ったハマちゃんは、それを家に持ち帰ります。
毎度のことと知っているミチ子は「魚拓とるでしょ」と墨を持ってきました。
出勤時間が迫っていましたので、ハマちゃんは釣り装備を脱ぎ、出かけていきます。
(釣りのウエアの下にワイシャツを着用していた)

ハマちゃんが勤務しているのは、四国支社高松営業所営業課です。
ところがこの日、ハマちゃんに辞令が下りました。
住み慣れた高松から、東京本社の営業三課へ異動が決まったのです。

ハマちゃんは嫌がりました。今まで瀬戸内海で釣りをするのが大好きだったのに、大都会の東京へ行くなど、もってのほかだと思ったからです。
しかし妻のミチ子が「東京だって海岸よ」「東京湾でも釣れる魚があるし」と言い、釣りの本を見せます。
房総半島や伊豆半島にも近いことも指摘すると、ハマちゃんは外海での釣りに目を輝かせました。
ハマちゃんは辞令を受けて、東京へ行くことにします。


ハマちゃんが東京で暮らすと決めた物件は、向かいに船宿がある場所でした。部屋の窓から海につながる川が見えます。
東京へ引っ越したハマちゃんは出勤しますが、仕事は好きではないので、本気で働くことはしませんでした。
課長の佐々木和男に目をつけられて注意されますが、ハマちゃんは痛くもかゆくもありません。
むしろ上司の佐々木が怒る顔が、フグに見えてくるくらいです。

ハマちゃんの会社の社長・鈴木一之助は、お抱えの運転手もいますし、何不自由のない生活を送っていました。
(先にネタバレ。後にハマちゃんと出会い、社長であることを知らないハマちゃんから「スーさん」呼ばわりされる。
ここではまだハマちゃんと出会っていないが、「スーさん」表記は先にさせていただく)
空港の建設についての会議を聞いていたスーさんは、杓子定規で融通の利かない社員に腹を立てます。

【承】- 釣りバカ日誌1のあらすじ2

むしゃくしゃしたスーさんは、気分転換を図ろうと思い、その日の昼食は外で摂ろうと決めました。
会社の近くの定食屋に入ると、お向かいにハマちゃんが座って食事をしています。

魚定食を残したスーさんを見て、大きなテーブル席の向かいに座るハマちゃんは、残りを食べると言いました。
魚の身を綺麗にほぐして食べながら、ハマちゃんはスーさんに説教をします。
いわく、残される魚の身になってみろと説教したハマちゃんは、スーさんのことを勘違いしました。

定年後の第二の人生を、情けない仕事かなにかをして過ごしているのだろうと思ったハマちゃんは、自分が仕事よりも趣味の釣りを優先して生きていると、熱弁を振るいます。
釣りの面白さを語るので、スーさんは興味を持ちました。
今度釣りに連れていくという話になり、ハマちゃんは自宅の電話番号をスーさんに渡します。


帰宅したスーさんはその夜、ハマちゃん宅に電話をしました。今度の日曜日に、釣りに行くことを約束します。
スーさんが自分の会社の社長と知らないハマちゃんは、「釣りのビギナーの老人扱い」しました。
東京湾に船出したハマちゃんは、スーさんに上から目線で、あれこれ釣りの指南をします。
ところが釣り竿にかかるのは、初心者のスーさんのほうが多く、ハマちゃんは内心、愉快ではありませんでした。
それでも釣りをいちにち堪能し、仲良くなったハマちゃんは、スーさんを家に連れていきます。

ミチ子の手料理を振舞われたスーさんは、楽しいひとときを過ごし、そのままハマちゃんの家で眠り込みました。
ハマちゃんはスーさんの家族に連絡をしておこうと、自宅へ電話をかけます。
スーさんの妻に泊めることを報告しましたが、奥さま口調だったことを知っても、「昔はいい暮らしだったのかもね」程度で、それ以上には思いません。

【転】- 釣りバカ日誌1のあらすじ3

翌朝。
起きたスーさんは、ミチ子に見送られながら帰ります。
迎えに来たお抱え運転手がミチ子を見て、若い愛人を囲っているのかと勘違いしました。
スーさんは運転手に、むきになって否定します。


数日後。
釣りのときの写真が、現像からできあがってきました。
できあがった写真を渡そうと思ったスーさんは、ハマちゃんと連絡を取ろうとします。
自宅にかけ、ミチ子から「ハマちゃんの勤務先の電話番号」を聞いたスーさんは、秘書から「わが社の番号です」と指摘されて、急いで社員名簿を持ってこさせます。

