映画:麦子さんと

「麦子さんと」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

麦子さんとの紹介:麦子はアニメ声優になるのが夢で、学校に行くためにアニメショップでアルバイトをしていた。ある日、兄妹の前に母が突然やってきて、一緒に暮らすことに。受け入れられない麦子が投げつけた言葉を最後に、母は帰らぬ人となる。納骨のために故郷を尋ねると、母がアイドルを目指していたことを知る。故郷の人達から愛されていた母の事を知っていく麦子。母と出会い、故郷を訪ねて、麦子が変わっていく姿を描いた作品。

あらすじ動画

麦子さんとの主な出演者

小岩麦子(堀北真希)、小岩憲男(松田龍平)、赤池彩子(余貴美子)、ミチル(麻生祐未)、井本まなぶ(温水洋一)、麻生春男(ガダルカナル・タカ)、麻生夏枝(ふせえり)、麻生千蔵(岡山天音)、やまだ(田代さやか)

麦子さんとのネタバレあらすじ

【起】– 麦子さんとのあらすじ1

麦子は兄の憲男と二人暮らしをしていました。幼い頃に両親は離婚して、3年前に父は他界しました。

生活費は兄の憲男が出していて、その事を度々麦子に愚痴っていました。麦子にはアニメ声優になりたい夢があり、学校へ行くお金を貯金していました。

ある日帰宅すると、家の前で見知らぬ女性と話している兄の姿がありました。追い払った後に、麦子はその女性が母であることを知ります。

その後、麦子の職場に母が訪ねてきます。一緒に生活するほうが楽だからと言ってくる母に、図々しさを感じる麦子でした。しかし、そこで父が他界してからの生活費を、母が毎月10万円仕送りしていたことを知ります。

母を家に連れて帰って、兄に生活費について言及する麦子でした。話し合いになり、兄は一緒に住むことに反対しますが、突然了承します。

そして大量の荷物と共に引っ越してきます。今度は兄が彼女と同棲すると言い出して、母と麦子は二人暮らしをすることになります。

母は仕事を掛け持ちでしていて、家にいる時は寝てばかりでした。音の大きな目覚まし時計に反応しない母に、麦子は腹を立てます。また、漫画を間違えて捨ててしまわれて怒る麦子でした。

ある日、母は麦子のためにご飯を作ります。お返しに麦子はとんかつを作ってあげますが、素直に言えませんでした。母は脂っこい物が苦手なのですが、喜んで食べます。しかし、食べた後トイレで吐いてしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「麦子さんと」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×