「黒い暴動♥」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

【転】– 黒い暴動♥のあらすじ3

黒い暴動♥のシーン3

画像引用元:YouTube / 黒い暴動♥トレーラー映像

オーディションが近づき練習に余念がない美羽に、シバタが話しかけます。「お前ら見てると、なんか走り出したくなってきた」と言ったシバタは、美羽のことを想いながら買ったといってピアスをプレゼントしました。美羽は受け取ります。

その様子を柴田へ思いを寄せるクラスメイトの女子が見ており、美羽に敵意を抱きます。

猛練習の甲斐があって、パラパラが下手だった美羽は上手になりました。翌月のオーディションでは紗都美にナンバーワンを言い渡され、なんと美羽が次のリーダーに決まります。他のガングロギャルも美羽を祝福しました。

【GAL! FOREVER♥】

2015年、石川県内灘。

美羽が内灘の実家に予告なしでいきなり帰ってきたので、母親は結婚のあいさつかと勘違いします。美羽の実家には両親と祖母がいました。

実家に戻っても、美羽は覇気がないままです。風呂に入ってご飯を食べると、あとは部屋でごろごろしているだけです。美白クリームは欠かさず塗っていました。

高校時代に使っていた自転車を出すと、美羽はあおいの店へ行きました。あおいは同級生の男子と結婚して、すでに娘を出産しています。地元でラーメン店を経営していますが、最近夫婦仲があまりよくないようでした。シバタと連絡を取っていないのかと聞かれ、消息を知らないと美羽は答えます。

【ギャルズ・アー・(とりま)オールライト】

2001年。

美羽たちは高校3年生になっています。紗都美は引退しており、リーダーの美羽が後輩の女子に指導する姿もすっかりさまになっています。グループの仲間も増えています。

美羽の携帯に、イタズラ電話がかかるようになっていました。美羽とシバタの仲をやっかんだ女子が、「援助交際」と書いたビラに、美羽の携帯の番号を記して電柱に貼っていたからです。ビラを本気にした男性から次々に電話がかかってきて、美羽は辟易していました。

美羽たちはガングロで活動していますが、ガングロはすでに時代遅れの風潮がありました。相手の女子はそれを指摘し、「白ギャルの時代じゃね」と言って美羽を罵倒します。それを横で聞いていた彩香が相手の女子に暴力を振るいました。

彩香の暴力行為が問題になります。もともと彩香が優等生だったこともあり、学校の先生は彩香の変貌ぶりを嘆きました。美羽とあおいにも「そんなんじゃなかっただろう」と説教します。

相手の女子たちはさらに、美羽たちが目標にしているフェス『どぎゃん!! 金沢!! フェスティバル!!』の運営委員会に掛け合って、「ブラックハマナス」を出場停止に追いやりました。しかも代わりに「ホワイトハマナス」を出場するように取り決めました。

その女子はシバタにチラシを渡すと、見に来てくれと声をかけます。シバタは、美羽たちの「ブラックハマナス」が出ないと知り、驚きました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「黒い暴動♥」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×