ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

もとは韓国の舞台作品だった同名作を映画化した一作、パク・クァンヒョンの長編デビュー作である。韓国では観客を800万人動員する大ヒット作となった。音楽は久石譲がつとめている。1950年代、朝鮮戦争を中心に戦うもの同士の南北朝鮮兵、アメリカ兵が山奥の穏やかな村で友情を育む物語。2006年公開作品、132分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
山田洋次監督が2009年に公開した日本映画になる。故市川崑が撮った1960年の同名映画からオマージュを受けた一作となる。しっかり者の姉と、風来坊な弟との一癖ありながらも心温まる日々が綴られる。第60回ベルリン国際映画祭でクロージング作品として上映された。吉永小百合主演、笑福亭鶴瓶共演。126分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ストロボ・エッジ」「ヴァイブレーター」など濃厚な人間描写が特徴的な唐木隆一がメガホンを取った一作。歌舞伎町にある寂れたラブホテルでの一日を描いた群像劇である。トロント国際映画祭で封切られた。日本では2015年劇場公開された、135分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
弱虫ペダルの紹介:2020年製作の日本映画。累計発行部数が2500万部を超える同名スポーツ漫画を、King & Princeの永瀬廉主演で実写映画化。運動が苦手で友だちがいないアニメ好きの高校生が、自転車競技部に入部したのを機に、仲間とともに成長していく姿を描く。主人公の小野田坂道を永瀬が、坂道のよき仲間でライバルの今泉俊輔を伊藤健太郎が、自転車競技部のマネージャーである寒咲幹を橋本環奈が演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
一人の女性にアメリカから届いた一通の手紙、それは母が今は亡き祖父に向けて真夏に空に輝く「オリオン座」に想いを託し作った曲だった。女性はなぜ母の楽譜がアメリカにあったのか、祖父の足跡を巡ってゆくヒューマンドラマ。原作小説は池上司の「雷撃深度十九・五」。篠原哲雄監督、2009年劇場公開作品。119分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
会社を退職したみのりは、大分県で茶園を営む祖父・修造が倒れ急な手術となり、修造に代わって茶作りに奮闘する。 そんなみのりを農水省から赴任してきた大宮が、身分を明かさずサポートし、市役所の担当者を巻き込んで有機農法によるお茶作りを目指す。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
F1レーサーを目指す青年と愛犬の絆を描くヒューマンドラマ。ケビン・コスナーがエンツォの声を務め、『ロッキー・ザ・ファイナル』やTVシリーズ『HEROES/ヒーローズ』のマイロ・ヴィンティミリア、『マンマ・ミーア!』シリーズのアマンダ・セイフライドが主人公の夫婦役を演じる。 F1レーサーを目指す青年デニーは、ある日1匹の子犬と出会った。デニーは子犬をエンツォと名付け、いつしか相棒のような絆を深めていく。妻子にも恵まれ、幸せな生活を送るデニーだったが、そんな一家を思わぬ災難が待ち受けていた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:野球少女
野球少女の紹介:2021年3月5日公開の韓国映画。ドラマ『梨泰院クラス』のイ・ジュヨンがプロを目指しガラスの天井に挑む天才野球少女を演じたスポーツドラマ。速球とボールの回転力が武器のチュ・スインだったが、女子であることを理由にプロテストを受けられず、周囲は反対。それでも決して諦めず……。イ・ジュヨンは撮影前に約40日間訓練を重ね、劇中の全ての野球のシーンを自らこなした。スインを支えるコーチをドラマ『秘密の森』のイ・ジュニョクが、スインの母を「無垢なる証人」のヨム・ヘランが演じる。監督は、本作が初長編のチェ・ユンテ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映像の魔術師、フォン・カーウェイが描く既婚者同士の切ない恋模様を描いた一作。1960年の香港を舞台に、夫が帰らない妻、妻が不在気味の夫がそれぞれの相手を覗き見ることで心をゆっくりと通じ合わせていく。トニー・レオン、マギー・チャン主演。モントリオール国際映画祭最優秀映画賞獲得。2001年劇場公開作品。98分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:世界で一番しあわせな食堂
北欧フィンランドの”ポポヤンヨキ”に辿り着いたワケあり中国人親子と、現地に住む小さな食堂を営む女主人と常連客たちとの心の交流を描く。中国人シェフが作る「医食同源」をもとにした心と身体を芯から温める料理も魅力的。ミカ・カウリスマキ監督、フィンランド、イギリス、中国共同製作映画。114分。2021年劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:あのこは貴族
あのこは貴族の紹介:2021年2月26日年公開の日本映画。山内マリコの同名小説を基にした、「グッド・ストライプス」で新藤兼人賞金賞を獲得した岨手由貴子監督による人間ドラマ。都会生まれの箱入り娘・華子と地方から上京し自力で都会を生き抜く美紀。境遇の異なる二人が巡り合い、自分の人生を切り開こうとする。結婚こそが幸せと信じていた箱入り娘・華子を同じく山内マリコ原作の「ここは退屈迎えに来て」に出演した門脇麦が、上京組ながら都会にしがみつく意味を見いだせない美紀を「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」などに出演、モデル・デザイナーとしても活動する水原希子が演じ、違う階層に生きる女性たちの葛藤と成長を描く。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:カポネ

映画「カポネ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

カポネの紹介:2021年2月26日公開のアメリカ映画。実話に基づき、伝説のギャング、アル・カポネの最晩年を描いたドラマ。1940年代半ば。長い服役生活を終え、フロリダの大邸宅で家族や友人たちに囲まれ、静かに隠居生活を送るカポネ。だが、そんな彼をFBIはいまだに危険視し、監視を続けていたが……。出演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディ、「ハウス・ジャック・ビルト」のマット・ディロン、『ツイン・ピークス The Return』のカイル・マクラクラン。監督・脚本は「クロニクル」のジョシュ・トランク。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×