ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(157ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:ノー・マンズ・ランド
ノー・マンズ・ランドの紹介:2001年カンヌ映画祭脚本賞、2002年ゴールデングローブ賞受賞作品。ボスニア紛争を題材にした映画。戦争映画ではあるが、一部ブラックコメディと評する人もいるくらいシニカルな物語になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ミケランジェロ・プロジェクト
ミケランジェロ・プロジェクトの紹介:第二次世界大戦中に、美術品を保護するために結成された特殊チームの活躍を描いた映画。実話が元になっており、ジョージ・クルーニー、マット・デイモンなどの豪華なキャストで話題になった ネタバレを読む
映画:ダンサーインザダーク
ダンサー・イン・ザ・ダークの紹介:人気女性歌手ビョークを主役に据え、主人公の空想をミュージカル風に表現し高く評価された。ゴールデングローブ賞、アカデミー賞にノミネート、2000年の第53回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞している。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:幸せパズル
幸せパズルの紹介:第60回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品されたアルゼンチン映画。女性監督ならではの繊細な表現が光っている。ブエノスアイレスの生活雑貨や服もみどころ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:俺たちに明日はない
俺たちに明日はないの紹介:実在の銀行強盗をモデルにした、アメリカンニューシネマを代表する名作。今日、「ボニーとクライド」は刹那的に人生を駆け抜ける生き方の象徴ともいえる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:Dearフランキー
Dearフランキーの紹介:オペラ座の怪人で主役を演じたジェラルド・バトラー主演の映画。スコットランドが舞台のマイナー作、しかも監督はこの映画がデビュー作。カンヌ映画祭では10分以上のスタンディングオベーションを受け世界各国で上映されました。 ネタバレを読む
映画:非現実の王国で
非現実の王国での紹介:アウトサイダーアートとして名高いヘンリー・ダガーの生涯を追ったドキュメンタリー映画。彼の絵の制作に関わった生い立ち迄、1万ページに渡る理解しがたい自作の物語「非現実の王国で」の解説ドキュメンタリー映画 ネタバレを読む
映画:ウルフオブウォールストリート
ウルフ・オブ・ウォールストリートの紹介:2013年製作のアメリカ映画。マーティン・スコセッシ監督による伝記・コメディ映画。実在の株式ブローカーで、ウォール街の狼と呼ばれた男・ジョーダン・ベルフォートの回想録を原作としている。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:ショーシャンクの空に
ショーシャンクの空にの紹介:ホラーの帝王、スティーブン・キング原作のヒューマンドラマ。過酷な状況の中でも希望を失わず生きていく人間の輝きとたくましさを描くヒューマンドラマ。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞など多数受賞の名作。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:鑑定士と顔のない依頼人
「ニューシネマ・パラダイス」を手掛けたトルナトーレ監督と、同作品で音楽を手掛けたモリコーネがコンビを組んだ最高傑作。天才的な審美眼を持つ初老の美術鑑定士のヴァージルが、資産家の娘から遺産として託された美術品の鑑定を依頼される。一度も恋愛経験の無いヴァージルは不思議な依頼人に次第に惹かれていきます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:キャタピラー
2010年上映の日本映画。監督は若松 孝二 氏。江戸川乱歩の短編小説『芋虫』をメインとしたオリジナルの物語。日中戦争に翻弄された夫婦の姿を通し戦争が残した愚かさと悲劇、そしてある意味『性と生』を現した作品。主演の寺島しのぶは、2010年ベルリン国際映画祭最優秀女 優賞を受賞。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:悪人
犯罪を描いた吉田修一の話題作を映画化。殺人を犯してしまった肉体労働者の男と、それまで地道な生活を送っていた女との出会いと愛情、そして逃避行を九州の情景とともに切々と描く。監督は、「フラガール」の李相日、音楽は久石譲。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
映画:セッションズ
ベンリューイン監督・脚本によるアメリカ映画で、2012年にアメリカで開催された三ダンス映画祭で観客賞(合衆国ドラマ部門)を受賞。映画に出演しているヘレン・ハントは第85回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×