「関ヶ原」のネタバレあらすじと結末の感想

関ヶ原の紹介:2017年8月26日公開の日本映画。戦国史上最大の合戦である関ヶ原の戦いを描いた司馬遼太郎のベストセラー小説を岡田准一、役所広司ら実力派俳優の共演で映画化した時代劇。正義で世の中を変えようとする石田三成や、天下取りの野望を抱く徳川家康ら、武将たちそれぞれの思惑がつづられる。監督は人間ドラマの描写に定評のある原田眞人。

予告動画

関ヶ原の主な出演者

石田三成(岡田准一)、初芽(有村架純)、島左近(平岳大)、小早川秀秋(東出昌大)、徳川家康(役所広司)、井伊直政(北村有起哉)、蛇白(伊藤歩)、赤耳(中嶋しゅう)、福島正則(音尾琢真)、加藤清正(松角洋平)、黒田長政(和田正人)、北政所(キムラ緑子)、豊臣秀吉(滝藤賢一)、大谷刑部(大場泰正)、花野(中越典子)、尼僧妙善(壇蜜)、前田利家(西岡徳馬)、直江兼続(松山ケンイチ)、島津惟新入道(麿赤兒)、本多正信(久保酎吉)、安国寺恵瓊(春海四方)、八十島助左衛門(堀部圭亮)、黒田長政(和田正人)、島津豊久(三浦誠己)、長寿院盛淳(たかお鷹)、毛谷主水(橋本じゅん)、島信勝(山村憲之介)

関ヶ原のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①豊臣秀吉に幼少時に取り立てられた佐吉、のちの石田三成は、正義を重んじる男であった。秀吉亡き後も秀吉に義を尽くそうと考えた三成は、秀吉亡き後に天下を取ろうと目論む家康と、真っ向から対立する。 ②家康は知略を練り、水面下で各武将に交渉、関ヶ原の合戦の際、三成側の西軍は数で勝ったものの諸侯たちは陣を動かず、三成は敗北した。

【起】- 関ヶ原のあらすじ1

〝1600年 旧暦9月14日。関ヶ原。
戦いの前日。〟

道端にある地蔵を元の位置に戻した徳川家康は、敵が十万の勢力に対し、我らは八万だと考えます…。

…今からおよそ350年前に起きたことを、老人が少年に語りかけていました。
(注:司馬遼太郎の原作『関ヶ原』は1964年から1966年にわたって連載された)
老人は少年に、その土地で起こったことを話します…。

…1572年ごろ。
秀吉は織田信長の武将として、近江長浜二十余万石の大名でした。
三成は、幼名を佐吉(さきち)と言います。
学問のために寺に通っていたのか、寺小姓だったのかは定かではありません。

秀吉が鷹狩りのついでに寺へ立ち寄った際、佐吉(三成)が茶を出すことになりました。
佐吉は秀吉のために、一杯目はぬるめの茶を大きめの茶碗に注いで出します。
おいしいと言った秀吉は、佐吉にお代わりを命じました。佐吉は次には熱めの茶を、やや小さい茶碗で出します。
秀吉がさらにお代わりを要求すると、佐吉は舌が焼けるほど熱い茶を、小ぶりの茶碗に入れて出しました。
子どもながらにもてなしの心を持っていると看破した秀吉は、佐吉を気に入って取り立てます。

16年後。1588年、大坂城。
天下を取った秀吉は、朝鮮への出兵を考えていました。
佐吉改め三成はすっかり成人し、秀吉のそばで従順に仕えています。
三成は優秀な秀吉の右腕であり、秀吉に心酔していました。
秀吉も三成の優秀さを認めており、重要な任務を任せます。

7年後。1595年。
太閤・豊臣秀吉が、病の床に就きます。
先が長くないと知った秀吉が気にしたのは、まだ幼い息子・秀頼のことでした。秀吉には世継ぎが秀頼しかおらず、秀頼はまだ2歳です。
徳川家康、前田利家、宇喜多秀家、上杉景勝、毛利輝元ら五大老に、秀吉は秀頼のことを頼もうと思いますが、秀吉が弱ったことを知った家康は、機に乗じて天下を手に入れることを画策します。

その頃、三成は秀吉の命令で処刑されそうになった駒姫を、救おうとしていました。
関白・豊臣秀次に切腹を命じた際に、側室も処刑されたのです。
ただし駒姫はまだ、秀次の側室にはなっていませんでした。それを知った秀吉は、三成に命じて処刑を止めさせようとします。
ところが間に合わず、駒姫は京の三条河原で処刑されてしまいました。
駒姫を救わんとして刃向かった伊賀の忍びの少女・初芽を、三成はその時初めて見ます。
初芽に声をかけた三成は、「ぜひ仕えてくれ」と声をかけました。
それに対して初芽は「ならば犬と思うてくだされ」と言います。

