映画:食べる女

「食べる女」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

食べる女の紹介:筒井ともみの同名小説を原作として映画化された作品で、生野慈朗監督によって2018年に公開されました。「食べること」と「セックス」を題材とした作品で、東京に暮らす女性たちが食を通してそれぞれの愛について再認識していく様子がコミカルに描かれています。主演は小泉今日子がつとめ、鈴木京香や沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、シャーロット・ケイト・フォックスなど女性キャストが多く出演しています。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

食べる女の主な出演者

餅月敦子(小泉今日子)、鴨舌美冬(鈴木京香)、小麦田圭子(沢尻エリカ)、白子多実子(前田敦子)、本津あかり(広瀬アリス)、豆乃・リサ・マチルダ(シャーロット・ケイト・フォックス)、米坂ツヤコ(壇蜜)、茄子田珠美(山田優)、タナベ(ユースケ・サンタマリア)、白石(勝地涼)、豆乃修治(池内博之)、友太(小池徹平)

食べる女のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 食べる女のあらすじ1

食べる女のシーン1 一軒家で古書店を営みながら執筆活動をしている餅月敦子。
敦子は両親を早くに亡くしており、好きな人も若い頃に亡くして以来、一軒家で一人暮らしをしていました。
料理の上手い彼女の周りには友人や恋に悩む女性、編集者など多くの女性たちが集まります。
小料理屋の女将をしている鴨舌美冬は、店で働いている若い男をつまみ食いしてしまう母性と料理の腕を持ち合わせた女性で、映画制作会社のAPをしている白子多実子はこれまで不倫ばかりの恋愛をしており、不満のない彼氏ができプロポーズまでされたものの自分の中ではピンときていないようで、ぬるま湯のような恋愛に悩んでいました。
敦子を担当する編集者の小麦田圭子は多実子とは対照的に、恋愛を面倒くさいと語るキャリアウーマンで、自らマンションを購入して自分の城を築いてしまったことで恋愛のハードルが上がってしまったのではと敦子に指摘されてしまいます。
女性たちはお腹いっぱいになったあと敦子の家をあとにしますが、飲み足りない様子の多実子はひとり茄子田珠美が店員をしているバーへと繰り出します。
妊婦の珠美と話していた多実子の横のテーブルでは、ひき肉料理が原因で彼氏にフラれた本津あかりが酔いつぶれており、あかりは酒に酔うとすぐに男性に気を許してしまい都合の良い女になってしまうのでした。
ある日、圭子は同じ食堂を利用していた男性・タナベとぶつかりそうになります。
服に料理が付いてしまったのではと心配するタナベに「大丈夫」と話す圭子でしたが、2人は道端で偶然再会し、タナベはお詫びを兼ねて圭子の家で得意の料理を振舞うことになります。
圭子の家のキッチンで料理をしているタナベを見て、我ながら何をしているのかと自問する圭子でしたが、彼の作る料理は格別なもので、夕食を食べ終わって帰っていくタナベを圭子は見送っているのでした。
夫のために慣れない料理を用意している豆乃・リサ・マチルダと豆乃修治は夫婦仲が冷えきっており、愛のないセックスをする夫は料理を作れない妻に愛想をつかして出て行ってしまいます。
離婚届けを突きつけられたマチルダはどうしたら良いか分からず、涙を流しながら歩いているところを美冬に救われます。
美冬は自分の手料理をおいしそうに食べているマチルダの様子を見て敦子のもとを訪れ、彼女をしばらくのあいだ敦子の一軒家に置いてあげられないかと相談するのでした。

【承】- 食べる女のあらすじ2

食べる女のシーン2 マチルダは敦子の家で暮らし始め、美冬の手さばきを見て小料理屋で見習いとして働くことになります。
料理のできないマチルダは不器用ながらも美冬の言いつけを守り、少しずつ腕を磨いていくのでした。
敦子は自宅の庭にある古井戸に水が入っていないかを確かめるために井戸の中へと入っていました。
そこへ猫を追いかけてやって来た小学生の由有羅と鉢合わせになりお互いに驚きます。
地面の下を流れる水源とつながっていることを聞いた由有羅は興味津々で、また来ることを約束して去っていきます。
由有羅の母は世界中を旅する奔放な女性で、仕事をしている父に代わって由有羅は毎日夕食を作っているのでした。
由有羅は学校で母からの絵葉書を友だちのミドリに見せながら楽しそうに話し、教師である白石に料理のコツを教えているのでした。
ミドリの母・米坂ツヤコは広告のパーツモデルをしており、夫と離婚して2人の子どもを育てていました。
別れたあとも夫のことを忘れることのできないツヤコは娘たちを連れてピクニックに行こうと提案し、道中で元夫のもとへ寄り、彼もいっしょにと誘うのでした。
しかし元夫にはすでに別の女性がおり、ツヤコは娘たちの前で元夫からはっきりと別れを告げられてしまいます。
娘たちには気丈な顔を見せ、3人でピクニックへと向かうツヤコでしたが、昼食の途中で娘たちを抱きしめたツヤコは涙を見せるのでした。
ミドリはピクニックで母からワインを勧められ、嫌々ながらも少しだけ口にします。
その味は決して美味しいものではありませんでしたが、泣きながらミドリを抱きしめる母の涙が相まって少し塩辛いワインの味を噛みしめ、少し大人になるのでした。
一方で圭子のもとには美味しい食材を持ったタナベが訪れるようになり、その日も夕食を振舞って帰ろうとするタナベを引き留め、圭子はお酒を勧めます。
タナベは圭子を抱きしめ、圭子も相性が悪くないことを感じながら2人は体を重ねるのでした。

