映画:ちはやふる(結び)3完結

「ちはやふる(結び)3完結」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ちはやふる -結び-の紹介:2018年3月17日公開の日本映画。競技かるたに青春をかける高校生たちを描いた人気少女漫画を広瀬すずら若手の共演で映画化し、2016年に大ヒットを記録した青春ストーリーの完結編。高校生活最後の全国大会に挑む幼なじみ3人の複雑な思いがつづられる。前2作同様、人気の3人組テクノポップユニット、Perfumeが主題歌を担当する。

あらすじ動画

ちはやふる(結び)3完結の主な出演者

綾瀬千早(広瀬すず)、真島太一(野村周平)、綿谷新(真剣佑)、大江奏(上白石萌音)、西田優征(矢本悠馬)、駒野勉(森永悠希)、須藤暁人(清水尋也)、花野菫(優希美青)、筑波秋博(佐野勇斗)、我妻伊織(清原果耶)、若宮詩暢(松岡茉優)、周防久志(賀来賢人)、宮内妙子(松田美由紀)、原田秀雄(國村隼)

ちはやふる(結び)3完結のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①高校3年になった千早は部員を募り、筑波と菫を加えて練習が始まる。新が千早に告白したと聞いた太一は、千早への思いをあきらめようと部活をやめ、勉強に専念しようとするが、そこで名人の周防と会った。 ②周防に特訓してもらった太一は、決勝で復帰、新に勝利した。千早は新に「世界一になりたい」と返事をし、3人の関係はそのまま。

【起】– ちはやふる(結び)3完結のあらすじ1

ちはやふる(結び)3完結のシーン1

画像引用元:YouTube / ちはやふる(結び)3完結トレーラー映像

千早は、小学時代に仲良しだった太一、新と別れても、かるたを続けていれば必ず会えると信じ、ずっと競技かるたを続けています。

高校になって太一と再会した千早は、かるた部を立ち上げました。

太一と千早は奔走し、部員も千早と太一以外に、「肉まんくん」こと西田優征、「机くん」こと駒野勉、「カナちゃん」こと大江奏が集まりました。

5人で競技かるたを練習します。

猛特訓の甲斐があり、千早たちの瑞沢高校は東京都大会で優勝を果たしました。

幼馴染みの新と全国大会で会えると思って千早は電話しますが、返ってきた新の答えは「もうかるたはやらん」でした(映画『ちはやふる 上の句』参照)…。

「かるたはやらん」と告げた新を心配し、千早と太一は福井へ行きます。

新と再会を果たした千早は、新が心のよりどころとしていた祖父を亡くしたことを知りました。

かるたを続ける意義を喪失した新に「待ってる」と告げ、千早は現クイーン・詩暢と戦う決意をします。

ところが、左利きの詩暢との対戦を意識した千早は迷走しました。左利きの選手は右利きの選手にとって、かるた界では異色の存在なのです。

しかし千早は仲間の大切さに気づき、猛特訓した後にかるた部に戻りました。

近江神宮で詩暢と対戦した千早は、実力の差を知らされます。

千早は詩暢に負けますが、新は千早たち仲間が繋がっている姿を見て、かるたに戻る決意をしました(映画『ちはやふる 下の句』参照)…。

…クイーン・名人位決定戦。

クイーン戦で中学3年生の我妻伊織に負けた千早は、札ガールとして詩暢と伊織の対戦を見ていました。

隣では名人位として、4連覇中の周防久志に千早の師匠・原田が挑んでいます。

周防は圧倒的な強さで、5連覇を果たしました。詩暢も伊織に勝ち、3連覇を果たします。

記者会見に応じた周防は、かるたをやっていてもつまらないという発言をしますが、綿矢新が「まだ名人でいてくれや。原田先生の仇は、俺が取るんや」と挑発したため、もう1年留まることを宣言しました。

クイーン戦のほうでは、千早の呼びかけに対して詩暢は冷たい反応をします。

一緒にかるたをやろうと言った千早が負けたことを、詩暢は快く思っていませんでした。

千早は来年こそ勝ち進むと宣告します。

その後、控室で新に会いに行った千早は、新がかるた部を作ると言う発言に対して「瑞沢は負けないよ」と答えました。

新は千早に「好きや、千早」と言って去ります。

思いがけない告白に、千早は驚いて、フリーズしたまま倒れました。

告白を聞いていたのはカナちゃんと大会関係者で、太一は聞いていません。

聞いてはいないものの、千早に思いを寄せている太一は、千早と新の間に何かあったことだけは気付きます。

…年度が変わり、千早たちは高校3年生になりました。

実は昨年、高校2年の時の千早たちは、部員獲得がかないませんでした。

かるたに熱狂する千早が模範演技を示したところ、新入生たちがドン引きしたのです。

今年こそは新入生を獲得しないと、廃部に追いやられると聞かされた千早は、今回はにこやかに穏やかにする予定でした。

新入生の前に、千早と太一が和服を着て現れると、美男美女の先輩ということで、男女の別なく注目を集めます。

放課後。

部室で模範演技をした時も、千早はまだ冷静さを保っていました。

穏やかに競技かるたのルール説明をおこないます。

やりたい人を新入生の中で募ったところ、かるた経験者の筑波秋博が挙手しました。

千早は冷静であろうとしていましたが、筑波に札を取られた悔しさから、かっとなって我を失います。

本気モードに入ってしまった千早を見て、新入生がまたもドン引きしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ちはやふる(結び)3完結」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×