ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

原作は「永遠の仔」「家族狩り」の天童荒太。破天荒な性格の男子高校生が「包帯」を通じて、自らの痛みと向き合い克服していく青春ドラマ、主演は柳楽優弥。監督は堤義彦。原作が天童の普段の作風とは違い、非常に前向きなものとなった。2007年劇場公開作品。118分 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
豪華客船で生まれ、一生を海上の名もなきピアニストとしてずっと過ごしたピアニストを描いたヒューマンドラマ。監督は「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ。主演はティム・ロス。第44回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ最優秀監督賞を受賞した。1998年劇場公開作品、170分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
すーちゃん まいちゃん さわ子さんの紹介:2013年製作の日本映画。漫画家やエッセイストとして活躍する益田ミリの人気4コマ漫画シリーズを、柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶという豪華顔合わせで実写映画化したヒューマンドラマ。十数年の友人である3人の女性、それぞれが日常生活で抱く複雑な思いがつづられる。監督は『世界はときどき美しい』の御法川修。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映像研には手を出すなの紹介:2020年製作の日本映画。『あさひなぐ』の英勉監督がメガホンをとり、「月刊!スピリッツ」で連載中の大童澄瞳の同名コミックを実写映画化。数多くの部活が存在する芝浜高校を舞台に、アニメーション制作を志す女子高生3人組の姿が描かれる。主要キャストを人気アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が演じるほか、浜辺美波や福本莉子、桜田ひよりらが出演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
南京のシャー・ゾンチーマッサージ治療院では多くの盲人たちが働いている。幼いころ交通事故で視力を失い治療院で働くシャオマーは、院長の同級生ワンが恋人のコンを連れてやって来て一緒に働くようになるとコンの色香に強烈な欲望を抱くようになる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
刑務所を出所したシングルマザーのローズは、ホストマザーのもとで暮らす息子のミカエルと5年ぶりの再会を果たすもミカエルはローズに心を開いてくれない。 ミカエルがプロレスのWWEの大ファンだと知り、息子の気持ちを取り戻すために働き始めたスーパーのレジ係たちを巻き込んで伝説のプロレスラーに師事しにスターになることを目指す。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
小川動物プロダクションはマスメディアに登場する動物を飼育していた。社長の妻・佐緒里はある日念願だったゾウを飼育し始めた。やってきたゾウに強い関心を持った息子の哲夢は“ゾウ使い”になるためにタイに旅立つ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
知的障害を持つ兄・実生が性的処理も自分でできないことを知った弟・幹生がデリヘル嬢として呼んだのは自分の島を持ちたいと考えている地下アイドルのマリンだった。やがて3人の共同生活が始まるが・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
過激なバイレオンスやスプラッタ描写を得意とする佐々木勝巳監督が、映画製作のワークショップで頓挫しかけた企画を、3年がかりで完成させた作品です。映画に登場するキャラクター1人1人を、3年間かけてじっくりと描いたため、それぞれが主人公と呼べるほどの重厚なドラマに仕上がっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ポルトガル、夏の終わりの紹介:2019年製作のフランス&ポルトガル合作映画。『人生は小説よりも奇なり』のアイラ・サックスがメガホンをとり、死期を悟った主人公と、彼女の大切な人々との関わりを描くヒューマンドラマ。主人公フランキーを『エル ELLE』のイザベル・ユペールが演じるほか、『パディントン2』のブレンダン・グリーソン、「スパイダーマン」シリーズのマリサ・トメイらが出演。第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2007年製作の日本映画。とある南の島に、一機のプロペラ機が降り立つ。そこから降りてきたのは、2人の女性。ひとりは大きな銀色のスーツケース、もうひとりはハンドバッグひとつ。スーツケースの女性はそれを引きずりながらも、なんとか宿泊先ハマダにたどり着いた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2005年12月公開の韓国映画。監督はイ・ジュニク。主演はイ・ジュンギとカム・ウソン、共演にチョン・ジニョン、魏涼子他。 芸人(広大)であるチャンセンとコンギルは、所属していた一団を抜け出して王都にやってくる。そこで時の王燕山君と愛妾チャン・ノクスをからかう風刺芸を披露して人気を博すが、侮辱罪として捕らえられてしまう。そこでチャンセンは王が笑えば侮辱にはあたらないと王の前で芸を披露することを提案する。王の前での芸は緊張のあまりボロボロになりかけたが、コンギルの機転によって大成功を収め宮廷の芸人となる。王のお気に入りとなったコンギルとチャンセンだが、稀代の暴君として有名な燕山君は遊びに夢中になりだんだんと政は疎かになり、自分を邪魔するもの達には粛清を与えるようになる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ミッドナイトスワン
「タイトル、拒絶」「全裸監督」の内田英二が脚本、原作も担当しメガホンを取った一作。ショーパブにつとめる一人のトランスジェンダーの女性と、親に見捨てられたバレリーナを夢見る少女の心の交流を丁寧に描いた。第44回日本アカデミー賞では最優秀主演男優賞を草彅剛が、最優秀作品賞を受賞した。2020年劇場公開作品。124分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「星の子」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

星の子の紹介:2020年製作の日本映画。芥川賞作家・今村夏子の同名小説を「日日是好日」の監督・スタッフが集結し、「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」の芦田愛菜主演で映画化。中学三年生のちひろは両親から愛情深く育てられていたが、両親は病弱だったちひろを治した怪しい宗教を信仰していた。出演は、「カツベン!」の永瀬正敏、「あいあい傘」の原田知世。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×