「麦の穂をゆらす風」のネタバレあらすじと結末の感想

麦の穂をゆらす風の紹介:2006年公開のイギリス・アイルランド合作映画。1920年代のアイルランドを舞台に、イギリスからの独立戦争と内戦を描いている。ケン・ローチが監督を務めた作品で、カンヌ国際映画祭ではパルムドールを受賞した。

予告動画

麦の穂をゆらす風の主な出演者

デミアン(キリアン・マーフィ)、テディ(ポードリック・ディレーニー)ダン(リーアム・カニンガム)、シネード(オーラ・フィッツジェラルド)、ペギー(メアリー・オリオーダン)

麦の穂をゆらす風のネタバレあらすじ

【起】- 麦の穂をゆらす風のあらすじ1

1920年のアイルランドで、デミアンたちはスポーツをして白熱していました。成績優秀なデミアンは、ロンドンにある世界一の病院で勤めることが決まっています。
さぞかしご両親も嬉しいだろうと褒められている矢先、イギリス軍が包囲してきます。国土防衛法によって、いかなる集会も禁止されていたのです。
デミアンたちは壁に並べられ、名前や住所、職業を記録するために述べろと命令されます。
ミホールだけは命令通り服を脱がず、英語で名前を喋りませんでした。歯向かって殴ったこともあり、ミホールは自宅の鳥小屋に連れて行かれ、拘束されて家族の前で殺されます。
デミアンたちの他の仲間も容赦なく殺されていました。何もしてないのにです。
ロンドン行きを引き止められるデミアンでしたが、駅へと行って切符を買うことにします。そこでもまたイギリス軍がいました。
組合の決定で、列車での兵士と武器の輸送は禁止されていました。しかしイギリス軍は暴力を振るって強制させようとします。運転士のダンたちは、殴られても姿勢を崩さず、イギリス軍は帰っていきます。
デミアンは列車に乗らず、兄・テディのいる義勇軍に入ります。兵舎の攻撃命令の情報を聞いて、義勇軍は乗り込み脅します。武器も頂戴していきます。
ミホールはデミアンのことを尊敬していました。シネードは弟の形見であるクリストファーの首飾りをデミアンに渡し、いつも想っていると伝えます。

【承】- 麦の穂をゆらす風のあらすじ2

デミアンたちがビリヤードをしていると、イギリス軍の兵士たちが傲慢な態度でやってきます。彼らの給料は1日1ポンドで、アイルランドの人々から徴収しているようなものでした。シネードから銃を受け取り、義勇軍は彼らを銃殺します。
ある領主は、家で働いている子供・クリスをイギリス軍に密告します。それにより、クリスは仲間の居所を吐くように脅されます。
デミアンたちは一網打尽とされ、牢屋に入れられてしまいます。テディは全ての爪を剥がされても、仲間を裏切れないことから、アジトや武器の在り処を喋りませんでした。
デミアンは火器の不法所持で処刑されることになります。しかし見張りの兵卒・ゴーガンは、父の出身地が同じであることから、デミアンたちの同胞でした。鍵を使って、デミアンたちを助け出します。
ただ、一つの牢だけは鍵がなく、ケヴィンたち3名を置いていくことになります。
裏切り者を見つけて、デミアンたちは領主の家に行きます。そして将軍宛てに、残りの3名を殺せば、自分の命が無くなると手紙を書かせます。しかし3名は処刑されてしまいます。
クリスはまだ子供でしたが、殺さなければならなくなります。デミアンは領主を殺した後、辛いことですがクリスも射殺します。

【転】- 麦の穂をゆらす風のあらすじ3

高利貸しのスウィニーの裁判が始まって、夫人への返金が決まります。スウィニーは納得がいきませんでした。
そこへテディが現れて、武器の調達のために、彼に仕事の話しを持ち掛けます。しかしそれでは人々からの信頼がなくなってしまいます。イギリス軍と変わらないのです。義勇軍の中で、意見が対立します。
増援部隊を待ち伏せて、デミアンたちは銃撃戦となります。イギリス軍の兵士を始末しますが、こちらも死傷者を出します。
その帰り道、シネードの家がイギリス軍に焼かれていました。シネードは髪を切られて拷問されていました。助けに行きたいデミアンでしたが、弾がないことから、テディに抑えるようにと命令されます。
兵士が去った後、デミアンはシネードに謝って手当てをします。その後、フィーバーからの緊急司令の手紙が届きます。手紙には、休戦の知らせが書かれており、皆は祝福をあげます。デミアンはシネードと愛し合います。
この和平条約は、英国王に忠誠を誓うものでした。仲間の墓に唾をかけるわけには行かないと、義勇軍の条約への意見は分かれます。
イギリス軍がアイルランドから撤退していきます。しかしデミアンは武装解除となっても、武器を渡してはならないこと、訓練をかかさないようにと指示を受けます。

【結】- 麦の穂をゆらす風のあらすじ4

子供が病気になっており、デミアンは診察しに行きます。その子供は栄養失調になっていました。
テディたちは自由国軍となり、デミアンたちの仲間に大砲を放ちます。フィーバーは反撃するようにと指示します。仲間だった彼らと戦うことはできないと、去る者がでてきます。
ローリーたちはこの攻撃に我慢できずに、元同胞だった自由国軍の兵士を射殺します。
テディは鎮圧しなければ、またイギリス軍がやってくると思います。シネードの家で武器の捜索をすることにします。これが自由国政府の命令なのです。
逃げていたダンは、丸腰にも関わらず、元同胞たちに射殺されます。その現場にいたデミアンは叫び続けます。
捕まったデミアンは、テディから尋問をされます。仲間を裏切れないと、デミアンは武器の在り処をはきませんでした。
テディは、明朝まで言わなければ銃殺にすることから、遺書を書いておくようにと命令します。
明朝、まだ間に合うとテディが言いますが、デミアンの意志は変わりませんでした。テディは銃殺隊に指示をし、デミアンは射殺されます。
涙を流して弟の遺体の拘束を解いたテディは、シネードに首飾りと遺書を渡しに行きます。泣き崩れるシネードは、この土地から出ていくように命令します。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、戦争の現実を突きつけてくる内容になっています。子供でも容赦なく射殺され、兄弟でも殺しあう結果となる悲劇を描いています。
次々と仲間が死んでいく中、やっとこさ休戦となったのに、今度は内戦となります。誰よりもシネードが可哀そうで仕方のない映画でした。
アイルランドの緑豊かな景色が、血の色で別の色に見えてくるほど、戦争の悲劇を表現している作品です。逐一流れる音楽も雰囲気を高めており、評価の高い理由の分かる映画に仕上がっています。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「麦の穂をゆらす風」の商品はこちら