3年後、1598年。
死期が迫った秀吉の裏で、家康は「豊臣を二つに分ける作戦」を考えていました。
秀吉に忠誠を誓う者と、そうでない者とを見分けた家康は、水面下で交渉を進めて自分の味方につけようとします。

【承】- 関ヶ原のあらすじ2

初芽は家康の動向を探っては、三成に耳打ちしていました。秀吉亡き後、家康が天下を狙っていると、三成は知ります。

家康を快く思わない三成は、あるとき、持っていた指揮の棒、竹杖を取り落とします。
そばにいた家康が三成に拾って渡しますが、三成は家康に礼を言いませんでした。無言で受け取り、立ち去ります。これが世に言う「竹杖(ちくじょう)事件」です。
礼儀を欠いた三成の振る舞いに対して、本多正信は家康に「三成を斬ってしまえ」と言いますが、家康は冷静に考えていました。
三成を成敗するには、それなりの場が必要だと家康は答えます。

冷静に判断し、水面下で力を蓄える家康に対し、いっぽうの秀吉の臣下はというと、秀吉が重病だというのに酒宴を開いていました(弱体化しているということを示唆)。
そこへ家康がやってきて、宴会を開く秀吉の臣下を一喝します。

秀吉がとうとう逝去しました。
三成は秀吉逝去のことを、家康に伏せておきたいと考えます。
世継ぎの秀頼を誰に任せるかが問題でした。秀吉は家康に後見人になるよう依頼しますが、三成はそれを危険視します。
また朝鮮へ出兵している加藤清正らが帰ってくるまでは、家康に動いてもらいたくないと三成は考えます。
秀吉の遺書どおり身内だけで密葬し、しばらく死を隠しておくことになりました。
秀吉の死は翌年の2月末に伝えるとしますが、三成の意に添わず情報は早くに知れ渡っていました。太閤・秀吉の死後50日後に、秀頼公を大坂に移すことになっています。

三成と家康の違いは、性格に顕著に表れていました。
三成は「義を貫くことに心惹かれる」男でした。あまりにも純粋すぎるため、将軍としては不向きな性格です。
家康は「野望に燃え、天下を取ることを目指す」男です。そのためには卑怯な手を使っても構わないと考えるところがありました。
「この国の秩序を守る道には、不義が正義にまさってはならない」…その生真面目さが、却って三成を追いこむことになるとは、三成は気づいていませんでした。

翌1599年、1月。
伏見城に移った家康は、伊賀の少女・蛇白を寵愛していました。死んだ側室・阿茶に似ているとして、阿茶と呼び始めます。
同じ頃、三成も伊賀の少女・初芽に気を許していました。
初芽はなにかにつけ自分のことを「犬」と表現しますが、それを制止した三成は「お前のことが、誰よりもいとおしく思える」と言います。

【転】- 関ヶ原のあらすじ3

正室に加え、側室を5人抱える三成ですが、本当に恋をしている相手は初芽だと、三成は告げました。初芽は心を動かされます。

三成に命ぜられ、刑部の様子を見に行った初芽は、反目する蛇白の手先・赤耳に襲撃されました。
命は助かったものの、初芽は奴隷として捕まり、足止めを食らいます。

1599年3月3日、大納言・前田利家が没しました。
かねてから反目する清正に命を狙われた三成は、家康のところへ駆け込みます。
「今自分が死ねば、一番困るのは家康だ」と、三成は気づいていたのです。
家康は清正を追い払ったものの、本来であれば敵である三成を屋敷に迎え、心中は複雑でした。

やがて家康は秀頼の後見人として、また五大老筆頭として、事実上、大坂での権力を手に入れます。
家康は細川家や島津家をもてなし、自分に有利になるよう動いていました。
ぞくぞくと家康の配下に下る戦国武将を見ながら、毛利家がどう動くか、三成は考えます。
家康は上杉氏征伐と称し、大坂城から出征します。これも、三成を叩く作戦のひとつです。
家康の目的は、自分の留守中に三成らに挙兵させることでした。相手方が兵を挙げたところで、叩くのが目的です。
そのため進軍を遅らせて、じりじりと東へ移動しました。

1600年7月12日。
いっぽうの三成は秀吉の死後、立場が不利になっていました。
さらに家康が力をつける前に倒しておかねばと、三成はあせります。

7月16日。
家康が関ヶ原で合戦を交えようとしていると、初芽は推理しました。
初芽は捕らえられ、琵琶湖の南で働かされています。
三成に伝えたいと思いながらも、他の女たちと共に手足を繋がれて拘束されているので、逃げることもかないません。

