映画:鑑定士と顔のない依頼人

「鑑定士と顔のない依頼人」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

映画「鑑定士と顔のない依頼人」の感想

  • mamiphinさんの感想

    結婚もせず恋人も持たず。美しい絵画と美術品のみが彼を満足させ幸福な感情へ導いてくれて、美しい女性の絵を「秘密の部屋」にコレクションしてそれも見つめることが彼にとっての唯一の癒し。
    部屋は清潔で何もかもが完璧美しくておしゃれで立派なお家に生活をしており、仕事にも成功している主人公は、見ているとそれはそれでいいんじゃない?って納得しそうになってしまうけど、女性に触れたことすらないのにもかかわらず、生身の女性と接することをはじめから欲しない彼は二次元アニメの女性しか相手にしないオタクくんでもある。
    こんなかくれ「オタク」紳士が遭遇する「顔のない依頼人」と突然現れた若くて美しい女の謎。

    あーびっくりした。

    この映画のラストをハッピーエンドととらえるのか、バッドエンドととらえるかは人それぞれ、、、。
    私は紳士にとってこれがハッピーエンドであったと信じたい。
    ラストの時計だらけのシーンがとても印象的で切ないけどとても美しい作品でした。

1 2 3 4 5

「鑑定士と顔のない依頼人」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×