映画:長いお別れ

「長いお別れ」のネタバレあらすじと結末

長いお別れの紹介:厳格な父が認知症と診断され、妻や娘は様々な現実に直面する。記憶を失っていく父と家族が過ごした7年間の日々を、ユーモアを交えながらあたたかに描く。2019年の公開作で、監督・脚本は『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太。小説家中島京子が、自身の父との実体験を基に綴った同名小説が原作。オリジナル脚本にこだわってきた中野監督が、初めて小説を映像化した。

あらすじ動画

長いお別れの主な出演者

東芙美(蒼井優)、今村麻里(竹内結子)、東曜子(松原智恵子)、東昇平(山﨑努)、今村新(北村有起哉)、磐田道彦(中村倫也)、今村崇<青年時代>(杉田雷麟)、今村崇<幼少時代>(蒲田優惟人)

長いお別れのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 長いお別れのあらすじ1

東京郊外に住む東一家は、中学校校長を務めた父・昇平、明るく穏やかな性格で家族を支えて来た母・曜子、長女・麻里、次女芙美の4人家族。家族の誕生日やクリスマスには、4人揃って三角帽子を被ってお祝いする仲のよい家族です。厳格な昇平は、娘が教師になることを望んでいましたが、その願いは叶いませんでした。真理は海洋生物学者の夫・新の仕事のために、カリフォルニアに移住。料理上手な芙美は、カフェを開店させることを夢に見ながら、スーパーの惣菜部門で働いています。

2007年秋。仕事がうまくいっていない芙美は、同棲中の恋人・省吾とも別れることに。省吾が帯広に帰郷し、農家を継ぐことになったのです。移住して1年半が経過した麻里は、英語も話せず、異国の地での生活に戸惑っていました。そんな中、曜子は昇平の誕生日に娘に帰省してもらうため、2人の性格を見透かして言葉巧みに誘い出しました。
久々に家族4人で集まり、恒例の三角帽も。しかし娘の名前を間違え、急に怒鳴ったりする昇平に麻里と芙美は動揺します。昇平に半年前から認知症の症状が現れたという事実を告げるため、曜子は2人を呼び出したのでした。一気に全てを忘れる訳ではなく、じわじわと症状が進んでいく認知症。頭のよい父が発症するだなんて、麻里も芙美もすぐに現実を受け止められませんでした。

【承】- 長いお別れのあらすじ2

2009年夏。芙美はフードトラックで、カレーの販売を始めますが、経営は全く軌道に乗りません。客が少ないため時間に余裕のある芙美は曜子に頼まれ、昇平の友人の葬式に付き添いで参列します。昇平の症状は多少進んでいたものの、読書家の彼は本を読むことをやめず、詰まりながらも音読は出来ていました。しかし昇平は、参列した葬式で場違いな言動をしてしまいます。
その頃麻里は、淡々と正論を述べる新から愛情を感じることが出来ず、鬱屈とした毎日を送っていました。今のうちに昇平に会っておかなければ、顔も忘れられてしまうとのことで、息子・崇の夏休みに合わせて、2人で帰国することにします。小学生の崇は、ガールフレンドのエリザベスとのデートの機会を潰され、とても不服そう。

昇平がデイサービスを利用している間は、曜子にとって貴重な時間です。帰国した麻里と買い出しに出掛けました。ところが思ったより早く帰って来た昇平は、1人で留守番していた崇に混乱します。一波乱後に落ち着いた昇平が、脳トレのために漢字クイズを始めました。昇平が漢字に詳しいと知って感激した崇は、昇平を”漢字マスター”と呼ぶことにし、エリザベスに”襟挫邊洲”と漢字を当ててもらいました。しかし崇がうたた寝していた間に、昇平が家を出て行ってしまいます。昇平は最近「家に帰る」と言って、どこかへ出掛けようとすることが増えていました。
連絡を受けた芙美は、仕事のワゴン車で昇平を探しに出て、河川敷にいた昇平と崇を見つけます。幸いなことに芙美の中学時代の同級生で、昇平の顔を覚えていた道彦に助けられていました。まじまじとワゴン車を眺めた昇平は、芙美の仕事用だと聞くと「立派だ」と称します。教師の道を選ばず、罪悪感もあった芙美は嬉しくなって、余ったカレーを昇平に振る舞うことに。気付けば、車の前にはカレーを求める地元の人々が。昔の記憶が蘇ったのか、校長らしく人々を整列させている昇平の姿がそこにはありました。

