「黄金の鳥イエローバード」のネタバレあらすじ動画と結末

黄金の鳥/イエローバードの紹介:2016年に制作されたシンガポール・フランス映画で、K・ラジャゴパルが監督を務めたドラマ。シンガポールを舞台に、家族との再会を願う、刑務所から出所したばかりの男の姿を描いている。

あらすじ動画

黄金の鳥イエローバードの主な出演者

シェンシェン(ホアン・ルー)、シバ(パラクリシュナン・シヴァクマール)、シバの母(シーマ・ビシュワース)

黄金の鳥イエローバードのネタバレあらすじ

【起】- 黄金の鳥イエローバードのあらすじ1

刑務所から出所したばかりのシバは、不法労働者の日雇いバイトの仕事をしていました。
シバと同じバイトをしているシェンシェンは、給料の金額が違うことで怒りますが、逆に警察を呼ぶと怒鳴られます。体を売ったので、金額が多めのはずだったのです。
とある事務所に行ったシバは、資料を保護観察官に渡すと、レンに言われます。
その後に家族の住所を教えて欲しいと頼みますが、断られてしまいます。
実家のアパートには外国人の下宿人がいて、シバの苛立ちはピークに達していました。
シバは妻の妹・ズセラに会いに行きます。以前、シバとズセラは肉体関係を持っていました。
ズセラは姉が再婚しており、他の女を探すようにと伝えます。
実家に帰ったシバは、なぜ今まで黙っていたのか、母に怒鳴ります。妻のシャンティと娘のプシパの居場所を聞きますが、母は何も話してくれませんでした。
シバは実家の台所で寝ていること、家族のことを誰も教えてくれないことに、苛立ちを抑えられませんでした。

【承】- 黄金の鳥イエローバードのあらすじ2

シェンシェンは娘を人質にとられており、お金を送金していました。
その話しを聞いていたバイトの男は、シェンシェンに関係を迫り始めます。
シェンシェンはその男と口論となります。
見かねたシバは、その男を睨みつけ、追い払うのでした。
今日のバイトが終わって、シェンシェンは給料が安いことなど不満があることから、売春の仕事をすることにします。そしてシバにボディーガードをして欲しいと頼みます。
シバの仕事は客から金を回収することと、シェンシェンが暴力を振るわれたら助けることです。
仕事が完了すれば、シバは儲けの10%をもらうことができます。
シェンシェンは、売春を統括している男に仕事を頼みに行って、利益の60%をとられることを条件に、参加させてもらいます。
川の側の森にテントを張り、それをホテル替わりにして、売春を行います。
シバは客から金を回収し、危ない客が来れば、追い返していきます。
ある日シェンシェンは、シバにお礼を言って、裸になって川に入ります。そしてシバに来るようにと呼びかけます。
2人は一緒に川に入った後、テントで愛し合います。

【転】- 黄金の鳥イエローバードのあらすじ3

統括している男は客を連れて戻ってきます。そしてテントの中にいた2人を見て激怒します。
シェンシェンは客にサービスをするようにと、強制されるのでした。
今日の仕事が終わって、シェンシェンはシバに胸の内を話します。
客に体を売ることは全然平気でした。なぜなら、娘に良い人生を送って欲しいからです。
ある日、シェンシェンは金を盗まれて騒ぎます。この金は娘のためのものなのです。
シバが盗んだとは考えられませんでしたが、統括している男に言われて聞きます。
シバは何も答えませんでした。
その後、実家に帰ったシバは、母からお金を分けてもらい、貯めていたお金を持っていきます。
森に戻ったシバでしたが、警察が来ており、シェンシェンたちは捕まっていました。
実家の玄関の隙間から、シバは金を返すことにします。
そして掃除の仕事をしている母を見て、シバはその場を立ち去ります。
居場所をなくしたシバは、町をさまよった後、また森に戻ってきます。川の岸の近くには、黄色い鳥が死んでいました。

【結】- 黄金の鳥イエローバードのあらすじ4

度々、シバはレンの部下の女性に、シャンティとプシパの住所を聞いていました。
何度か頼むうち、彼女は電話番号を教えてくれます。
彼女から連絡があり、シバは会いに行きます。
住所を書いたメモを受け取り、シバは帰ろうとしますが、引き止められます。
彼女は面倒を見るから、一緒にいてと頼んできます。
しかしシバは、シャンティとプシパの元へと向かうのでした。
玄関をノックしてみますが、誰も出てきません。
シバは窓の隙間から部屋の中を覗いて、赤ん坊が2人いるのと、家族写真があるのを見つけます。そして、しばらく離れた場所で待機します。
シャンティが帰ってきたので、シバは玄関に立っている彼女に話しかけ、少しだけでいいから、プシパと会わせてくれと頼むのでした。
シャンティは窓の隙間から、娘の様子を見せてあげます。
プシパは呼吸器につながれ、苦しそうでした。シバの罪のせいで、こうなったのです。
お金に目がくらんだせいで、守れなかった結果、プシパは死んだ方が報われる状態となってしまいました。
最後にシャンティは、もう放っといてと言います。
悲しさのあまり、シバはテントで考え込みます。
そして思い立ったシバは、シャンティの家に侵入し、プシパを抱き抱えて川に向かうのでした。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、家族を必死に探す男の姿を、じっくりとした展開で描いています。情景描写が強く、吸い込まれるように見入ってしまう作品です。
出演者の演技も素晴らしく、真剣な彼らの姿に惹きつけられ、目が離せなくなります。
また、舞台となっているシンガポールの夜の町も、雰囲気がよくでており、その世界観に惹きつけられます。
後半につれて、シバのモテっぷりが映し出されている作品で、男性はつい羨ましくなってしまうでしょう。
全体を通して、カメラドールにノミネートされた、理由の分かる名作に仕上がっており、お勧めの一作になっています。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください