ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

2013年に角田光代が発行した同名小説を映画化した本作。一人の若い女性が、恋人でもなくそんなに好きでもないけど「惚れてしまった」男性への片想い模様を描いた。主演は岸井ゆきの、共演は成田凌。10代〜30代女性の間でSNSを中心にクチコミで人気が広がりロングランヒットを記録した。今泉力哉監督、2014年公開作品。123分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2014年、フランス・ドイツ・スイス合作の映画。監督はオリヴィエ・アサヤス。大女優マリアはかつて自分を有名にした作品の出演を依頼される。しかし彼女の配役は昔演じた若く魅力的な主人公ではなく、主人公に破滅へと追い込まれる40歳の女性の役だった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
『サイドウェイ』『ファミリー・ツリー』のアレクサンダー・ペイン監督が100万ドルの当選を信じて疑わない父と、父の望みを叶えるためネブラスカ州リンカーンに向かおうとする息子の姿を描いたロードムービー。父親ウディを演じたブルース・ダーンはカンヌ映画祭で主演男優賞を受賞した。 ある時、100万ドルを贈呈するという通知を受け取ったウディは歩いてでも賞金を受け取りに行くと言って聞かなかった。胡散臭い通知を信じ込んでいる父の身を案じたデイビッドは、ウディをリンカーンまで連れて行こうと思い立つ。デイビッドは様々な人々と出会うなかで、意外な両親の一面を知ることになる。 ネタバレを読む
ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たちの紹介:2018年製作のカナダ&ベルギー合作映画。カンザス~ニューヨーク間に直線1600kmの通信回線を引き、株取引にかかる時間を0.001秒短縮することに情熱を注いだ男たちの実話。主人公で熱血漢のヴィンセントを演じるのは、『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジェシー・アイゼンバーグ。対して知性派のアントンを演じるのは、『ターザン:REBORN』のアレクサンダー・スカルスガルド。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

『子連れ狼』からインスパイアを受けた原作小説をトム・ハンクス、ポール・ニューマン、ジュード・ロウといった実力派キャストを迎えて映画化。監督は『アメリカン・ビューティー』『1917 命をかけた伝令』のサム・メンデス監督。

家庭では良き父であり良き夫のマイクには、マフィアの殺し屋という裏の顔があった。仲間から妻子を殺されたマイクは復讐を誓い、幼い息子と共に旅立つ。孤立無援のマイクは、ある危険な賭けに出るが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
きのう何食べた? 正月スペシャル 2020の紹介:2020年1月1日放送のテレビドラマ。2019年4月から6月まで放送された連続テレビドラマのスペシャル版。史朗と賢二は小日向に超高級焼き肉店へ呼び出される。そこで引き合わされたのは、史郎が大ファンの三谷まみだった。舞い上がる史朗に嫉妬した賢二は…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
山本周五郎原作の歴史小説を長編映画初監督となった小泉堯史がメガホンを取った一作。主演は寺尾聰、共演は宮崎美子、原田美枝子、三船史郎が演じ、スタッフは主に「黒澤組」と呼ばれた故黒澤明監督に従事した「黒澤組」が集結したことでも注目を浴びた。プロデューサーは黒澤久雄、衣装デザインは黒澤和子と黒澤家が一丸となった作品でもある。2000年劇場公開作品、91分。 ネタバレを読む みんなの感想が0件届いてます
「コヨーテ・アグリー」はアメリカの映画でニューヨークに実際にあるクラブバー「コヨーテ・アグリー・サルーン」を舞台に制作された作品です。ソングライターを目指してニューヨークに引っ越してきたヴァイオレット、生活費を稼ぐため、仕事を探しに「コヨーテ・アグリー」というバーを訪れる。そこは女性バーテンダーたちがカウンターの上でワイルドでセクシーなダンスをし、客に酒に浴びせるという過激なパフォーマンスが売りのバーだった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
義母と娘のブルース 2020年 謹賀新年スペシャルの紹介:2019年製作の日本テレビドラマ。桜沢鈴の4コマ漫画を綾瀬はるか主演で実写化した2018年の連続テレビドラマ『義母と娘のブルース』のスペシャル版。再就職から1年後、岩木亜希子は大阪、娘・みゆきは東京と離れて暮らしていた。そんなある日、クビを宣告された亜希子は、みゆきのアパートを訪れるが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
三浦しをんの原作小説を元に『まほろ駅前多田便利軒』のその後を描いた映画化第二弾。 まほろ駅前で便利屋をしている多田は居候の行天と暮らしている。ある時多田は行天の元妻・凪子に懇願され、娘のはるを預かることになってしまった。子供が苦手な行天ははるを避けていたが、三人は生活を共にするうちに少しずつ打ち解けていく。ところが、ある団体の調査を依頼されたことから、二人は思わぬ事態に巻き込まれてしまう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年日本の映画。監督は入江悠。ルポラーター鈴木大介の取材をもとに描いた肥谷圭介の漫画を実写映画化。少年院で出会ったカズキ、サイケ、タケオの3人は底辺の生活から抜け出すため、1人1000万円を稼ぐことを目標にし、犯罪者だけを狙った窃盗を繰り返し生活していたが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「未成年」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

未成年の紹介:2019年製作の韓国映画。「1987、ある闘いの真実」はじめ数々の作品に主演するキム・ユンソクが初めて長編作品監督に挑んだ人間ドラマ。父が同級生ユナの母であるミヒと不倫していることを知ったジュリは、ユナと口論。ユナは母がジュリの父の子を妊娠していることを明かしてしまう…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
任侠ヘルパーの紹介:2012年製作の日本映画。SMAPの草なぎ剛が極道者の老人介護ヘルパーを演じ、人気を博したテレビドラマが初の劇場映画化。テレビ版とは異なり、一度は堅気になった極道者が組のやり方に反発し、老人たちのためになろうと奮闘する姿を描く。ドラマ版に引き続いて登場の草なぎと黒木メイサ以外は、安田成美、夏帆ら新たな顔ぶれとなっている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
妻を亡くした男性が妻の遺言の「故郷の海に散骨してほしい」という願いに添い、仕事を辞めワンボックスカーで長崎まで向かうロードムービー。主演は今作が遺作となった高倉健。共演はビートたけし、田中裕子、佐藤浩一など、本作は大滝秀治も遺作となった。全編ほぼロケ撮影。美しい日本の風景も魅力のひとつ。2012年公開撮影、111分。降旗康男監督。 ネタバレを読む
×