ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

ラジオ番組のDJを務めるヒョンスの番組に、リスナーのシングルマザーから、会ったことのない父親に会いに行くべきだろうかと相談が寄せられる。ヒョンスが会いに行くべきとアドバイスしたその数日後、ヒョンスの家を訪ねてきたのは子供の手を引いたシングルマザーだった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
心を病んでいたエリナーはハドソン川にかかる橋から身を投げた。 幸い腕の骨折だけで済んだが、完治すると長かった髪をバッサリと切り落とし大学教授の父親の勧めで聴講生として大学に通い始める。 自らを新しい世界に置き自分を変えようともがくエリナーだったが・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
アンモナイトの目覚めの紹介:2020年製作のイギリス&オーストラリア&アメリカ合作映画。『ゴッズ・オウン・カントリー』で、2017年サンダンス映画祭ワールドシネマ監督賞など数々の賞を受賞したフランシス・リー監督の長編2作目。19世紀イギリスに実在した古生物学者メアリーを軸に、孤独に埋もれた女性2人が惹かれ合っていく様を描く。オスカー女優のケイト・ウィンスレットと、26歳にしてアカデミー賞4度のノミネートを誇るシアーシャ・ローナンが初共演で主演を務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
リトル・ブッダの紹介:1993年製作のフランス&イギリス合作映画。ブッダの魂を受け継ぐと告げられた子供たちが、彼の生涯に触れていくさまを通じて、輪廻転生のテーマに迫った大作。原案・監督のベルナルド・ベルトルッチが、「ラストエンペラー」「シェルタリング・スカイ」に続いて“オリエント三部作”の最終章を飾る作品として発表した。製作のジェレミー・トーマス、共同脚本のマーク・ペプロー、撮影のヴィットリオ・ストラーロ、音楽の坂本龍一、美術・衣装のジェームズ・アシュソンと、ベルトルッチ作品の常連が結集。そのほかのスタッフは、共同脚本に「ウインズ」のルディ・ワーリッツァー、編集に「JFK」のピエトロ・スカラ。出演は、本作でデビューした9歳の子役アレックス・ウィーゼンダンガー、「ドラキュラ」(92)のキアヌ・リーヴス、「アサシン」のブリジット・フォンダほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:チャンス商会 ~初恋を探して~
チャンスマートで働くキム・ソンチルは一人暮らしの頑固で偏屈な老人。ソンチルが住む町は再開発の機運が高まっていたが、ソンチルは断固反対だった。そんな彼の向かいに老女グンニムが越してきたことから物語は進展し始める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
スーパーノヴァの紹介:2020年製作のイギリス映画。『英国王のスピーチ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したコリン・ファースと、同賞へのノミネート経験があり『ラブリーボーン』などに出演したスタンリー・トゥッチが、理想的な恋人同士を演じるヒューマンドラマ。製作側からオファーを受けたトゥッチが、20年来の友であるファースに自ら脚本を手渡したことで共演が実現した。監督、脚本は、本作が2作目となるハリー・マックイーン。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
幼い頃、木陰に捨てられていたことで、普段の生活は規律的にしつつも植物嫌いになった女性が、あまりに荒れ放題の庭を見かねたアパートの管理人に1ヶ月以内に美しく整えるか、アパートを退去するかと二択をつきつけられ、はじめて植物や花に触れてゆき、心が変化してゆく様を描く。イギリス制作のロマンティック・ヒーリング・ドラマ。主演はジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、監督はサイモン・アバウド。2017年劇場公開作品、92分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
君は永遠にそいつらより若いの紹介:2020年製作の日本映画。芥川賞作家・津村記久子のデビュー小説を「あかぼし」の吉野竜平監督・脚本、佐久間由衣、奈緒共演で映画化。大学生のホリガイが、卒業前の何気ない日常の中で、暴力や児童虐待、ネグレクトなどの社会の闇と、痛みや哀しみに直面し、人生を見つめる物語。「“隠れビッチ”やってました。」から2作目の主演作に挑んだ佐久間由衣が、悩みが多いわけでもないが、何かが自分に欠けていると感じている、大らかでとぼけたホリガイを味わい深く演じている。ホリガイの大学の1年後輩で、過去に痛ましい経験をもつイノギ役には、「みをつくし料理帖」などで注目される奈緒。そのほか、小日向星一、笠松将、葵揚、森田想ら注目の若手俳優が共演している。特に苦労することもなく児童福祉の職業に就職が決まった主人公が、人との出会いを機に自分の人生を認識する自己確立の物語であり、また日常にひそむ悪意と向き合ったとき、人はどのように行動するのかを問われる社会派映画の側面もある。第33回東京国際映画祭の「TOKYOプレミア2020」に選出された話題作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ベルファスト
ベルファストの紹介:2022年3月25日公開のアイルランド&イギリス合作映画。第46回トロント国際映画祭で最高賞(観客賞)を受賞したヒューマンドラマ。1969年、激動の北アイルランド、ベルファストを舞台に、一人の少年が経験した暴動と分断が描かれる。『シンデレラ』などでメガホンをとり、俳優としても『TENET テネット』などに出演しているケネス・ブラナーが自身の体験を基に製作、監督、脚本を手掛けた。出演はカトリーナ・バルフ、ジュディ・デンチ、ジェイミー・ドーナンら。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:とんび

