「LIFE!/ライフ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

2013年 アメリカ映画。オリジナルは、ジェームズ・サーバーの短編小説をもとにした「虹を掴む男」 42歳までとくにこれといった冒険もなく、雑誌「LIFE」のネガ管理部署で勤務している主人公ウォルター。 会社が買収され、カメラマンであるショーンの最終号を飾るネガを探すため、平々凡々とした暮らしを飛び出して、波乱万丈な旅をしながらショーンを探します。無事最終号を飾るネガは見つかるのでしょうか・・・・

あらすじ動画

LIFE!/ライフの主な出演者

ウォルターミティ(ベン・ステイラー) シェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ) テッド・ヘンドリックス(アダム・スコット) オデッサ・ミティ(キャスリン・ハーン) エドナ・ミティ(シャーリー・マクレーン) ショーン・オコンネル(ショーン・ペン) トッド(パットマン・オズワルト) ヘルナンド(アドリアン・マルティネス)      

LIFE!/ライフのネタバレあらすじ

【起】– LIFE!/ライフのあらすじ1

LIFE!/ライフのシーン1

画像引用元:YouTube / LIFE!/ライフトレーラー映像

机に向かって出納帳を広げて、支払をメモするウォルター。彼は仕事に出かける前に、パソコンを立ち上げて、マッチングサイトで、ある女性のプロフィールを見ています。

女性は1か月程前から同僚のシェリル・メルホフで、彼女のプロフにウインクを送ろうかどうか迷っていましたが、ウインクを送るためにアイコンを押しました。しかし、エラーで送れません。何度押してもエラーが出ます。

あきらめて仕事に行く途中、駅で電車を待っている間、マッチングサイトのカスタマーサービスに電話をかけました。担当者のトッドは、普通はウインクを送れるのですが、と答え彼にプロフ欄に空欄が多いことを指摘します。ウォルターはプロフィールに体験談を書くほど、どこにも行っていないと答えました。

突然犬の鳴き声が聞こえ、ウォルターは走り出しアパートに飛び移ります。その直後アパートは爆発し、シェリルの飼っている片足の不自由な犬のチップスを救い出し、チップスのために作った義足を彼女にプレゼントする、というのは彼の頭の中での空想で、実際はトッドとの電話中でした。電話を切って、ウォルターは職場に向かいます。

着いたのはライムライフビル。ロビーに入った途端、ウォルターの42歳の誕生日のサプライズで、妹からケーキを手渡されます。ケーキを持ったままエレベーターに乗ろうとすると、会社が買収されたというニュースを聞かされました。

ウォルターは階段を降り、自分の部署であるネガ保管庫に向かいます。机の上にある小包を見つけました。それは、カメラマンのショーン・オコネルからで、ネガと手紙と財布が入っており、最終号にはこの25番のネガを使ってほしいと書かれています。

同僚と一緒に確認したところ、その25番のネガだけがありません。同封されていた革の財布には、ライフ誌のスローガンである「世界を見よう お互いを知ろう それが人生(ライフ)の目的だから」と刻印されていました。

買収されたライフ誌の従業員は、新編集者のテッド・ヘンドリックスから、オンライン配信になることや、人員削減予定の話を聞かされていました。テッドは、カメラマンのショーンから表紙には25番のネガを使って欲しい。それがわたしの最高傑作、人生の真髄だから」という電報を受け取っていました。

ネガ管理担当のウォルターは、テッドから25番のネガを見せるよう言われますが、今現像中だと答えてしまいます。

印刷まではあと2週間半。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「LIFE!/ライフ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×