ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

“本日午後2時、緊急会議”というメールを天馬東京都知事から受け取った東京都の幹部たちは、何の会議なのか知らされないまま、不平不満をこぼしながらも特別会議室に集まってきた。そこで幹部たちは天馬から“東京に原発を誘致する”と驚愕の計画を聞かされる。 だが、喧々諤々の議論の中、天馬の真意は別のところにあった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
マイ・プライベート・アイダホの紹介:1991年製作のアメリカ映画。男娼として身を売りながら生きるストリート・キッズたちの挫折と成長を描く青春ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサー、監督・脚本は「ドラッグストア・カウボーイ」のガス・ヴァン・サント、製作はローリー・パーカー、撮影はエリック・アラン・エドワーズ、ジョン・キャンベルが担当。出演はリバー・フェニックス、キアヌ・リーブス、ウィリアム・リチャートほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
原ナノカは女優を夢見る12歳の女の子。 ナノカは、今は亡き母・マリカが13年前に出演した舞台が再演され、その主役のオーディションが行われることを知り父親に内緒で応募する。 その時マリカは母親役だったが、その娘役をやったリナと偶然知り合ったナノカは見事主役の座を勝ち取り、母親役にリナを引き込むと稽古に励もうとするのだが、非現実的な世界を演じる舞台に疑問を抱き始め・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:メイド・イン・バングラデシュ
メイド・イン・バングラデシュの紹介:2022年4月16日公開のフランス&バングラデシュ&デンマーク&ポルトガル合作映画。若いころからバングラデシュの労働運動に携わってきた、ダリヤ・アクター・ドリ氏の体験を基に描く人間ドラマ。同国の縫製工場で働くある女性が、労働組合を立ち上げようと奮闘する。ルバイヤット・ホセインが監督と脚本などを手掛け、『アンジェリカの微笑み』などのサビーヌ・ランスランが撮影を担当する。主人公をリキタ・シムが演じるほか、ノヴェラ・ラフマン、パルヴィン・パルー、ディパニタ・マーティンらが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ツユクサ
「at Home アットホーム」の脚本家、安倍照雄のオリジナル脚本を、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督が描くヒューマンドラマ、主演は小林聡美、共演は松重豊など。小さな港町に暮らす女性、日々を穏やかに楽しく過ごしていたが、過去に車の運転中に隕石が直撃するという事件に境遇していた。彼女が港町で一人で暮らす理由とは...?2022年4月劇場公開作品。95分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
明治42年、青森の弘前。鯵の焼き干しから出汁を取り蕎麦の露店をやっていた大森賢治はやっとの思いで自分の店を構えることができた。 そして時は流れ現代。大森食堂は3代目の哲雄となり、その息子陽一は父親との確執から東京で暮らしていたが、故郷への思いは常に持っていた。 或る日哲雄が出前の途中交通事故に遭い入院することに。父の代りに蕎麦を打ち始めた陽一だったが・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「愛の渦」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

愛の渦の紹介:2014年製作の日本映画。セックスの相手と出会うための乱交パーティに集う人々の姿を描き、第50回岸田國士戯曲賞に輝いた三浦大輔による舞台劇を、三浦自身がメガホンを握り、映画化。親の仕送りで乱交パーティに参加するニートの青年役で池松壮亮が主演を務めるほか、個性豊かなキャストが顔を揃え、劇中の1/4は服を着ていないという過激な作品に挑んだ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
太陽の帝国の紹介:1987年製作のアメリカ映画。第2次大戦下の中国を舞台に、日本軍の収容所の中で過ごす11歳のイギリス少年の成長過程を描く作品。J・G・バラードの自伝的色彩の強い同名の小説を基に「カラーパープル」のスティーヴン・スピルバーグが監督・製作。共同製作にキャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル。脚本は「未来世紀ブラジル」のトム・ストッパード、撮影は「ハリーとヘンダスン一家」のアレン・ダヴュー、音楽は「イーストウィックの魔女たち」のジョン・ウィリアムス(2)が担当。出演はクリスチャン・ベール、ジョン・マルコヴィッチ、ミランダ・リチャードソンほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:カモン カモン
カモン カモンの紹介:2022年4月22日公開のアメリカ映画。『ジョーカー』で第92回アカデミー賞主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックスが、『20センチュリー・ウーマン』などのマイク・ミルズ監督とタッグを組むドラマ映画。フェニックス演じるラジオジャーナリストのジョニーと、ウディ・ノーマン演じる甥が紡ぐ絆の物語が描かれる。『ボルケーノ』のギャビー・ホフマン、モリー・ウェブスター、ジャブーキー・ヤング=ホワイトが共演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ラストエンペラーの紹介:1987年製作のイタリア・中国・イギリス・フランス・アメリカ合作映画。激動の時代に生きた中国の最後の皇帝溥儀の生涯を描く。製作はジェレミー・トーマス、監督は「1900年」のベルナルド・ベルトルッチ、脚本はマーク・ペプローとベルトルッチ、撮影はヴィットリオ・ストラーロ、音楽は坂本龍一、デイヴィッド・バーン、コン・スー、編集はガブリエラ・クリスティアーニ、衣裳はジェームズ・アシュソンが担当。出演はジョン・ローン、坂本龍一ほか。後に219分のオリジナル全長版が発表されている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
韓国に暮らす平凡な家族、妻が金の原石を頼まれて輸入する仕事に就く。家計を助けるためのバイト感覚ではあったが、中身は麻薬であり妻は逮捕される。妻は麻薬密売容疑で言葉もわからないフランスで裁判にも掛けられず、すぐ刑務所がある孤島へ入所させられる...。実話を元にしたヒューマンストーリー。チョン・ドヨン主演、パン・ウンジン監督。2013年劇場公開作品。131分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
障がい者の父親ジョンボクと、そのジョンボクを慕うミング叔父さんと3人で暮らす高校2年生のワンドゥクは、向かいに住む口汚くワンドゥクを指導する担任教師のドンジュから、母親の存在について衝撃の事実を知らされる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×