ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

岩手県上閉伊郡大槌町にぽつんと建つ電話ボックス、それが「風の電話」。風の電話では、もういない家族に向けて電話が掛けられると言われている。2011年に起こった東日本大震災で家族を亡くした少女が、17歳となり亡くなった家族へ言葉を伝えるべく、風の電話へ向かうが気持ちが落ち着かない。たどり着く前に出会った人々との交流、そして辿り着いた彼女が感じたこととは...?第70回ベルリン国際映画祭国際審査員特別賞を受賞。主演はモトーラ世理奈、諏訪敦彦監督、2020年劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2021年配信のアメリカ映画。全編白黒で、パンデミックの最中の制限下の中で初めて制作された映画。監督はサム・レヴィンソン。出演は「スパイダーマン」シリーズのゼンデイヤ、「テネット」などのジョン・デヴィッド・ワシントン。 マルコムの監督した映画のプレミア上映が終わった夜。家に帰ってきたマルコムとマリー。大好評だったと興奮するマルコムに対して不機嫌を隠そうとしないマリー。原因はスピーチでマリーへの感謝の言葉を忘れたこと。そこから二人の激しい口論が始まっていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
青山勝人(まさと)はある日突然、脳幹に腫瘍が見つかり早ければあと3日の命と言われてしまう。勝人は幼いころから入院していて骨肉腫を患い、あとひと月の命だという白石春海と出会う。勝人はまだ海を見たことがないという春海を病院から連れ出し海へと向かうが・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-の紹介:2019年製作の日本映画。EXILE HIRO、SSFF&ASIA代表・別所哲也、作詞家・小竹正人によって打ち出された詩と音楽、映像を一つに融合するプロジェクトの第3弾。運命と奇跡が生み出した出会いや、青春ラブストーリー、ヤクザと娼婦の物語など短編5話のオムニバス。監督は、「ハナレイ・ベイ」の松永大司、「リバーズ・エッジ」の行定勲、「ラプラスの魔女」の三池崇史、「40万分の1」の井上博貴、「東京彗星」の洞内広樹。出演は、三代目J SOUL BROTHERSの今市隆二、「たたら侍」の小林直己、「悼む人」の秋山菜津子、「この道」のEXILE AKIRA、「鋼の錬金術師」の蓮佛美沙子、「4月の君、スピカ。」の佐野大樹、「虹色デイズ」の佐野玲於。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して」は2011年にアメリカで制作されたコメディー映画です。マーク・オブマシックの小説『ザ・ビッグイヤー』を原作にしています。監督は「プラダを着た悪魔」、「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと 」などのデヴィッド・フランケル、主演はジャック・ブラック、オーウェン・ウィルソン、スティーヴ・マーティンです。北米最大の野鳥観測大会「ザ・ビッグ・イヤー」に情熱を燃やす3人の男たちの1年を追ったドタバタコメディーです。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
茜色に焼かれるの紹介:2021年製作の日本映画。石井裕也監督が、尾野真千子主演で撮り上げた激しくも切ない魂のドラマ。7年前、理不尽な交通事故で夫を亡くした良子と中学生の息子・純平。花屋のバイトと夜の仕事の掛け持ちを続ける良子だったが、それでも家計は苦しく、そのせいで純平はいじめにあっていた。共演は「君が世界のはじまり」の片山友希、「エルネスト」のオダギリジョー、「星の子」の永瀬正敏。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
新人文学賞を受賞したものの2作目が書けない赤松雀は愛媛県宇和島の実家に戻り、図書館の自転車課(図書配達課)で働いている。周りからは2作目を期待する声もあるが、それが逆にプレッシャーにもなっており、自転車課での仕事ぶりもいい加減なものだった。 丁度宇和島では宇和島伊達家400年祭が迫っており、雀も大武者行列で使用される衣装の模様が記された伊達家の資料を限られた時間内に探し出さねばならなくなる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:やがて海へと届く
岸井ゆきの、浜辺美波主演の青春映画。東日本大震災前日に、突然行方不明になった友人を探して彼女を探しにいった主人公が知る、友人の隠された”秘密”を描く物語。原作は彩瀬まるによる日本の小説である。中川龍太郎監督、2022年劇場公開作品、R-12指定。126分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
レオは大学を1年間休学してハワイ島のホノカアで映画館に住み込み働いていた。ここは以前別れた恋人と訪れた地だ。その時の街の雰囲気が忘れられずに戻って来たのだ。 物語は穏やかな街の人たちとのふれあいや、屈託のないマライアへの恋心を織り交ぜながら穏やかに綴られていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
僕は友達が少ないの紹介:2014年製作の日本映画。“はがない”の愛称で知られ、テレビアニメ化もされた平坂読の人気ライトノベルを、瀬戸康史&北乃きい主演で実写映画化した青春コメディ。キャラクターが強すぎるがゆえに友達のいない高校生たちが、友達作りを目的とした“隣人部”を作り、そこに集まってきた個性的すぎる仲間たちとの交流を通して、成長していく姿が描かれる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
医療ヒューマンドラマ「神様のカルテ」の続編となる本作は、本庄病院で内科医として勤務する栗原一止がのもとに、大学時代の旧友でありエリート医師の進藤辰也が赴任してくる。しかし辰也は定時に帰り緊急の対応にも応じようとしなかった。学生時代とは打って変わった辰也の姿に不眠不休で医療の現場と向き合う一止は衝突してしまう。そんな最中一止の恩師である貫田が過労で倒れてしまい・・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ファーザーの紹介:2020年製作のイギリス&フランス&アメリカ合作映画。『羊たちの沈黙』、『2人のローマ教皇』などの名優アンソニー・ホプキンス主演作。世界30ヶ国で上演された傑作舞台の映画化で、同舞台を手がけたフロリアン・ゼレールが自らメガホンをとり、映画初監督を務めた。御年83歳のホプキンスが自身と同名、同年齢の父を、『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞を受賞したオリヴィア・コールマンが父を支える娘を演じる。第78回ゴールデングローブ賞では4部門にノミネートされた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」は2018年にアメリカで公開されたドラマ映画です。監督はブレット・ヘイリー、主演は「シティ・オブ・エンジェル」や「シン・シティ」のニック・オファーマンとカーシー・クレモンズです。昔、売れないミュージシャンだったフランク・フィッシャーは妻を自転車の事故で亡くし、男手一つで娘のサムを育ててきました。ある日、フランクはサムが書いた「ハーツ・ビート・ラウド」という曲を2人で演奏します。フランクはそれの歌を音楽配信サービスの「spotify」にアップロードします。すると、予想外の大きな反響があり・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「ディセンバー・ボーイズ」は2007年オーストラリアで制作された青春映画です。原作はマイケル・ヌーナンの同名小説。主演は「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ。1960年代のオーストラリア、カトリック教会付属の孤児院で暮らしているマップス、ミスティ、スパークス、スピットは共に12月生まれのため「ディセンバー・ボーイズ」と呼ばれていました。ある夏の日、12月生まれの誕生日祝いとして夏休み旅行をプレゼントされます。行先は海辺に住む厳格なカトリック信者のマクアンシュ夫妻の家でした。初めての旅行でワクワクする4人、海、大自然に囲まれた地で様々な出会い、経験を通して成長していく彼らたち・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×