ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

成績優秀で性格も良く、家族や友人からの信頼も厚い、非の打ちどころのない優等生と言える、アフリカ出身の高校生ルース・エドガー。しかし、同じアフリカ系の女性教師だけは、ルースに何か良からぬ雰囲気を感じ取り始めて・・・という物語で、ルースが見せる優等生の姿は「表の顔」に過ぎないのか、それとも女性教師があらぬ疑いをかけているだけなのかと、最後まで目を離せないサスペンスタッチの内容になっています。アメリカでは2019年に公開され、批評家から絶賛されました。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
これは実話に基づく映画である。 冒険家のフランクは息子のジョシュを連れパプアニューギニアの洞窟から海に続く水路を見つけるべく潜水探査を行っていた。だがサイクロンによる地底に流れ込んできた大量の水のせいで・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
山梨県にある美術館で働く怜は、新進気鋭の写真家・鈴木春馬の個展で春馬の写真に心を奪われてしまう。 怜は春馬に撮影を依頼して山梨のアトリエに来てもらうが、怜が撮影してほしいと頼んだのは自分の性器だった。 監督:矢崎仁司 2018年制作 日本映画 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
売れない演歌歌手の赤城麗子は生まれ故郷の群馬県桐生市に、マネージャー兼社長の須貝と演歌“おしどり涙”を引っ提げてやって来た。 だが思うようにCDが売れない麗子は、桐生市で行われるNHKののど自慢に、一度大勢のお客さんの前で歌ってみたいと、ごみ箱に捨てられた予選出場券である葉書を手にした。 『のど自慢』(のどじまん)は、1999年の日本映画。監督:井筒和幸 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1996年製作のアメリカ映画。第70回アカデミー賞助演男優賞をキューバ・グッディング・Jr.が受賞。スポーツエージェントのできる社員、ジェリー・マクガイアは夜中に思いついた提案書を会社に提出すると、あっけなく解雇となってしまう。彼に共感した女性社員ドロシー・ボイドも会社を辞め、共に新しい会社を設立していく中で見つけたものは…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
クリント・イーストウッド監督がモーガン・フリーマンとタッグを組み、南アフリカ大統領ネルソン・マンデラとラグビー代表チームの主将フランソワ・ピナールがワールドカップ優勝を勝ち取るまでの姿を描いた伝記映画。 反逆罪で27年ものあいだ刑務所に収監されていたマンデラは釈放後に大統領に就任するが、国内ではアパルトヘイト撤廃後も人種間の壁が根強く残っていた。 ラグビーを通じて国を一つにまとめ上げようと考えたマンデラは代表チームの主将・ピナールにコンタクトを取るが、チームは弱体化し存続の危機を迎えていた。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
2011年公開のアメリカ映画。1984年に公開され、世界的大ヒット作となったケヴィン・ベーコン主演「フットルース」のリメイク版。ダンスパーティーの帰りに交通事故に遭い、高校生5人が死亡した事件により、未成年者が監視下にない場でのダンスをすることが禁止になった保守的な街、ジョージア州・ボーモント。都会から移り住み、そこで暮らすことになった高校生、レイは、その条例を変えようと立ち上がる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
無垢なる証人の紹介:2019年製作の韓国映画。『優しい嘘』や『ワンドゥギ』の監督イ・ハンが、第5回ロッテシナリオ公募展の大賞受賞作を映画化したヒューマンドラマ。殺人事件の容疑者を弁護するスノは、事件の唯一の目撃者である自閉症の少女ジウに法廷に立ってもらうべく、交流を重ねていく。弁護士スノを演じるのは『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン、少女ジウを『神と共に』2部作のキム・ヒャンギが演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
僕たちは希望という名の列車に乗ったの紹介:ディートリッヒ・ガルスカの手記「沈黙する教室」を基にした、2018年のドイツのドラマ映画。東西冷戦下の東ドイツを舞台に、国家を敵に回してしまった若者たちの葛藤と生き様を描いている。監督は「アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男」のラース・クラウメで、主演の高校生たちには無名に近い役者をキャスティングしている。日本公開は2019年。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
エジソンズ・ゲームの紹介:2019年製作のアメリカ映画。天才発明家トーマス・エジソンと、カリスマ実業家ジョージ・ウェスティングハウスが、アメリカ初の送電システムを巡って繰り広げた世紀のビジネスバトルを映画化。『アイリッシュマン』のマーティン・スコセッシが製作総指揮を務め、『ドクター・ストレンジ』のベネディクト・カンバーバッチがエジソンを、『マン・オブ・スティール』のマイケル・シャノンがウェスティングハウスを演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
主演は麻生久美子、松山ケンイチ。農業を営む風変わりな青年と、元彼を事故で亡くした女性教師の淡い恋と交流と「とある秘密」をコミカルに描く一作。第83回キネマ旬報ベストテン第7位。2009年劇場公開作品。横浜聡子監督、120分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
誉田哲也の同名小説が原作の、高校で剣道部に所属する2人のヒロインを成海璃子と北乃きいが瑞々しく演じた、青春スポーツ映画です。主役2人の若さ溢れる魅力はもちろんのこと、脇を固める堀部圭亮や板尾創路などの個性的なキャストがいい味を出しています。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
×