「陽はまた昇る」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

映画「陽はまた昇る」の感想

ライターの感想

古き良き、昭和の会社員の熱い物語です。 一つの会社で開発されたVHSが後に世界標準になっていく、そのプロセスを泥臭くも熱く語っている、元気が出る物語ですね。 でもこれは、ほぼ実話のエピソードをもとに作られているのです。 まさにプロジェクトXな映画です。 実直でアウトゴーイングな加賀谷を演じた西田敏行さん。 そして、ちょっと背中が丸くて後ろ向きだけれど、加賀谷に影響されて次第に熱くなっていく大久保を演じた渡辺謙さん。 名優たちが演じた、ごく普通の人たちの姿がとても素敵でした。
  • kuroigさんの感想

    懐かしのVHS誕生秘話!
    今でこそブルーレイやDVDが主流ですが、昔は映像を見る手段として、VHS…いわゆるビデオと呼ばれているものでした。まあ家では今でも現役ですが…そんなVHSがどうやってできたのか、その過程でどういった努力があったのか…。そういったものを知ることができる映画です。映画では珍しく実名を出している面もリアルでいいですね。

1 2 3 4 5

「陽はまた昇る」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×