「鉄道員(ぽっぽや)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(7件)

ヒューマンドラマ

映画「鉄道員(ぽっぽや)」の感想

ライターの感想

高倉健主演で大ヒットした晩年の名作のひとつです。降旗康男監督と何度もタッグを組む最強コンビが描き出す日本の風景。撮影が「劒岳 点の記」の木村大作ということで、徹底的に北海道の雪の美しさを追求した映像美を見せています。健さんが晩年まで乙松という鉄道員を愛していたという、素敵なエピソードがあります。健さんが敬愛する志村喬さんの博物館での一コマ。何度もお忍びで足を運んでいた健さんは、近くに住む食堂の主人が「元鉄道員」だということを知り、とても喜びながら「俺も鉄道員なんですよ」と言われたといいます。ずっと健さんの中にも「乙松」という人物が優しく寄り添っていたのかもしれませんね。不器用でありながら実直で仕事を邁進した男、佐藤乙松。是非、日本映画の代表として皆さんにもお勧めしたい一本です。
  • あめっこさんの感想

    晩年の健さんの代表作、日本アカデミー賞主演男優賞受賞、と本当に有名な作品。だが素敵な話がある。まだご存命の時、高倉健さんが敬愛する志村喬さんのご実家の記念館に足を運んでらっしゃった健さんがご近所の洋食さんのご主人が元鉄道員ということを聞き「僕もね、鉄道員なんですよ」と嬉しそうにおっしゃったエピソードがあります。役を愛し、いつまでも大切にされている健さんらしいお話でした。

  • 漬け物嫌いさんの感想

    公開後20年たった今、初めてケーブルテレビで見ました。いい映画ですねぇ。
    自分は北海道生まれで10年以上帰っておらず、雪に埋もれた駅舎を懐かしく感じました。
    主人公の乙松は最期に幸せを噛みしめ仕事を全うして亡くなるわけで、物悲しいけれども綺麗な人生の幕引きに心打たれた作品でした。

  • ゆらめさんの感想

    ぽっぽや、とても感動しました❗️

  • あほ拳コッチーさんの感想

    幸薄かった乙松の人生は鉄道員として死ななければ、救われなかっただろうな。

  • キャベツさんの感想

    なぜ、乙松は亡くならなくてはならなかったのでしょうか??
    教えていただけると嬉しいです。

  • 青空さんの感想

    私は「ポッポや」を見たことがないですけど、あらすじ3まで見ているとどういうお話や映画などがわかりました❗ありがとうございます❗また、楽しみにしてます❗

1 2 3 4 5

「鉄道員(ぽっぽや)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×