ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画「明日へ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

“売り上げ一位の名誉にかけて頑張りましょう”。パート従業員を前にして大型スーパー/ザ・マートの店長は朝礼で声を上げた。 店長はハン・ソニを壇上に呼んで、ソニが5年間あらゆる業務を減点一つなくこなしてきたことを評価し、サービスセンターで3か月間の勤務後正社員になることを発表した。 そして壇上に上げたソニに指揮をとらせ従業員たちに「お客様に感動を。会社の繁栄が・私たちの繁栄です」とシュプレヒコールをやらせた。 しかしソニはこのあと解雇通告を受け、同僚たちと一致団結し大企業を相手に解雇撤回を求める行動を起こす。 “明日へ”は、2014年公開の韓国映画。 監督/プ・ジヨン 脚本/キム・ギョンチャン ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「フラワーショウ」は2014年公開のアイルランドで制作された映画です。監督はビビアン・デ・コルシイが担当し、実在するランド・エスケープデザイナーのメアリー・レイノルズをモデルに作られ、ガーデンデザイナーを目指す一人の無名の女性のサクセスストーリーを描いた作品です。アイルランドの大自然の中、伸び伸びと育ったメアリー、大人になったメアリーは著名なガーデンデザイナーのシャーロットのアシスタントに就職します。シャーロットの元で次々と斬新なデザインを描いていきますが、ある日、いきなりメアリーはクビにされ、しかも大切なデザインブックを取られてしまいます。メアリーは落ち込みますが、奮起し、ガーデニング大会の最高峰の「チェルシー・フラワーショウ」を目指します。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「山の郵便配達」は1999年に中国で製作された映画。原作はポン・ジェンミンによる同名短編小説を元に作られた作品です。2002年日本アカデミー賞の外国映画賞や、モントリオール世界映画祭など多くの映画賞にノミネートされ、中国映画界の最高賞の金鶏賞の主演男優賞(父親役)を受賞しています。中国の山岳地帯で郵便配達をする父、足を悪くし退職を決め、後を継ぐ息子と共に最後の配達の旅に出ます。配達の道のりは3日で120キロを歩く険しい道のり、息子は同行する父の背中を見ながら多くのことを学んでいきます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
火事で両親を亡くし、精神を病んだ優子は蒲田に引っ越してきて、気ままに生きながらもそこで様々な悩みを抱えた男たちと出会う。 この映画は、第96回文學界新人賞受賞作の「イッツ・オンリー・トーク」(絲山秋子著)を基にしたもので、東京蒲田を舞台に精神に躁鬱の病を持つ35歳の独身女の日常を描いている。2006サンダンス映画祭 ワールドシネマコンペティション、2006ドーヴィル映画祭、第35回ロッテルダム国際映画祭、第17回シンガポール国際映画祭、第6回東京フィルメックス/TOKYO FILMeX200、第30回湯布院映画祭正式出品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:その日、カレーライスができるまで
その日、カレーライスができるまでの紹介:2021年9月3日公開の日本映画。監督としても活動する齊藤工が企画・プロデュース、リリー・フランキーがワンシチュエーションでほぼ一人芝居をする人間ドラマ。三日後に迫った妻の誕生日に食べる特製カレーを仕込む男。愛聴するラジオ番組に向けて、三日目のカレーについてメールを綴る。監督は、齊藤工が企画・プロデュース・出演した「MANRIKI」を手がけた清水康彦。齊藤工の初監督短編「半分ノ世界」以降数々の作品で組む金沢知樹が劇団スーパー・エキセントリック・シアターの野添義弘還暦記念公演に向け書き下ろした戯曲を原案にしている。『HOME FIGHT』(16分)も放映あり。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スザンヌ、16歳
スザンヌ、16歳の紹介:2021年8月21日公開のフランス映画。2020年カンヌ国際映画祭の「オフィシャルセレクション」に選定されて話題を呼んだ、20歳の新人女性監督スザンヌ・ランドンの脚本・監督・主演映画。パリ・モンマルトルを舞台に高校生が年の離れた大人の男性に恋をする、ひと夏の物語。スザンヌ監督は15歳の時に本作の脚本を執筆。誰にも打ち明けられず、自身の内側に抱えていた思春期の憂うつや恋愛への憧れを昇華させた。この脚本を元に19歳で映画制作に着手し、主演として複雑で不安定な少女の内面を体現、また監督として、その繊細さを瑞々しくスクリーンに映し出した。この若き才能のもと、「BPMビート・パー・ミニット」でナタンを演じたアルノー・ヴァロワや、「17歳」「おもかげ」のフレデリック・ピエロほか、コメディ・フランセーズの役者など実力派俳優たちが結集。また音楽をヴィクトワール賞(フランス版グラミー)の最優秀アルバム賞を獲得した実力派シンガー・ソングライター、ヴァンサン・ドレルムが担当した。ダンスを介した男女のやり取り、現代演劇の挿入のほか、映画、文学、舞台、音楽といったあらゆるカルチャーの名作へのオマージュを盛り込みながら、新世代のやわらかくも鋭い感性で綴られた本作。時代を超え、年齢や性別を超えて誰の心にも通じる普遍性と斬新さをあわせ持つ、まったく新しい映画。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1965年3月。マーティン・ルーサー・キングJr.牧師の指導の下、黒人の有権者登録妨害への抗議デモがアラバマ州セルマで起こった。 約600名ものデモ隊に対し州知事は、州警察や民兵隊や騎馬警察を使い、催涙弾を撒き一方的な暴力で鎮圧した。 しかしこの映像が全米のテレビで放映されると大きな反響を呼び、結果大統領も腰を上げざるを得ない状況となって行く。   2014年のアメリカの歴史ドラマ映画。ポール・ウェブによる脚本をエイヴァ・デュヴァーネイが改稿・監督。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:沈黙のレジスタンス ~ユダヤ孤児を救った芸術家~