【転】- 食べる女のあらすじ3

食べる女のシーン3 珠美のバーではその日もあかりが酒を飲んで酔っ払っており、「もう一杯」と注文するあかりを止めて、珠美はオーナーの淳と楽しそうに店の奥に消えていきます。
淳と珠美は元夫婦であり、色気のある淳を見てあかりはまんざらでもない様子でした。
帰り道、酔ったまま一人で歩いていたあかりはたまたま出会ったサラリーマンを家に招き入れ、そのまま一緒に朝を迎えてしまいます。
目覚めたあかりは「またやってしまった」と後悔しながら眠い眼をこするのでした。
小料理屋を手伝っていたマチルダは美冬から頑張りを認められ、見習いの卒業させてもらうことになります。
その夜マチルダは敦子に夕食を振舞い、「自分で稼いだお金で料理をすることがとてもうれしい」と話すのでした。
敦子は「人は美味しいごはんを食べているときと愛しいセックスをしている時が一番平和になれる」と話し、セックスは相手がいないとできないが、いつでもできる料理には手を抜かないようにとマチルダに話します。
マチルダは見習いの卒業とともに敦子のもとを離れて暮らすことになり、敦子との最後の夜を楽しく過ごすのでした。
あかりは一緒の夜を過ごしたサラリーマンの彼との関係が続いており、家にやって来る彼のために得意のひき肉料理を用意します。
彼は家に来るなりあかりの服を脱がせて体を重ねたあと、あかりのひき肉料理を食べてすぐに帰ってしまうのでした。
なんだか納得がいかないと言う様子のあかりでしたが、まあいいかと思い直し、ひとりになった部屋で食器を片付けます。
珠美のバーでは圭子と多実子が飲んでおり、不倫ばかりしてきた多実子は煮え切らない自分の恋愛に、一人になるのが怖いのかもしれないと話すのでした。
多実子らが帰ったあと、店にはあかりがやって来て、あかりは珠美がオーナーと別れた理由を聞きます。
オーナーの淳との間にたくさんの子どもがいる珠美でしたが、淳が他に好きな女が出来たという理由で別れてしまい、珠美は仕方がないと受け入れている様子でした。
珠美はお腹の中にいる子どもも淳の子どもであることを明かし、離婚したとしても淳を愛している気持ちは変わらず、「本当に好きなものだけで私の家族を作りたい」と話すのでした。

【結】- 食べる女のあらすじ4

食べる女のシーン2 由有羅とミドリは敦子のもとを訪れ、マチルダが去った家で下宿人を募集しようかと話す敦子にミドリは手を挙げます。
サラリーマンの彼と別れてしまったあかりは仕事で知り合った取引先の男性社員に一目ぼれし、彼とデートすることになります。
真面目な彼は初めてのデートで手を握ることすらせず、あかりはバーで珠美にプラトニックな関係が逆に新鮮だと話すのでした。
彼が家に来るということで料理を作るあかりはいつものひき肉ではなく、かたまりの肉を取り出して調理を始めますが、迷った挙句やはりひき肉に変えていつもの料理を始めます。
しかし結局あかりは調理もそこそこに家を飛び出し、彼のもとへと走っていくのでした。
一方で圭子は料理上手な彼が急な転勤になってしまったことで会えなくなるという手紙を受け取っていました。
手紙と一緒に彼が作った弁当が置かれており、圭子はひとり泣きながら彼の作ったおにぎりを頬張るのでした。
美冬の小料理屋で働くマチルダのもとには家を出て行った夫がやって来ていました。
彼女に対して上から当たる態度は変わらないものの、まるっきり料理が出来なかった彼女の成長ぶりに驚いている様子でした。
マチルダは彼に「今の私と正面からちゃんと向き合う覚悟ができたら、もう一度来てください」と伝えるのでした。
美冬の店では、知人たちが集まり料理が振舞われていました。
店には敦子や多実子、圭子や白石らが集まり美冬の料理に舌鼓を打っています。
マチルダが作った料理も振舞われ、敦子は彼女にエールを送るのでした。
圭子は自らの恋愛が終わってしまったことを話し、それを聞いた多実子も長年付き合ってきたぬるま湯の彼と別れる決心を固めます。
敦子は新しい下宿人としてミドリたち家族がやって来たことを話し、おばあちゃんになった気分だと笑いながら言うのでした。
盛り上がった彼女たちは皆でミドリたちに会いに敦子の家へと行くことにして、店をあとにします。
残ったのは酔いつぶれて眠ってしまった白石だけで、そんな美冬の店に新鮮なコチを持ったタナベがやって来ます。
誰もいない厨房でタナベは白石にコチを振舞っていると、そこへ泣きながら「戻って来てくれ」と謝るマチルダの夫が店に入って来ます。
しかし店内にマチルダはおらず、呆気にとられる白石、タナベを含めた男3人での飲み会が始まるのでした。
ミドリたちとの時間を過ごしたあと、敦子は、私が私でありさえすれば先のことは分からなくても良いと話し、どんなときも美味しいごはんを食べれば心も体もきっと元気になれると言います。
最後に「愛しい誰かと出会えますように」とパソコンに書き記し、自身の書いた記事を脱稿するのでした。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

多くの女性たちが恋愛をしながら愛を探し求めていく様子がコミカルに描かれていて、ややもすれば重くなりそうなテーマもありながら、ほのぼのした空気が包み込んでいる前向きな作品に感じました。
作品の大事な要素として「料理」があり、食べることだけでなく作ることにもスポットが当てられており、料理ができる人が素敵に見える作品です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「食べる女」の商品はこちら