映画:Dearフランキー

「Dearフランキー」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

Dearフランキーの紹介:オペラ座の怪人で主役を演じたジェラルド・バトラー主演の映画。スコットランドが舞台のマイナー作、しかも監督はこの映画がデビュー作。カンヌ映画祭では10分以上のスタンディングオベーションを受け世界各国で上映されました。

あらすじ動画

Dearフランキーの主な出演者

リジー(エミリー・モーティマー)、ストレンジャー(ジェラルド・バトラー)、フランキー(ジャック・マケルホン)、マリー(シャロン・スモール)

Dearフランキーのネタバレあらすじ

【起】– Dearフランキーのあらすじ1

スコットランド最大の都市、グラスゴーの北西部に位置する小さな港町グリーゴックでの物語です。

小学生のフランキーはおばあちゃんと母親の三人でこの町に引っ越してきます。

実は父親のDVから逃げるためあちこちを転々とする生活なのでした古いアパートに住むことが決まり、母親は気のいい店主マリーの店「フィッシュ&チップス」で働き始めます。

フランキーは父親の暴力が原因で耳が不自由です。

それでも「父親は船乗りで世界中をまわっている」という母親の嘘を信じて、父親がいつか自分のところに会いにきてくれると願っています そんな息子のことを思う母親は、私書箱を使ってフランキーに父親のふりをして手紙を書いていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「Dearフランキー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×