ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:ベイビー・ブローカー
「万引き家族」の是枝裕和監督最新作は、「パラサイト/半地下の家族」の主演を務めたソン・ガンホ。何らかの理由で子供が育てられないと新生児を預かる「ベイビー・ボックス」を巡って、ブローカーの男と、周りの様々な人間模様が炙り出されるヒューマンドラマ。是枝監督、初の韓国映画作品となる。2022年6月劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:PLAN75

映画「PLAN75」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

PLAN75の紹介:2022年6月17日公開の日本&フランス&フィリピン&カタール合作映画。近い将来の日本を舞台に、自らの生死を選択できる“プラン75”という制度に翻弄される人々を描く。これが長編初監督となる早川千絵が脚本も兼務し、第75回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に出品された。主人公のミチを演じるのは「男はつらいよ」シリーズの倍賞千恵子、制度に疑問を抱く若い世代のヒロムと瑶子を『ヤクザと家族 The Family』の磯村勇斗、『由宇子の天秤』の河合優実が演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
マグノリアの紹介:1999年製作のアメリカ映画。L.A.郊外のある1日、10数人の男女が織りなす人生模様を、観客の意表を突く意欲的で斬新な語り口で綴った群像劇。監督・脚本は『ハード・エイト』(V)「ブギーナイツ」のポール・トーマス・アンダーソン。主題歌は実力派ソングライターのエイミー・マンで、本作の着想は彼女の同名歌によるものという。音楽は彼女の夫であるジョン・ブライオンで映画音楽は本格的には本作が初めて。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:メタモルフォーゼの縁側
夫に先立たれた75歳の老婦人、雪がとある本屋で手に取った漫画は「BL」だった。その後、書店でバイトし同じくBLを愛する17歳の女子高生、うららとの交流を通じて、年齢差を超えた絆を深めていく。好きなものを追いかけるのに、性別も年齢も関係ない!青春ヒューマンドラマ。主演は芦田愛菜、宮本信子。監督は狩山俊輔、脚本は岡田惠和。2022年劇場公開作品。118分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
水の中のつぼみの紹介:2007年製作のフランス映画。パリ郊外の新興住宅地を舞台に、10代の若者の微妙な心の揺れやみずみずしい美しさをスクリーンに焼き付けた青春映画。3人の少女たちが織り成すひと夏の微妙な人間関係を、同性への恋心やセックスへの憧憬も含めて描き出す。男女を惑わす色香を放つ少女を演じるのは『クロエの棲む夢』のアデル・ヘネル。監督はこれがデビュー作となる27歳のセリーヌ・シアマ。刻々と変化しつつある10代の気分を鮮やかに切り取った監督の手腕がさえる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
お受験 OJUKENの紹介:1999年製作の日本映画。娘の小学校受験と父親のリストラ、平和な家庭に起こった騒動をコミカルに描くファミリー・ドラマ。監督は「シャ乱Qの演歌の花道」の滝田洋二郎。脚本は「ショムニ」の一色伸幸。撮影を「しあわせになろうね」の栢野直樹が担当している。主演は、「RUN&RUN」の矢沢永吉と「大阪物語」の田中裕子、映画初出演の子役・大平奈津美。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:はい、泳げません
子供の頃のトラウマが元で、カナヅチなのに能書きを垂れ泳ぐことから逃げてきた哲学者がひょんなことから水泳教室へ通うことになる、そこで出会った一人の水泳講師の女性との交流を描く。主演は長谷川博己、共演は綾瀬はるか。渡辺謙作監督、2022年6月劇場公開。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
夢千代日記の紹介:1985年製作の日本映画。広島で胎内被爆し、余命いくばくもない芸者のもっと生きたいという願いと、彼女と殺人犯の愛を山陰の温泉町を舞台に描く。NHKで3回にわたってドラマ化された『夢千代日記』の完結編。脚本は「天国の駅」の早坂暁、監督は「暗室」の浦山桐郎、撮影は「伽耶子のために」の安藤庄平がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
トムボーイの紹介:2011年製作のフランス映画。田舎に引っ越してきたのを機に自分を男の子だと周囲に信じ込ませたボーイッシュな女の子を巡る騒動を描いた成長物語。監督は「水の中のつぼみ」のセリーヌ・シアマ。出演はゾエ・エラン、マローン・レヴァナ、マチュー・ドゥミ。第61回ベルリン国際映画祭テディ賞審査員賞受賞。2011年10月7日より、東京・南青山スパイラルホールにて開催された「第20回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」にて10月8日上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
明日、キミのいない世界での紹介:2019年製作の日本映画。多くの人気YouTuberを擁する事務所UUUMの所属クリエイターたちによる初の映画作品。主演にアバンティーズのリーダーであるそらちぃ、その幼なじみ役に東海オンエアのリーダーであるてつやを迎え、高校生たちのほろ苦くも思い出深いひと夏の体験を描く。監督を務めるのは、ディレクター系YouTuberのHiROKi。共演に三戸なつめ、小林万里子ら。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「洗骨」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

お笑い芸人、ガレッジセールのゴリこと「照屋年之」名義で、監督・脚本を担当した沖縄を舞台とした、亡くなった人の骨を洗うことで離島の風習を軸として家族の絆を紡ぐ人間ドラマ。主演は奥田瑛二。第40回モスクワ国際映画祭正式出品。2019年劇場公開作品。111分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
スイートプールサイドの紹介:2014年製作の日本映画。「惡の華」の人気漫画家・押見修造の同名作を『男子高校生の日常』の松居大悟監督が映画化した青春ストーリー。高校生になっても毛が生えない男子生徒と毛深い女子生徒という、“毛”にまつわる悩みを抱えた2人の高校生たちの姿を、コミカルかつエッチなムード満載に描き出す。モデルとしても活躍する刈谷友衣子がヒロインを務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
新潟県を舞台として、実話を元にして作られたヒューマンドラマ、主演は高良健吾、共演は谷村美月。引きこもりだった兄が、白血病の妹のために街の花火大会で大きな花火を打ち上げるまでの経緯を丁寧に描き出す。国本雅広監督、2010年劇場公開作品。119分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「女はみんな生きている」は2001年制作のフランスの映画です。監督は「赤ちゃんに乾杯!」などのコリーヌ・セロー、主演は「奇人たちの晩餐会」などのフランス女優カトリーヌ・フロです。エレーヌは夫ポールと暮らす平凡な主婦。ある夜、ポールと車に乗っていると、血まみれの女性がエレーヌたちに助けを求めます。しかし厄介事に巻き込まれたくないポールは車のドアをロックし、女性を見捨てます。女性は追ってきた男性たちに暴行され、意識を失ってしまいますが、ポールは助けることもなく車を発進させます。次の日、エレーヌは女性のことが気になり、警察に電話をし彼女が運ばれた病院を見つけ出します。その日からエレーヌは家に帰らず、付きっ切りで重症を負った女性の看病を始めます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×