映画:4ヶ月、3週と2日

「4ヶ月、3週と2日」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

4ヶ月、3週と2日の紹介:2007年制作のルーマニア映画。2007年カンヌ映画祭にて、最高賞のパルム・ドールに輝いた。独裁政権末期の1987年に、違法行為であった中絶を決意した女性たちの緊迫した1日を描く。日本公開は2008年。

あらすじ動画

4ヶ月、3週と2日の主な出演者

オティリア(アナマリア・マリンカ)、ガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)、ベベ(ヴラド・イヴァノフ)、アディ(アレクサンドル・ポトチェアン)、アディの母(ルミニツァ・ゲオルジウ)、アディの父(アディ・カラウレアヌ)

4ヶ月、3週と2日のネタバレあらすじ

【起】– 4ヶ月、3週と2日のあらすじ1

舞台は1987年のルーマニア。女子学生寮では、朝から忙しなく身支度をするオティリアとガビツァがいました。

飼っている金魚や試験の心配をしながら、ガビツァは体調不良を訴えます。オティリアは学生寮を走り回り、手際よく用事を済ませていきます。寮の一室ではフリーマーケットが開かれており、その中にはピルもありました。

オティリアはバスで大学に向かい、恋人のアディと会います。オティリアは頼んでおいたお金を受け取ると、彼の母親の誕生日パーティーに誘われます。それどころではないオティリアは渋りますが、花を買ってくるように頼まれます。事情を話さない彼女はアディに不信感を抱かせて、険悪な雰囲気のまま別れるのでした。

次にオティリアは、ガビツァが予約を入れたホテルへ向かいます。

しかしフロントの女性は、予約は入っていないと素っ気なく対応します。2人は押し問答となり、フロントの女性は上司を呼んできて、予約を入れた人間の顔を覚えているかどうか聞こうとします。しかし、そもそもガビツァは電話で予約を入れていたのでした。

オティリアはフロントの女性から電話で予約をしたことを責められ、仕方なくほかのホテルを探すことにします。

そして別のホテルのフロントに、今晩泊まれるかと尋ねます。フロントの女性は、寮に住んでいるのに何故ホテルに泊まるのかと怪しみます。オティリアは「うるさくて勉強ができない」と答えて、高い料金を支払って何とか予約を取ります。

ガビツァに連絡をすると、体調が優れないので自分の代わりに待ち合わせ場所に行くように頼まれます。指定の場所に着くと赤い車が停まっており、ベベという名の中年の男性が乗っていました。

オティリアが約束をした人物ではないこと、ホテルが変更になったことにベベは怒り出します。ベベは中絶をおこなう闇医者でした。当時のルーマニアでは、人口増加政策のために中絶は法律で禁止されており、中絶をおこなう医者は罪に問われていました。また、避妊具の販売も禁じられていたのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「4ヶ月、3週と2日」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