ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(150ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:ブルークラッシュ
ブルークラッシュの紹介:アン・マリーはジュニア大会で優勝した実力を持つ女性サーファー。出て行った母の代わりに妹のペニーの世話をして、友人達と暮らしていた。アン・マリーは間近に迫ったサーフィンの大会で優勝して、スポンサーがついて有名になることを目標にしている。しかし、競技中の事故でスランプに陥り、仕事先で出会ったマットに夢中になってしまう。サーフィン大会で優勝を目指す女性サーファーを描いた作品。 ネタバレを読む
映画:彼は秘密の女ともだち
彼は秘密の女ともだちの紹介:亡き親友の夫が女装していることを知り困惑するクレール。しかし彼(彼女)と交流するうちに、クレール自身も変化していく。フランソワ・オゾン監督が贈る、自分らしく生きることの素晴らしさが綴られた比類なきヒューマンドラマ。2014年に公開されると、世界中で話題となった作品。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:奇跡の2000マイル
奇跡の2000マイルの紹介:オーストラリアの砂漠地帯横断を達成したロビン・デヴィッドソンの回顧録を映画化。主演にミア・ワシコウスカを迎え、「英国王のスピーチ」の製作スタッフが感動の冒険物語を作り上げた。2013年製作のオーストラリア映画。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:パレードへようこそ
パレードへようこその紹介:1984年、不景気に苦しむイギリス政府は炭坑閉鎖案を打ち出し、炭坑夫による抗議ストが長期化していた。苦しむ炭坑夫の支援に乗り出したのは、差別に屈しないひたむきなロンドンの同性愛者たちだった。2014年製作のイギリス映画で、監督は、「背信の行方」のM・ウォーチャスが務めた。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:8月の家族たち
8月の家族たちの紹介:8月にウェストン家は実家に集まることになる。父ベバリーが失踪したのだ。続々と集まった家族に父の自殺が知らされる。葬式の後の夕食でバラバラの家族が本音をぶつけあう。そして隠された真実が明るみになっていく…。一筋縄ではいかない家族の姿を豪華キャストで描いた作品。アカデミー賞ではメリル・ストリープが主演女優賞を、ジュリア・ロバーツが助演女優賞にノミネートされた。また、他にも様々な賞で多数のノミネートと受賞をした。 ネタバレを読む
映画:雨粒の小さな歴史
雨粒の小さな歴史の紹介:会ったこともない妹から突然手紙をもらった大学生の美千留。生き別れた父親の存在を改めて感じ始める若き美千留の物語。大学生の自主制作ながら、ロードショー公開を果たした作品。監督はインディーズ界の期待の若手中川龍太郎。人気俳優の池松壮亮も出演している。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:ダラスバイヤーズクラブ
ダラス・バイヤーズクラブの紹介:1985年、アメリカで生粋のカウボーイで電気技師のロンは、ドラッグにロデオの博打に女遊びが激しかった。仕事中に病院に運ばれたロンは検査でHIVの陽性反応がでる。余命30日と言われたロンはエイズについて調べるが…。当時無許可のHIV特効薬を、皆に提供できるように疾走したロンの姿を描いている。1992年に記事で取り上げられたロンの実話を基に作られた。アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞など多数の賞を受賞した作品。 ネタバレを読む
映画:普通の人々
普通の人々の紹介:平凡な中流階級の家庭がひとつの事件をきっかけに徐々に崩壊して行く様子を丁寧に描いた作品。テーマ曲として流れるパッヘルベルの「カノン」のメロディが印象的。1980年米国。監督:ロバート・レッドフォード。第53回アカデミー賞の作品賞、監督賞、助演男優賞(ティモシー・ハットン)、脚色賞を受賞。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:月光ノ仮面
月光ノ仮面の紹介:戦死したはずの男が記憶を失ったまま戻ってくる。噺家だった男や、彼の恋人の運命を描く。 板尾創路が監督・脚本・主演を務める2作目の作品。2011年の公開作で、第35回モントリオール世界映画祭に正式出品。古典落語の『粗忽長屋』が題材になっており、独特な板尾ワールド全開の作品。難解な点も多いため、ストーリーの解釈は鑑賞者によって異なる。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:マルタのことづけ
マルタのことづけの紹介:2013年製作のメキシコ映画で、孤独な女性が余命いくばくもない女性とその家族と出会い、交流を重ねる物語。本作は監督を務めたC・サント=リュスの実体験に基づいており、感動的なヒューマンドラマは世界的に高く評価され、第38回トロント国際映画祭の国際批評家連盟賞に輝いた。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:ヒナゴン
ヒナゴンの紹介:1970年代に広島県比婆郡西城町で騒ぎになった未確認生物「ヒナゴン」。初めは町に来る人達で賑わったものの、ホラ話として騒動は収まっていく。30年が経って、町は財政難から合併話で揺れていた。町長のイッちゃんは新たに類人猿課を役場に設立して、ヒナゴンで町興しを提案するが…。ヒナゴン騒動をモチーフにして描いた作品。直木賞作家、重松清の初の映画化作品。 ネタバレを読む
映画:遠い空の向こうに
遠い空の向こうにの紹介:1999年製作のアメリカ映画で、「ジュラシック・パークIII」のジョー・ジョンストン監督が元NASA技術員の回顧録を映画化した作品。主人公を演じたジェイク・ギレンホールは、初主演ながらその演技力の高さが評価された。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
映画:サイドバイサイドフィルムからデジタルシネマへ
サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへの紹介:キアヌ・リーブスが制作とナビゲーターを務めた作品。デジタル革命のよる映画の未来を、錚々たる映画監督や俳優達がキアヌの質問を交えながら語っていく。2012年2月に第62回ベルリン国際映画祭でプレミア上映された作品。 ネタバレを読む
×