「帰る」と言い出す昇平のために、曜子と麻里と崇は、昇平を生家へ連れて行きます。しかし帰りたかったのはこの家では無かったようで、昇平はぼんやりしながら「この頃、色々と遠い」と呟きました。その言葉に崇は自身の思いも重ね「遠いのは淋しいよね」と答え、昇平の手に自分の手を添えました。昇平は生家に行ったことで記憶が独身時代に戻ったのか、帰りの電車で曜子に「そろそろ僕の両親に曜子さんを正式に紹介したい」とプロポーズします。曜子は思わず涙を浮かべ「はい」と返事をするのでした。

【転】- 長いお別れのあらすじ3

2011年春。昇平は読書をしているようで、本は上下逆さま。曜子を妻としては認識しなくなっていました。芙美と言えば、1年半前から道彦と交際を始め、彼の母が営む洋食店を手伝っています。道彦の母は、芙美が息子と結婚することを望んでいました。当の道彦は、別れた妻との間に設けた娘に会わせて貰えぬ日々が続いています。

3月。東北地方太平洋沖地震が発生します。日本の現状が分らず過度に心配する麻里に対し、いたって落ち着いている新。麻里には新の振る舞いが理解できません。すれ違う両親の影響か、崇は家庭では口を利かなくなっていました。
外出の際は放射能を防ぐために、帽子とマスクの着用を麻里に指示された曜子は、その格好で昇平を連れてスーパーへ出掛けます。マスク姿が周囲から浮いて怪しいうえに、昇平は自分が好きな飴やじゃがいもなどをポケットに入れていました。2人は事務所に呼ばれ、曜子は事情を説明しますが、嫌味を言われるばかりです。芙美が迎えに来て、何とか事態は収拾しました。

震災の影響か、娘の希望で道彦が面会できることに。気を遣った芙美はクッキーを焼きますが、道彦が持って行くことはありませんでした。不安になった芙美はクッキーを携えて、道彦の後をつけます。すると道彦だけではなく、彼の母も同席しているのを目撃してしまい、激しい疎外感に苛まれました。
ちょうど曜子に呼び出された芙美が実家へ行くと、昇平がクッキーを平らげてくれました。芙美は昇平に「ダメになっちゃった。繋がらないって切ないね」と嘆いてみます。昇平は必死に言葉を思い出そうとしながら「まぁそう、くりまるな。ゆーっとするんだな」と芙美を励ましました。不思議な響きながら、芙美は昇平の気持ちに心が解けるのでした。芙美はその後、道彦と別れ店も辞めました。

万引の話を聞いて気をもんだ麻里が帰国します。麻里と芙美がお茶をしていると、再び昇平が家を抜け出したと連絡が…。昇平に持たせたGPSで、電車に乗っていることが判明し、3人は追いかけます。騒がしい場所を嫌う昇平が遊園地に向かったことに曜子は首を傾げますが、その遊園地に一度だけ出掛けたことを芙美がかすかに覚えていました。
昇平は遊園地に来ていた幼い姉妹に頼まれて、メリーゴーランドに同乗していました。それを見た曜子の記憶が蘇ります。麻里と芙美の幼少期に、曜子と3人で遊園地に出掛けました。午後に雨が降りそうになり、昇平は傘を3本持って迎えに行ったのです。その日は芙美が風邪気味だったことを気にかけての行動でした。そう言えば、昇平がこのところ家を飛び出す度に、傘を3本持っていました。昇平が帰りたかったのは…と察した3人は、メリーゴーランドの昇平に大きく手を振りました。