ハマちゃんが自分の会社の社員だと知り、スーさんは驚きました。
しかし、ハマちゃんのほうが気づくまで、放っておくことにします。
ほんの少しだけ「自分の会社の社長の顔も知らないとは、なにごとか。優しくはしてくれたが、社員としては問題がある」と不満に思いますが、ハマちゃんの人柄もあり、水に流しました。

ハマちゃんから釣りの誘いを受けたスーさんは、また釣りに出かけます。今度は七里ガ浜です。
会社を離れると、ハマちゃんとスーさんは上下関係が逆でした。尤もそれは、ハマちゃんがまだスーさんの正体を知らないからです。

釣りのあと、またスーさんはハマちゃん宅にお呼ばれされました。
社長であるスーさんは、仕事を真面目にするべきではないかとハマちゃんに助言しますが、ハマちゃんに否定されます。
ハマちゃんが言うには、「みんな同じ働き者である会社は面白くない、海の魚のように、いろんな種類の人間がいてこそ、会社が面白いものになるのだ」とのことです。
それは一理あると思い、スーさは唸りました。

ハマちゃんの奥さんのミチ子に、スーさんはなれそめを聞きました。
ミチ子は定食屋で魚定食を食べていてハマちゃんに声をかけられ、2回目に会ったときにプロポーズされたそうです。
「あなたを幸福にする自信はないが、幸せになる自信はある」
そう言われたミチ子は、当時付き合っていた男性がいたらしいのですが、その男性と別れてハマちゃんと結婚したそうです。

【結】- 釣りバカ日誌1のあらすじ4

恩義を受けているスーさんは、ミチ子に恩返しをしたいと思いました。何か欲しいものがないかと聞きます。
ミチ子はハマちゃんとの赤ちゃんが欲しいといいました。こればかりはスーさんも叶えられません。


釣り関連の知人・善吉(善さん)が帳簿を取る人を欲しがっているのを知り、ハマちゃんはスーさんを紹介しようとします。
スーさんに就職先を紹介する電話をかけますが、スーさんははっきり言わず、ただ断っただけでした。
スーさんは徐々に、自分の正体を隠していることを後ろめたく思います。

ハマちゃんが忘れ物をしたので、ミチ子は会社に届けに行きます。
そのときに、ミチ子はスーさんにばったり会い、鈴木建設の社長だと知りました。
自分たちをだましていたのかと、ミチ子は怒ります。
スーさんは必死で言い訳をしたのですが、ミチ子はすっかり腹を立て、そのまま帰ってしまいました。
スーさんは申し訳ないと思います。

その夜、スーさんが自分の会社の社長だとミチ子から聞かされたハマちゃんは、会社の社報を取り出して、本当であることを確認しました。
スーさんのほうも、悔やんでいます。

会社の中で、とうとう2人が鉢合わせするときがきました。
スーさんが乗っているエレベーターに、ハマちゃんが乗り込んできたのです。
ハマちゃんは笑顔を浮かべ、毅然として去りました。

別れた後、ハマちゃんのオフィスに、社長室のスーさんから電話がかかります。
スーさんは「公私を別として、今一度おつきあいしてくれないか」と頼みますが、ハマちゃんは「この付き合いは、スーさんのためにならないから」と断りました。
スーさんは悲しく思います。


後日。
ハマちゃんが東京へ辞令が下ったのは、コンピューターの手違いだと判明しました。
ハマちゃんは高松へ帰ることになります。

一時的とはいえ、営業三課でハマちゃんは人気者になっていました。
帰る新幹線を、課長はじめみんなが見送りします。
新幹線に乗り込んだハマちゃんは、スーさんに別れのあいさつもなく東京を去ったことを、すまないと考えました。
冷たくしすぎたと思い、スーさんに電話を入れます。
社長室で電話を取ったスーさんは、ハマちゃんの声を聞いて喜びました。
ハマちゃんとミチ子は、四国へ帰ろうとしています…。

みんなの感想

ライターの感想

『男はつらいよ』と並ぶ、国民的な映画。
寅さんと同様、こちらもお決まりのパターンがあるわけだけど、それに文句をつけてはならない(笑)。
三國&西田コンビから、世代替わりをし、いまは西田&濱田岳。その記念すべき第1作がこの作品。
話は非常に単純、互いの正体が判ってからの展開は、少しどきどき。
以後の展開も楽しみになる回だろう。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください