映画:長いお別れ

「長いお別れ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

長いお別れの紹介:厳格な父が認知症と診断され、妻や娘は様々な現実に直面する。記憶を失っていく父と家族が過ごした7年間の日々を、ユーモアを交えながらあたたかに描く。2019年の公開作で、監督・脚本は『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太。小説家中島京子が、自身の父との実体験を基に綴った同名小説が原作。オリジナル脚本にこだわってきた中野監督が、初めて小説を映像化した。

あらすじ動画

長いお別れの主な出演者

東芙美(蒼井優)、今村麻里(竹内結子)、東曜子(松原智恵子)、東昇平(山﨑努)、今村新(北村有起哉)、磐田道彦(中村倫也)、今村崇<青年時代>(杉田雷麟)、今村崇<幼少時代>(蒲田優惟人)

長いお別れのネタバレあらすじ

【起】– 長いお別れのあらすじ1

東京郊外に住む東一家は、中学校校長を務めた父・昇平、明るく穏やかな性格で家族を支えて来た母・曜子、長女・麻里、次女芙美の4人家族。家族の誕生日やクリスマスには、4人揃って三角帽子を被ってお祝いする仲のよい家族です。厳格な昇平は、娘が教師になることを望んでいましたが、その願いは叶いませんでした。真理は海洋生物学者の夫・新の仕事のために、カリフォルニアに移住。料理上手な芙美は、カフェを開店させることを夢に見ながら、スーパーの惣菜部門で働いています。

2007年秋。仕事がうまくいっていない芙美は、同棲中の恋人・省吾とも別れることに。省吾が帯広に帰郷し、農家を継ぐことになったのです。移住して1年半が経過した麻里は、英語も話せず、異国の地での生活に戸惑っていました。そんな中、曜子は昇平の誕生日に娘に帰省してもらうため、2人の性格を見透かして言葉巧みに誘い出しました。

久々に家族4人で集まり、恒例の三角帽も。しかし娘の名前を間違え、急に怒鳴ったりする昇平に麻里と芙美は動揺します。昇平に半年前から認知症の症状が現れたという事実を告げるため、曜子は2人を呼び出したのでした。一気に全てを忘れる訳ではなく、じわじわと症状が進んでいく認知症。頭のよい父が発症するだなんて、麻里も芙美もすぐに現実を受け止められませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「長いお別れ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