映画:25時

「25時」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

25時の紹介:2002年制作のアメリカ映画。スパイク・リーの監督作品で、デイヴィッド・ベニオフの同名小説を基にしている。出演はエドワード・ノートン、フィリップ・シーモア・ホフマン、バリー・ペッパーが務めている。日本公開は2004年。

あらすじ動画

25時の主な出演者

モンゴメリー・ブローガン(エドワード・ノートン)、ジェイコブ・エリンスキー(フィリップ・シーモア・ホフマン)、フランク・スラッテリー(バリー・ペッパー)、ナチュレル・リヴェラ(ロザリオ・ドーソン)、メアリー・ダヌンツィオ(アンナ・パキン)、ジェームズ・ブローガン(ブライアン・コックス)

25時のネタバレあらすじ

【起】– 25時のあらすじ1

25時のシーン1

画像引用元:YouTube / 25時トレーラー映像

9.11後の深夜のニューヨーク。

31歳のドラッグ・ディーラーのモンゴメリー・ブローガン(通称モンティ)は、ロシアン・マフィアの仲間コンスタンティン・ノヴォッツィ(通称コースチャ)と共に、車を走らせていました。

モンティは道端で瀕死の状態で横たわっている中型犬を見つけます。犬は飼い主にタバコを押し当てられるなどの虐待を受けて、血まみれの状態で捨てられてしまったのです。

モンティはコースチャから銃を取り上げ、苦しみながら死ぬよりはマシだと言って犬を撃ち殺そうとします。

しかし、虫の息だったはずの犬は起き上がり、モンティを警戒して牙をむけたのです。こんな状態でも生きようと必死になっている犬を気に入ったモンティは、動物病院へ連れて行くことにします。

コースチャは「悪くなるものは悪くなっていく」というマーフィーの法則の有名なフレーズを例に挙げて、犬を飼うことに反対します。しかし、モンティは彼の忠告を振り切って、犬の運命を引き受けるのでした。

回復した犬はドイルと名付けられ、モンティの相棒となりました。

早朝、カール・シュルツ公園でイーストリバーを眺めていたモンティのところへ、一人の麻薬中毒者が近づいてきます。

常連客である男は、ヘロインが切れたから売ってほしいと懇願しますが、モンティはハーレムへ行けと冷たくあしらいます。

黒人街に行きたくないと泣きつく常連客に、モンティは麻薬密売の容疑で刑が確定して、刑務所に収監されるのでもう売れないと告げるのでした。

モンティはすでに警察の管理下にあり、明日の朝には刑務所へ出頭することになっていました。残された25時間のうちに、するべきことを済ませようとしていたのです。

まずモンティはドイルを連れて、母校のコヴェントリー進学高校にやってきます。

ここでは幼馴染の親友であるジェイコブ・エリンスキーが、英語教師として働いていました。

著名な卒業生の写真が飾られているケースの中には、バスケットボール部の選抜メンバーだったモンティのなつかしい写真もありました。

かつてのモンティは奨学金をもらうほど優秀な生徒でした。通りすがりの教師曰く、試合で残した記録も最近ようやく破られたばかりでした。

ジェイコブは授業の最中で、突然ドイルと一緒に乱入してきたモンティに驚きます。

モンティは今夜おこなう自分の送別会に、親友のフランク・スラッテリーを伴っていつもの店に来てほしいと伝えて去って行きます。

ジェイコブは中断した授業を再開しようとしますが、ベルが鳴ると生徒たちは一斉に教室を後にするのでした。

冴えないジェイコブは、生徒たちから軽視されていました。なかでも17歳の女子生徒のメアリー・ダヌンツィオは、成績を上げさせるためにジェイコブに色目を使う始末でした。

教員用の談話室で一人悩んでいたジェイコブの元に、メアリーがやってきます。

メアリーは先日提出したレポートの採点に不満があり、文句をつけに来たのです。実際には参列していない祖母の葬式のことを書いた男子生徒の評価はA+(最高)で、何故自分はB+なのかと詰め寄ります。

教員という立場であるにもかかわらず彼女に惹かれているジェイコブは、混乱しながらも必死に評価の基準を説明しました。

評価が変わることがないと悟ったメアリーは、不平不満を漏らしながら部屋を出て行くのでした。

フランクは株のディーラーとして、ウォールストリートで働いています。

日々秒刻みの業務に追われているフランクは、ジェイコブからの電話にもまともに応対しませんでした。

頭の固い上司が選んだ株を売るように命令されますが、彼は自分の分析力を信じて上司を出し抜きました。同僚が上司の言う通りにするよう忠告してきますが、フランクは聞く耳を持たず株を見守ります。

しばらくすると、フランクが買い集めた株が急騰したというニュースが流れて、職場は大騒ぎになります。一人莫大な利益を生み出した彼は、してやったりとほくそ笑むのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

いつの時代にもこのような人間がいて、自ら人生を捨ててしまうのでしょう。冒頭、瀕死の状態でも必死に生きようとしていたドイルを、モンティは助けました。そしてラストでは、彼自身があのときのドイルであると物語られているようでした。親友に顔を殴らせてまで準備しようとしていたことから、モンティが強い覚悟を持って刑務所へ向かったことがわかります。収監から解かれても、彼の人生はあの妄想のように理想的なものではないのかもしれません。それでも自分を完全に見失わない限りは、人生はいくらでもやり直せるのだと、そんなメッセージを感じ取りました。

映画の感想を投稿する

映画「25時」の商品はこちら

IMAGE

25時 [DVD]

DVD > 外国のドラマ映画
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
エドワード・ノートン(出演),フィリップ・シーモア・ホフマン(出演),バリー・ペッパー(出演),ロザリ…

¥2,753
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20