映画「とんび」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

重松清原作の同名小説を、阿部寛主演で映画化した一作。広島県備後市を舞台に1962年という高度成長期で最愛の妻を急に亡くし、男手一つで息子を育てる不器用な男の人生を描く。『糸』『護られなかった者たちへ』の瀬々敬久監督、2022年劇場公開作品、139分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ホン・ジョンへはチョンジュ女子刑務所で男の子を出産した。 妊娠中、精神を病んだ夫からDVを受けていた彼女は、夫がバットを持ち出した時、自身とお腹の子どもを守るため夫を突き飛ばし、ガラステーブルに頭を強打した夫が死んでしまったことから、妊娠した状態で服役していたのだった。 そんなジョンへは慰問にやって来た合唱団の歌声に魅了され、所長に合唱団を作りたいと訴え、メンバーを集め始めたのだが・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
シェルタリング・スカイの紹介:1990年製作のイギリス映画。失われた夢を取り戻すためにやってきたはずのアフリカで、愛を見失って彷徨うアメリカ人夫婦がしだいに切り離されてそれぞれの孤独な内面を露わにしてゆく姿を描く、ベルナルド・ベルトルッチの「ラストエンペラー」に続く監督作品。エグゼキュティヴ・プロデューサーはウィリアム・アルドリッチ、製作はジェレミー・トーマス、脚本はポール・ボウルズの原作を基にベルトルッチとマーク・ペプローの共同、撮影は「ディック・トレイシー」のヴィットリオ・ストラーロ、音楽は坂本龍一が担当。出演はデブラ・ウィンガー、ジョン・マルコヴィッチほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
友だちのうちはどこ?の紹介:1987年製作のイラン映画。友だちのノートを間違って家に持ち帰ってしまった少年が、ノートを返すため友だちの家を探し歩く姿を描いた、子供についての映画。脚本、編集、監督はアッバス・キアロスタミ。一九八七年のテヘラン映画祭で最優秀監督賞などを授賞し、彼の名はイラン国内で不動のものとなり、八九年のロカルノ国際映画祭で五つの賞を総なめにし、イラン映画の水準の高さを世界に示した。撮影はファルハッド・サバ。素人しか起用しないことで知られるキアロスタミは、この作品でもカスピ海に近い小さな村の子供たちを使っている。主人公の少年にはババク・アハマッドプール、隣の席の少年には、その弟のアハマッド・アハマッドプールが扮している。キネマ旬報ベストテン第八位。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
自分のせいで妻を死に追いやり、娘に対しても接し方を誤って育ててしまった松太郎は、アパートの隣の女の子が虐待を受けていることを知り、その子に対し自分の罪を償うかの如く接し、その子を助ける為に旅に連れ出す。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×