映画:黒部の太陽

「黒部の太陽」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

黒部の太陽の紹介:1968年公開の日本映画。木本正次による同名原作をもとに「日本列島」の熊井啓が脚本・監督を務めた。三船敏郎と石原裕次郎という日本を代表する二大スターが共演を果たし、当時世紀の難工事と言われた黒部ダム建設の苦闘を描いている。

あらすじ動画

黒部の太陽の主な出演者

北川(三船敏郎)、岩岡(石原裕次郎)、小田切(二谷英明)、森(宇野重吉)、太田垣(滝沢修)、平田(佐野周二)、黒崎(芦田伸介)、森賢一(寺尾聰)、北川由紀(樫山文枝)、北川牧子(日色ともゑ)、芦原(志村喬)、源三(辰巳柳太郎)

黒部の太陽のネタバレあらすじ

【起】– 黒部の太陽のあらすじ1

関西電力は、黒部川上流に発電所を建設するため、太田垣社長総指揮の下、社運をかけて黒四ダムの工事を行うことになりました。

太田垣社長は工事の総責任者に北川を指名します。

また現場主任には、昔堅気の岩岡源三が選ばれていました三人娘がいる北川の家で酒席が設けられ、源三の息子も呼ばれます。

適齢期の長女由紀と岩岡(息子)を引き合わせるのが目的でした。

訪れた岩岡はフォッサマグナ(破砕帯)のことに触れ、工事の難しさを説きます 工事が始まって間もなく、源三は膝の不調を訴えました。

見舞いに現場を訪れた岩岡は、父をせせら笑います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「黒部の太陽」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×