映画:14才のハラワタ

「14才のハラワタ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

14才のハラワタの紹介:佐山もえみ監督によって2009年に公開された1時間の短編作品で、主演は長野レイナがつとめています。マイペースな学校生活を送る中学生の主人公が、何気ない日常の中からさまざまな人の意外な一面を見つけていく作品となっています。「栗コーダーカルテット」の関島岳郎が音楽を担当しており、劇中でもリコーダーの音色が印象的で、映画全体の雰囲気を演出する楽曲として使われています。

あらすじ動画

14才のハラワタの主な出演者

原田ワタル(長野レイナ)、佐藤ナツキ(水嶋瑞希)、青木麗華(五十嵐令子)、祐輔(武田勝斗)、祐輔の母(橘ゆかり)、原田明子(大家由祐子)、原田静夫(松田洋治)、塾長(池上幸平)

14才のハラワタのネタバレあらすじ

【起】– 14才のハラワタのあらすじ1

14才のハラワタのシーン1

画像引用元:YouTube / 14才のハラワタトレーラー映像

中学校に通う14歳の少女・原田ワタル。

彼女は勉強ができるわけでもなく、かといって好かれていないわけでもないマイペースな女の子で、自身のことを心の中で「ハラワタ」と名付けながら生活しているのでした。

人体模型を運んでいたワタルは廊下で生徒とぶつかり、持っていた模型をばらばらにしてしまいます。

人間の皮膚が透明じゃなくてよかった。

ワタルは人体模型から飛び出している腸を見てそんなことを思っているのでした。

ワタルは家に帰ると両親の寝室に転がっている青い風船を見つけます。

翌朝、久しぶりに目にした父と挨拶を交わし、料理の上手くない母の手料理を食べると、ワタルはピカピカの靴としわしわの制服を着て、学校へ向かうのでした。

学校ではテストの成績表が返され、派手なメイクと着崩した制服の佐藤ナツキがトップの点数を取ります。

真面目で優等生の青木麗華はナツキを祝福しつつも、悔しそうにうつむき、そんな様子をワタルは眺めているのでした。

ワタルはナツキと屋上で話しをしながら、実はナツキが自身の化粧や髪形を気に入っていないことを聞かされます。

ナツキは麗華を悔しがらせるためにわざとチャラチャラした格好をしていると話すのでした。

ナツキは前のクラスでなんでもできる優等生に悔しい思いを感じていた反面、あこがれも抱いていたと言い、自分も誰かに悔しい思いをさせられる人になりたいと思っているのでした。

下校途中、ワタルは麗華から話しかけられます。

麗華はナツキにあこがれていると話し、話してみたいが自分なんか相手にされないのではと悩んでいるのでした。

ワタルは麗華が見えないところでたくさん努力をしていることを知ります。

ワタルが家に帰ると、禁煙中の父がシャボン玉をしていました。

父はワタルに「今年は雪がたくさん降るだろう」と話し、かまくらを作りたいと話します。

帰宅した母はべとべとになっている床を拭きながら怒っていますが、入れ替わりに出て行ってしまった父の姿はありませんでした。

ナツキは母が買ってきた総菜を食べると、塾へと向かうのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「14才のハラワタ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×