映画:バトル・オブ・ザ・セクシーズ

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

バトル・オブ・ザ・セクシーズの紹介:「リトル・ミス・サンシャイン」などで知られる、ジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリス監督によるスポーツドラマ映画。実在する女子テニス選手であるビリー・ジーン・キングと、男子テニス選手ボビー・リッグスによる、男女対抗試合の様子が描かれている。日本公開は2018年。

あらすじ動画

バトル・オブ・ザ・セクシーズの主な出演者

ビリー・ジーン・キング(エマ・ストーン)、ボビー・リッグス(スティーヴ・カレル)、マリリン・バーネット(アンドレア・ライズボロー)、グラディス・ヘルドマン(サラ・シルバーマン)、ジャック・クレーマー(ビル・プルマン)、テッド・ティンリング(アラン・カミング、)プリシラ・ウィリアン(エリザベス・シュー)、ラリー・キング(オースティン・ストウェル)、ロージー・カザルス(ナタリー・モラレス)、ロニー・クール(エリック・クリスチャン・オルセン)、ラリー・リッグス(ルイス・プルマン)、マーガレット・コート(ジャシカ・マクナミー)

バトル・オブ・ザ・セクシーズのネタバレあらすじ

【起】– バトル・オブ・ザ・セクシーズのあらすじ1

29歳の天才女子テニスプレーヤーのビリー・ジーン・キング。

彼女は11歳でテニスを始め、数々の優勝を重ねて、1972年に女子シングルスでロージー・カザルスを撃破し、全米勝者となりました。賞金10万ドルを獲得したビリー・ジーンは、ニクソン大統領から栄光を讃えられました。

しかし、ビリー・ジーンは女王の地位を手にするだけでは満足できませんでした。

彼女は全米テニス協会が公表した次期大会の優勝賞金の額に納得できなかったのです。集客力は引けを取らないにもかかわらず、女子の優勝賞金は男子のわずか8分の1でした。

ビリー・ジーンは女子選手全員の報酬をアップすることを求めて、著名なジャーナリストであり友人のグラディス・ヘルドマンを連れて、全米テニス協会に抗議しに行きます。

全米テニス協会の責任者であるジャック・クレーマーは、「男子選手の試合はスピード感がある」や「男性は家庭を養っている」などの理由をつけます。

ビリー・ジーンは反論しますが、彼は男子の賞金は1万2千ドルで、女子の賞金は1500ドルが妥当として、決定を覆そうとしませんでした。

当然納得できないビリー・ジーンは、試合をボイコットすると宣言して、その場を去りました。

男女平等を求めたビリー・ジーンは、ほかの女子選手たちを集めます。そして女性の地位向上を掲げて、契約金1ドルで「女子テニス協会WTA(Women’s Tennis Association)」を立ち上げたのです。

これに反対したジャックは、女子選手たちを全米テニス協会から追放すると脅しをかけ、実行してしまいます。

WTAは資金もなく先行きが危ぶまれますが、すぐさまグラディスが世界最大のタバコメーカーであるフィリップ・モリス社をスポンサーにつけます。選手たちが試合中にタバコを吸うことを条件に、1年間の資金援助と、バージニアスリム選手権が開催されることになりました。

大会の優勝賞金は7000ドルで、全米テニス協会が提示する1500ドルをはるかに超えた好待遇でした。

駆け出しのWTAは、自分たちでコートを整備して、チケットを売って宣伝活動に励みます。

テニスウェアのデザインは、女子チームの専属デザイナーであるテッド・ティンリングに依頼します。これまでのテニス界にはなかったファッション性を取り入れて、カラフルなウェアが完成しました。

WTAの記者会見に向けて、女子選手たちは美容室でメイクアップをします。

ビリー・ジーンの担当になったのは、マリリン・バーネットという女性の美容師でした。ビリー・ジーンはマリリンを一目見て恋に落ちてしまいます。

「あなたはどうしたいの?」とマリリンに尋ねられ、おしゃれに無頓着な彼女は「試合で邪魔にならないように」とオーダーします。

マリリンに髪を触られ、ビリー・ジーンの心が揺れます。ドレッサーの前で言葉を交わしながら、2人は互いを意識し合ったのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×