【結】- 長いお別れのあらすじ4

2013年秋、そして冬。昇平の症状は進み、本のページを千切って食べていました。芙美は前に勤めていたスーパーに戻って社員登用を提案されますが、曜子に呼び出されることが多くなり、誘いを断りました。この日も呼ばれた芙美でしたが、用件は昇平ではなく曜子でした。自分のことは後回しにしているうちに、左目の網膜剥離を患っていたのです。芙美に昇平の介護は無理だと、曜子は入院を拒みますが、芙美の説得によって手術を決意し、早期退院をすると意気込みました。芙美は曜子の代わりに昇平の介護をしますが、排泄の処理など慣れない作業でくたくたに…。一方の麻里は、崇の不登校が発覚して落胆したうえ、飄々としている新に憤慨しました。ネット通話で芙美の顔を見た麻里は、介護で疲れているはずの妹に前向きさと頼もしさを感じ、自分の無力さを痛感します。
曜子の手術は成功し、早く退院するために医師の指示通り下を向く姿勢を徹底的に行っていました。ところが芙美が、昇平の大腿骨骨折を見逃してしまいます。昇平が同じ病院に入院したと聞いた曜子は、下を向いたまま彼の病室へ向かいます。久々に曜子に会った昇平は、ニッコリと笑いました。

崇の担任と面談した麻里と新は、不登校は両親の不仲が原因であることが多いと指摘されます。穏便に済ませようとする新に麻里は「話し合いたい、必要とされたい、キスもしたい」と声を荒らげると、その場で新にブチュっとキスをしました。いつもは冷静な新が、放心状態です…。
曜子が退院し、昇平の病室から麻里にネット通話します。麻里は昇平と2人にしてもらうと、自身の不安を吐露しました。「お父さんとお母さんみたいな夫婦になりたかった」と涙を零す麻里。昇平は無言のままパソコン画面に向かっていました。酒を飲んでいた麻里は、テーブルで寝てしまいます。帰宅した崇が画面の向こうの漢字マスターに気付き、挨拶代わりに手を挙げてみると、昇平も右手を挙げてくれました。

昇平が誤嚥性肺炎を起こし、意識もほぼ無くなります。帰国を決めた麻里に、心を改めた新はぎこちないながら、精一杯優しく振る舞いました。
昇平の誕生日。昇平に人工呼吸器を使うか否かの判断を医師から委ねられます。深刻な雰囲気になりながらも、芙美が準備したケーキと三角帽子で誕生会を始めました。家族の繋がりを強めた三角帽子は、意外にも堅物な昇平の発案だったことを麻里と芙美は初めて知るのでした。

程なくして昇平は息を引き取りました。ちょうどその頃、芙美宛てに帯広の省吾から荷物が届きます。奇遇にも昇平が大好きだったじゃがいもでした。
不登校を続けていた崇は、校長と面談します。何か話して欲しいと乞われた崇は、漢字が得意だった昇平の死を打明け、襟挫邊洲と書かれたメモ紙を見せました。自身の家族も認知症だった校長は、少しずつ記憶を無くして遠ざかっていく認知症を、”長いお別れ”とも呼ぶと教えました。退席しようとした崇に、不思議と校長は昇平のように右手を挙げます。崇は「さよなら、マスター」と言って、右手を挙げて応えました。校長室を出た崇の目の前に、青々とした葉っぱが一枚舞い降ります。読書家の昇平が、葉っぱを栞にしていた姿が崇の脳裏に過りました。崇は昇平への想いを重ねながら、葉っぱを手に取るのでした。

みんなの感想

ライターの感想

切ないけれど悲しくはなく、ほろりとしても何だか爽快。中野監督のオリジナル脚本の方が突飛な展開があって好きですが、温かな家庭の描かれ方とユーモアは、中野監督の世界と同じでした。自分なら曜子や芙美のように穏やかに介護はできないと思ったものの、この作品がきれいごとで描かれているとは感じませんでした。東家が愛ある家庭だと伝わったからです。特にチャーミングで前向きな曜子の存在が明るい家庭を築き、娘にとっては、家族の存在が一番の心の拠り所だったのではないでしょうか。理想の家族でした。
劇中に登場する物の回転の仕方、上を向いたり下を向いたり、葉っぱの種類の違いなど、細かな演出もとても興味深かったのですが、是非実際に作品で確認していただきたいので、詳しくは書きません。そして鑑賞した際には、山﨑努さんの”昇平”っぷりに、多くの人が感嘆するのではないでしょうか。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください