映画:釣りバカ日誌1

「釣りバカ日誌1」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

釣りバカ日誌の紹介:1988年公開の日本映画。『男はつらいよ』シリーズと並び松竹を代表する国民的映画シリーズ。釣りという共通の趣味で繋がった、平社員と初老の社長とのふれあいを描く『釣りバカ日誌』シリーズの第1弾。ハマちゃんとスーさんが出会った記念すべき回。

釣りバカ日誌1の主な出演者

浜崎伝助(西田敏行)、浜崎みち子(石田えり)、佐々木和男(谷啓)、久美子(山瀬まみ)、恵(戸川純)、草森秘書(園田裕久)、前原運転手(笹野高史)、秋山専務(前田武彦)、小池常務(児玉謙次)、福間人事部長(大塚国夫)、野口所長(名古屋章)、柏木課長(鈴木ヒロミツ)、善吉(江戸家猫八)、八郎(アパッチけん)、鈴木久江(丹阿弥谷津子)、鈴木一之肋(三國連太郎)

釣りバカ日誌1のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ハマちゃんこと浜崎は仕事よりも釣りが好き。高松で釣り三昧の生活をしていたハマちゃんに辞令が下り、ハマちゃんは愛妻・ミチ子と共に東京へ転勤する。 ②寂しい老人を釣りに誘い、スーさんと呼んで親しくなったハマちゃんだが、スーさんは自分の会社の社長だった。互いの身分を知ったハマちゃんとスーさんはぎくしゃく、ハマちゃんは高松に帰った。

【起】– 釣りバカ日誌1のあらすじ1

1988年(昭和63年)。

浜崎伝助(はまさき でんすけ)は、鈴木建設に勤務するサラリーマンです。

浜崎は「ハマちゃん」と、みんなから呼ばれています。

妻のミチ子との仲は良好で、仕事よりも釣りが大好きでした。

その日も出勤前からクロダイを釣ったハマちゃんは、それを家に持ち帰ります。

毎度のことと知っているミチ子は「魚拓とるでしょ」と墨を持ってきました。

出勤時間が迫っていましたので、ハマちゃんは釣り装備を脱ぎ、出かけていきます。

(釣りのウエアの下にワイシャツを着用していた)

ハマちゃんが勤務しているのは、四国支社高松営業所営業課です。

ところがこの日、ハマちゃんに辞令が下りました。

住み慣れた高松から、東京本社の営業三課へ異動が決まったのです。

ハマちゃんは嫌がりました。今まで瀬戸内海で釣りをするのが大好きだったのに、大都会の東京へ行くなど、もってのほかだと思ったからです。

しかし妻のミチ子が「東京だって海岸よ」「東京湾でも釣れる魚があるし」と言い、釣りの本を見せます。

房総半島や伊豆半島にも近いことも指摘すると、ハマちゃんは外海での釣りに目を輝かせました。

ハマちゃんは辞令を受けて、東京へ行くことにします。

ハマちゃんが東京で暮らすと決めた物件は、向かいに船宿がある場所でした。部屋の窓から海につながる川が見えます。

東京へ引っ越したハマちゃんは出勤しますが、仕事は好きではないので、本気で働くことはしませんでした。

課長の佐々木和男に目をつけられて注意されますが、ハマちゃんは痛くもかゆくもありません。

むしろ上司の佐々木が怒る顔が、フグに見えてくるくらいです。

ハマちゃんの会社の社長・鈴木一之助は、お抱えの運転手もいますし、何不自由のない生活を送っていました。

(先にネタバレ。後にハマちゃんと出会い、社長であることを知らないハマちゃんから「スーさん」呼ばわりされる。

ここではまだハマちゃんと出会っていないが、「スーさん」表記は先にさせていただく)

空港の建設についての会議を聞いていたスーさんは、杓子定規で融通の利かない社員に腹を立てます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「釣りバカ日誌1」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×