映画:NINE

「NINE」のネタバレあらすじと結末

【承】– NINEのあらすじ2

グイドは癒やしてもらうために、愛人のカルラを呼びます。すると疲れからなのかカルラのセクシーな幻想を抱いて妄想をし始めます。

現実に戻ると、プロデューサーがホテルを突き止めてスタッフ全員で泊まりにきます。頭を抱えるグイドでした。

リリーから映画を喜劇にしてみたらと言われたグイドは、リリーが踊るファッショナブルな楽しい幻想を抱きます。

グイドはホテルに来ていた枢機卿に助けを求めます。グイドの映画は性的描写が多すぎると言われて、砂浜で踊るセクシーな娼婦の幻想を抱きます。娼婦にお金を払った幼いグイドは両親に叱られます。

夜になって、スタッフ達と食事をします。リリーが気を利かせてルイザを呼んでくれます。リリーから誕生日の件を密かに教えてもらっていて、グイドは慌てて誕生日のお祝いをします。

グイドは愛人のカルラに部屋から出ないようにと言っていました。しかし、皆と食事をしているレストランに来てしまいます。カルラを見つけたルイザは泣いて部屋に帰ります。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「NINE」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×