沈黙のレジスタンス ~ユダヤ孤児を救った芸術家~の紹介:2021年8月27日公開のアメリカ&イギリス&ドイツ合作映画。パントマイムの神様と呼ばれ、のちのエンターテインメントに多大な影響を残したマルセル・マルソーの、若き日のレジスタンス運動の真実を描く感動作。『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞にノミネートされたジェシー・アイゼンバーグがマルセルを演じるほか、『TENET テネット』のクレマンス・ポエジー、『ワルキューレ』のマティアス・シュヴァイクホファーらが出演。監督はベネズエラ出身のジョナタン・ヤクボウィッツ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「アンティークの祝祭」は2020年公開のフランス映画です。監督は「やさしい嘘」や「パパの木」のジュリー・ベルトゥチェリの作品。フランスきっての名女優カトリーヌ・ドヌーブと娘のキアラ・マストロヤンニの母娘が共演したことでも話題になりました。フランスの片田舎に、大量のアンティークのコレクションに囲まれて1人で住むクレール。ある夏の日、クレールは「今日が自分の最期の日」だと悟ります。そこで、長年集めてきた様々な思い出のあるアンティークの品々を全てカレッジセールで売り出すことにします。すると、そこに友人の連絡を受けたクレールの娘のマリーが20年ぶりに母親の前に現れます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:テーラー 人生の仕立て屋
テーラー 人生の仕立て屋の紹介:2021年9月3日公開のギリシャ&ドイツ&ベルギー合作映画。紳士服の仕立て一筋の寡黙な男が依頼を受け、ウェディングドレス作りに挑戦する物語を描く。監督、脚本を務めたのは女性監督、ソニア・リザ・ケンターマン。主演は2011年ギリシャ映画アカデミー賞で最優秀助演男優賞を受賞したディミトリス・イメロス。また、アゼルバイジャン共和国出身で、ギリシャの大ヒットテレビシリーズ「10i entoli」などに出演するタミラ・クリエヴァが共演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
忠臣蔵外伝 四谷怪談の紹介:1994年製作の日本映画。鶴屋南北原作の怪談「東海道四谷怪談」を、原点に帰って忠臣蔵の物語と融合させ、元赤穂藩侍の民谷伊右衛門と湯女・お岩との恋愛劇の中に四十七士の吉良邸討ち入りのドラマを織り込んだ時代劇。監督は「いつかギラギラする日」の深作欣二。脚本は深作と古求の共同、撮影は石原興が担当。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第2位、同読者選出日本映画ベストテン第2位。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「わがままなヴァカンス」は、2020年公開のフランス映画です。16歳の少女が体験する刺激的なひと夏を描いた青春映画です。監督は「プラネタリウム」や「美しい棘」のレベッカ・ズロトヴスキが監督と脚本を担当しています。16歳のネイマは明日に夏休みを控えていたある日、自宅に22歳の従妹のソフィアがやって来ます。ソフィアと久々に再会しますが、彼女は以前とは変わっており、魅力的で妖しい雰囲気の美女になっていました。夏休みの間、ソフィアと行動を共にするネイマは、奔放で魅力的な彼女に憧れ、少し危険で大人な世界を経験します。     ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
坂口安吾原作の「肝臓先生」を、巨匠今村昌平がメガホンを取った一作。当初、主役は今村組の常連、北村和夫に決まっていたが三國連太郎に変更になったが降板により、焦点が当たったのは共演が決まっていた柄本明であった。しかし本作は柄本の代表作のひとつとなり、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をはじめ映画賞を総なめにした。昭和20年を舞台に肝臓炎の研究に文字通り走り回り尽力した町医者と人々のコミカルなヒューマンドラマ、1998年劇場公開作品、129分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「金閣寺」「潮騒」と数々の名作を世に出し、アカデミー文学賞も獲れると称されていた三島由紀夫、しかし彼は1968年、自衛隊国軍化を叫ぶため彼が集めた「楯の会」メンバーと共に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地へと向かい演説をしたのち、割腹自殺を遂げる。彼に、そして彼を囲む若者たちになにがあったのか?若松孝二が描く三島由紀夫とは?主演は本作を撮るにあたり「ARATA」から本名に変えた井浦新、共演は満島真之介、寺島しのぶなど。2012年劇場公開作品。119分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×