映画:BPM ビート・パー・ミニット

「BPM ビート・パー・ミニット」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

BPM ビート・パー・ミニットの紹介:1990年代初頭。実在するエイズ活動家団体『ACT UP』のメンバーが、差別や偏見そして一行に進まぬ治療に抗議しながらも、逞しく生き抜く姿をエモーショナルな映像で描き出した感動作。R15+作品。 2017年の仏映画で、カンヌ国際映画祭グランプリを始めとする世界の映画賞を総なめにした。監督・脚本は『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本家ロバン・カンピヨ。ACT UPのメンバーだった自身の経験をベースに今作を生み出した。

あらすじ動画

BPM ビート・パー・ミニットの主な出演者

ショーン(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート)、ナタン(アーノード・バロワ)、ソフィ (アデル・エネル)、チボー (アントワン・ライナルツ)

BPM ビート・パー・ミニットのネタバレあらすじ

【起】– BPM ビート・パー・ミニットのあらすじ1

HIV・エイズは発見されてから10年程の時が経過しても、各国の政府や製薬会社は特別な対策も打たず、若年層を中心に感染や発症が蔓延していました。一方でHIVやエイズに関する差別や偏見はみるみる広がり、こういった現状を打破するためにアクティビスト集団『ACT UP』がアメリカで発足し、1989年にはパリを拠点とする『ACT UP-Paris』が結成されます。

1990年代初頭・パリ。ACT UPパリにはHIV感染者の他にも、感染した子供や恋人のために活動する人、陰性ながら問題解決のために参加する人などが集っていました。ACT UPは医療部門や、刑務所部門など様々な委員会を設置し、定期的に行われるミーティング(通称M)にて活動結果を報告します。Mでは発言者の邪魔をしないよう指を鳴らすことが賛成の意思表示。皆に発言権はあるものの、進行役のチボーやファシリーテーターにより見事な統率がとられています。しかし次々と仲間が死んでいく現実に、発足時からのメンバーで活動的なショーンは、より派手で過激な活動を推進していました。

国の対エイズ闘争局の討論会に乱入したメンバーは、当局会長に血のりを投げつけ、ショーンは彼に手錠を掛けるパフォーマンスに打って出ます。後日のMにてまとめ役のソフィは、あの行動により自分たちの訴えを聞いて貰えなかったと嘆きますが、ショーンは成功だったと自信に満ち溢れていました。

HIV陰性ながらACT UPに参加し始めたナタンは、チボーらが所属する医療委員会に加わります。彼らは製薬会社メルトン社の研究所を直接訪れ話を聞きますが、先方は新薬の結果を公表する気配はありません。その報告を聞いて業を煮やしたショーンや、過激派に反対だったソフィまでもがデモを決行します。メンバーはメルトン製薬の本社に乗り込むと“メルトン製薬人殺し”とシュプレヒコールをあげ、社内に特製の血のりをぶつけました。「4時間おきに薬を飲み、一晩中下痢に苦しみ、死んでいく僕たちには猶予がない」とショーンは患者の苦しみを訴えました。彼らは逮捕に供え身分証や内服薬を持参して、命がけで行動していました。そして彼らは何か大きな活動をする度に、自分たちの感情を爆発させるようにクラブで踊り狂うのです。デモに初めて参加したナタンは、カリスマ性のあるショーンに惹かれました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「BPM ビート・パー・ミニット」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×