ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:ハウ

映画「ハウ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

ハウの紹介:2022年8月19日公開の日本映画。ワンと鳴けない犬と気弱な青年の絆を描いたヒューマンドラマ。『余命1ヶ月の花嫁』の脚本家、斉藤ひろしが愛犬との日々を綴ったエッセイを基に、『最高の人生の見つけ方』の犬童一心が映画化した。今作が初演技となる俳優犬のベックが主演を務め、もう一人の主人公である民夫を「あなたの番です」の田中圭が演じる。また、池田エライザ、野間口徹、渡辺真起子らが脇を固め、ナレーションを石田ゆり子が務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
私たちの偽装結婚の紹介:2022年1月14日公開の韓国映画。「神と共に」シリーズのキム・ドンウクとドラマ『風と雲と雨』のコ・ソンヒが、偽装結婚する男女を演じるラブコメディ。結婚しないと親の財産がもらえないソンソクと、親の結婚圧力から逃げたいヘジュは、3年後に離婚する契約のもと偽装結婚を企てるが……。出演は、ドラマ『ラブレイン』のファン・ボラ、「ゴールデンスランバー」のキム・ウィソン、「未成年」のヨム・ジョンア。また、ドラマ『イカゲーム』のイ・ジョンジェ、「頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンがカメオ出演している。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田『未体験ゾーンの映画たち2022』で上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
歌手、さだまさしの小説集「解夏」の中の同名作品を映像化したヒューマンドラマ、主演は緒方直人。さだまさしと父との思い出を元に描かれた。祖父のアルツハイマーで崩壊寸前だった一家がゆっくり再生してゆく...。田中光敏監督。107分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
カナダ、ケベックにある寄宿学校、名門音楽学校として有名だったが採算が合わないと閉鎖の危機になってしまう。そんな中、校長の姪アリスが入学してきた、彼女は天性のピアニストの才能を開花させていく...。2015年劇場公開、PG-12、レア・プール監督、103分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「花と蛇3」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

花と蛇3の紹介:2010年製作の日本映画。官能小説の古典として知られる団鬼六による同名作を映画化した人気シリーズの第3弾。才気あふれるチェリストが、いびつな快楽の世界に誘われていくさまを、妖艶なタッチで描き出す。ストリップへの出演などで話題を呼んだ小向美奈子が緊縛調教を受けるヒロイン役を熱演。人気読者モデル・小松崎真理との濃厚レズシーンも披露。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画おかあさんといっしょ すりかえかめんをつかまえろ!の紹介:2020年製作の日本映画。人気子ども番組『おかあさんといっしょ』の映画版。観客が一緒に歌ったり踊ったりする体験型・参加型ファミリー映画。ゆういちろうお兄さんたちは、久しぶりによしおお兄さんと再会する。一緒に遊んでいると、よしおお兄さんは突然、ある動物になってしまう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
花と蛇2 パリ/静子の紹介:2005年製作の日本映画。団鬼六の小説を鬼才、石井隆監督が映画化した官能作の第2弾。狂気の愛をテーマに、危険な三角関係に陥る人妻の姿を描出。杉本彩が前作以上に過激なSMに挑む! ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
花と蛇(2003年)の紹介:2003年製作の日本映画。東映ビデオによる映画版で、杉本彩が主役。団鬼六のSM小説を鬼才・石井隆監督が新たに映画化。貞淑な人妻が性の調教を受ける姿をハードに描く。ヒロインに扮した杉本彩の、フルヌードにとどまらない熱演も話題だ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
女の機嫌の直し方の紹介:2019年製作の日本映画。AI(人工知能)研究者・黒川伊保子のベストセラー『女の機嫌の直し方』を原案にしたコメディ。AIを研究する愛は、データ収集のためアルバイトする結婚式場で、新婦の不機嫌の理由がわからない新郎らの相次ぐ男女トラブルを脳科学を駆使して解決していく。お笑いタレントの横澤夏子が脚本協力。劇場公開に先駆け、2019年3月16日より連続ドラマ版が放映された。『ヒルナンデス!』などのバラエティ番組の演出を手がける有田駿介が、ドラマ版に続き監督。「忘れないと誓ったぼくがいた」の早見あかりが、大学生の愛を演じる。第11回沖縄国際映画祭TV DIRECTOR'S MOVIE部門出品、おーきな観客賞に輝く。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたことの紹介:2008年製作のアメリカ映画。 子育ての予行演習のつもりで犬を飼い始めた新婚夫婦と、ラブラドール・レトリバーの愛ときずなを描く感動作。愛犬との生活を通し、結婚生活をめぐる普遍的な悩みや問題を描き出したベストセラー・エッセーを映画化。監督は『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル。主人公夫婦を『ダージリン急行』のオーウェン・ウィルソンと「フレンズ」のジェニファー・アニストンが演じている。泣いて笑って、最後は温かい気持ちになれる一作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
花と蛇 白衣縄奴隷の紹介:1986年製作の日本映画。知人の紹介で訪ねた歯科医に麻酔をかけられ、SMの調教を受けるOLの姿を描く団鬼六の原作の映画化で、脚本は「花と蛇 飼育篇」の 掛札昌裕、監督は「団鬼六 蛇と鞭」の西村昭五郎、撮影も同作の野田悌男がそれぞれ担当。シリーズ第4弾。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
花と蛇 地獄篇の紹介:1985年製作の日本映画。仲の悪かった継母と娘がある事件に巻き込まれ、それぞれが持っていた生まれついてのマゾヒスト、サディストの血を自覚、秘かな楽しみで結ばれるまでを描く。団鬼六の小説の映画化(昭和49年に谷ナオミ主演で映画化されている)で、脚本は「丸茂ジュンの痴女伝説」の桂千穂、監督は「宇能鴻一郎の桃さぐり」の西村昭五郎、撮影も同作の山崎善弘がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
花と蛇(1974年)の紹介:1974年製作の日本映画。SM作家・団鬼六の同名小説を映画化したもので、性倒錯の妖しい世界のアブノーマルな世界を描く。脚本は「実録エロ事師たち・巡業花電車」の田中陽造、監督は「ロスト・ラブ/あぶら地獄」の小沼勝、撮影は「巡業花電車」の小沼勝がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
魂萌え!の紹介:2006年製作の日本映画。桐野夏生のベストセラー小説を、「亡国のイージス」の阪本順治監督が風吹ジュン主演で映画化。人生の岐路に立たされた熟年女性が、さまざまな出会いを通し、己を見つめ直してゆくドラマ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×