小早川秀秋は、迷っていました。
家康から再三にわたり、合戦の際には家康側につくように言われています。
秀吉の正室である北政所に意見を伺った秀秋は、「西軍の振りをすりゃあええ」ということばを聞きます。
「三成は負けた方がええ。でも、三成の血は遺した方がええ」
そのことばを聞いた秀秋は、さらに混乱しました。態度を決められないまま、時間が経過します。

三成は大坂にいる毛利へ何度も書状を出し、家康に対して挙兵するよう催促しました。
ところが書状を運ぶ者たちが途中で刃に倒れ、書状はなかなか届きません。
届いたものもありますが、毛利は挙兵せず静観しました。

【結】- 関ヶ原のあらすじ4

9月14日、戦いの前日(オープニングのところが、ここへ重なる)。
関ヶ原の南、松尾山で大垣城をのぞむ家康に、赤耳が情報をもたらします。
家康は、関ヶ原で決戦すべきと決断します。
同じ頃、三成も関ヶ原が決戦の場だと気付いていました。
桃配山で落ちた地蔵を戻しながら、家康は「敵は十万、我らは八万」と言います。

1600年9月15日(関ヶ原の戦い、当日)。
東軍(家康)八万と西軍(三成)十万の兵力が、関ヶ原で一堂に会しました。
霧がたちこめる午前6時、徳川勢の軍を東西から挟んで討つ作戦を、三成たちは考えます。

いくさの序盤は三成側に有利でした。
ところが合戦の蓋を開けると、西軍は大谷、宇喜多、小西、石田の軍しか動きません。
あとの軍勢はみな陣を動かず、静観しているのみでした。これこそが、家康が事前に周到に仕組んだ、調略工作でした。毛利も動きません。
それでも三成たちは、互角に戦います。

初芽を狙った後、島左近に雇われた伊賀者・赤耳は、忍びの仕事を果たした後に、家康暗殺を狙いました。
陣営にこもる家康のところへ行き、暗殺しようとします。
赤耳の前に阿茶(蛇白)が飛び出し、家康をかばいました。
家康は命の恩人の阿茶ごと赤耳を斬り、殺します(家康の非情さを表している)。

秀秋は、この期に及んでもまだ、迷っていました。
心情的には三成に味方したい気持ちもあり、家康に懐柔されていた秀秋は悩みます。
島左近の息子・信勝が満身創痍で現れ、三成側で挙兵してくれと嘆願された秀秋でしたが、最終的には家康側に就きました。

小早川勢が裏切ったと知った三成は、自身の負けを悟り、叫びます。
島左近の妻・花野とその息子・友勝に逃げろと言いました。

午後1時、5時間後。
左近は三成に、逃げろと告げます。左近と三成は散りました。
兵を率いた左近は、自爆します。
尽力して脱走に成功した初芽は、戦場に駆け付けていました。
左近の妻・花野のところへ辿り着いた初芽は、三成が戦に負けたと知り、落胆します。

戦線離脱した三成は、そのまま領民の百姓の厚意でかくまわれました。
その百姓の家に徳川の家臣が訪ねますが、三成は逃げませんでした。逃げれば、自分をかくまった百姓が殺されるからです。それを不義だと、三成は考えたのです。

捕縛された三成は、しばらくのあいだ城の門の脇にむしろを敷き、白装束で縛られて放置されました。
そこへ秀秋が顔を出し、「不義に負けた。許してたもれ」と懇願します。
なぜ自害せず生きているのかという秀秋の問いに、三成は「生存を確かめたい人がいる」と答えました。初芽のことです。

その後、三成は家康と対面しました。対面は終始、無言で終わります。
三成はその後、後ろ手に縛られ、馬に乗せて市中を引き回されます。
三成の乗る馬をよけた女性が、小さく「大一大万大吉(だいいちだいまんだいきち)」と呟きました。それはかつて三成の家紋について問うた、初芽でした。
初芽の生存を知った三成は、これでもう心残りはないと思います。
「これぞわが正義」と発言しながら、三成は六条河原で斬首されました。

〝1600年10月1日。石田三成没。享年41歳。〟

みんなの感想

ライターの感想

錚錚たるメンバーが集結して作られた映画。2時間半という長尺もあって、見応えはあり。
司馬遼太郎が原作ということもあり、内容的にもしっかりしていた。
いっぽうで「やはり難しい」。これは歴史に通じてないと理解できないよなあ。
(私は歴史が苦手なので、頭を抱えながら見てました)
関ヶ原の戦いは超有名で、家康の勝利に終わるというのを知る者は多いと思うけれども、
そこに至るまでの詳細は殆ど私は知らず。
あと…申し訳ないのだけど、初芽はいらなかったなあ…と思う。

映画の感想を投稿する

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

映画「関ヶ原」の商品はこちら