ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:勝利への脱出
勝利への脱出の紹介:ジョン・ヒューストン監督、シルベスター・スタローン、マイケル・ケイン主演のスポーツをテーマにした戦争映画。第二次世界大戦中を舞台に、連合軍の捕虜とドイツ代表とのサッカーの試合と、その裏で進められる捕虜たちの脱走計画を描いていく。1981年イギリス・アメリカ・イタリア合作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ロッキーザファイナル6完結
ロッキー・ザ・ファイナルの紹介:2007年製作のアメリカ映画。『ロッキー』シリーズの6作目であり、『ロッキー5/最後のドラマ』(1990年)以来、16年ぶりとなる続篇[1]。4作目『ロッキー4/炎の友情』以来、再びシルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演を務め、本作がシリーズ完結篇と銘打たれている。なお、その後スピンオフであり、ロッキーも登場する続編として『クリード チャンプを継ぐ男』が製作されている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
おいしい給食Final Battleの紹介:2020年3月6日公開の日本映画。市原隼人が給食マニアの教師を演じたドラマ「おいしい給食」の劇場版。1980年代のある中学校で、“どちらがおいしく給食を食べられるか”を日々争う教師と生徒に衝撃的な事件が起こる。主人公の甘利田をドラマに引き続き市原が演じるほか、「スタメンKiDS」のメンバーとして活躍する佐藤大志や、『人狼ゲーム インフェルノ』の武田玲奈、「BOYS AND MEN」の辻本達規、水野勝らが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
生理ちゃんの紹介:2019年11月8日公開の日本映画。生理痛の原因をキャラクター化し第23回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した小山健によるコミックを映画化。女性ファッション誌の編集部でバリバリ働く青子の元にも、人生を半ば諦めSNSで毒のある投稿を続けるりほの元にも、容赦なく生理ちゃんがやってきて……。生理ちゃんに振り回されながらも仕事に恋に奮闘する青子を「翔んで埼玉」の二階堂ふみが、清掃のバイトをするりほをオムニバス「21世紀の女の子」内の一篇「projection」の伊藤沙莉が演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
カリフォルニア・ドールズの紹介:「男臭い世界」を描いてきたロバート・アルドリッチ監督が女子プロレスの世界を描いた作品で、アルドリッチの遺作でもあります。主役タッグのやさぐれマネージャーを、「刑事コロンボ」で有名なピーター・フォークが好演しています。劇中登場する日本人タッグの1人で、日本の女子プロレスラー・ミミ萩原も出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
男はつらいよ お帰り 寅さんの紹介:2019年12月27日公開の日本映画。山田洋次監督による国民的人気映画シリーズ「男はつらいよ」の、22年ぶりの新作にして通算50作目。葛飾柴又を舞台に、心温まるストーリーが描かれる。4Kデジタル修復されて甦る寅さん役の渥美清をはじめ、倍賞千恵子、吉岡秀隆、前田吟らおなじみの面々が再結集。さらに、後藤久美子が久々の女優業にカムバックを果たす。オープニング主題歌「男はつらいよ」を歌うのは桑田佳祐。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ロッキー5最後のドラマ
ロッキー5/最後のドラマの紹介:1990年製作のアメリカ映画。ボクシングに挑む1人の男の愛と闘いを通して、サクセス・ストーリーを描いてきたシリーズの第5弾。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・S・グリック、製作はロバート・チャートフ、アーウィン・ウィンクラー、「ベスト・キッド3 最後の挑戦」のジョン・G・アヴィルドセンが第1作に続き監督を担当、シルベスター・スタローンが脚本・主演を兼ね、撮影はスティーヴン・ポスター、音楽はビル・コンティ。出演はほかにタリア・シャイアら。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:書くが、まま
書くが、ままの紹介:2018年に上映された作品で、監督・脚本ともに上村奈帆がつとめています。口下手でいじめられている女子中学生が、保健室の先生とバンドを通じて成長していく様子を描いた作品で、本作は「MOOSIC LAB 2018」において観客賞を受賞しているほか、中村守里は主演女優賞を受賞しています。主題歌にはSWANKY DOGSの「ワンダーライフ」が起用されており、劇中でも重要な役回りとして同バンドが本人役として出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ロッキー4炎の友情
ロッキー4/炎の友情の紹介:1985年製作のアメリカ映画。宿敵であり親友であるファイター、アポロを絶命させたソ連の殺人マシーンドラゴに挑戦するロッキーの雄姿を描く。製作はアーウィン・ウィンクラー、ロバート・チャートフ、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェイムズ・D・ブルベイカーとアーサー・コバニアン。監督・脚本・主演は「ロッキー3」のシルヴェスター・スタローン、撮影はビル・バトラー、音楽はヴィンス・ディコーラが担当。共演はタリア・シャイア、バート・ヤングなど。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:デストロイ8.8
デストロイ8.8の紹介:2011年に制作された映画です。2010年に実際に起きたチリ大地震をテーマとして、刑務所から脱獄することになった男に焦点を当てた物語です。ジャケットにはトラの姿が描かれており、キャッチコピーは「巨大地震発生!その時2匹の野獣が解き放たれた」というものになっています。しかしトラは少ししか登場せず、どころかメインですらありません。基本的には主人公の男のロードムービー風作品となります。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ロッキー3
ロッキー3の紹介:1982年製作のアメリカ映画。しがない4回戦ボーイからヘビー級チャンピオンの座を獲得したボクサーを描く「ロッキー」シリーズ第3弾。製作は「レイジング・ブル」のロバート・チャートフとアーウィン・ウィンクラー、製作総指揮はハーブ・ナナス、監督・脚本・主演は、前作に引き続いてシルベスター・スタローン、撮影はビル・バトラー、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はスタローンの他にタリア・シャイア、バート・ヤング、カール・ウェザーズ、バージェス・メレディス、ミスター・T、そしてプロレスラーのハルク・ホーガンがゲスト出演している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年公開のアメリカ・ハンガリー・イギリス合作映画。19世紀後半から20世紀初頭にかけて活躍したフランス人作家、シドニー=ガブリエル・コレットの生涯をベースに映画化した作品。英国インディペンデント映画賞など多くの映画賞にノミネートされるなど、批評家の間で高い評価を受けている。 19世紀後半、一回り年上の文筆家と結婚したコレットは、やがて彼のゴーストライターとしてヒット作を世に生み出していく。しかし、彼女の執筆のおかげで名声を得ていく夫との間に、少しずつ軋轢が生まれていくのだった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2005年公開。戦艦大和を題材にした日本の戦争映画。監督は「人間の証明」や「敦煌」などの佐藤 純彌。音楽は久石譲、主題歌は長渕剛。出演は反町隆史、松山ケンイチ、中村獅童、鈴木京香、渡哲也、仲代達矢といった豪華なキャスト陣による終戦60周年記念の大作映画である。大和の乗組員だった内田二等兵の養女真貴子が枕崎を訪れます。内田と共に大和で戦い当時年少兵だった神尾は真貴子を明日香丸という船で大和が沈んだ場所まで連れていきます。そして神尾の口から当時の様子が語られます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年のアメリカ合衆国制作の映画 監督はベン・リューイン 自閉症の女の子ウェンディが、大好きなスタートレックの脚本コンテストに応募することを決意。 書きあげた脚本を投かんする日に、施設を訪ねてきた姉との面会でパニックを起こし、郵便局に持ち込むのを忘れてしまう。 郵送では締め切りに間に合わないため、一人でロサンゼルスまで行こうとこっそり施設をでたウェンディだったが・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×