ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

海沿いの町で家族4人で幸せに暮らしていた千恵子は、2011年3月11日に起こった東日本大震災によって夫とともにその生活を失ってしまう。しかしいつか夫が帰ってくると信じ懸命に明るく生きていた。娘の香苗はそんな千恵子の元を離れ名古屋に嫁いだが震災のトラウマから脱しきれずにいた。また息子の哲也は何でも震災のせいにして人生から逃げていた。そんな家族の前に父親への手紙を携えた韓国の青年が現れる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
パナマの貧困地帯からボクシングの世界チャンピオンまで上り詰めたロベルト・デュランと、彼を世界チャンピオンに押し上げた伝説のトレーナー、レイ・アーセル、またその家族の物語。2016年、アメリカとパナマで制作された伝記映画である。監督・脚本はジョナサン・ヤクボウィッツ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2012年公開のアメリカ映画。『サムサッカー』『20センチュリー・ウーマン』のマイク・ミルズ監督が75歳でゲイだとカミングアウトした父親と息子の葛藤を描いたヒューマンドラマ。父親ハルを演じたクリストファー・プラマーは本作でアカデミー賞助演男優賞を受賞した。 38歳で独身のオリヴァーは、75歳の父親ハルから突然ゲイだと告白された。ハルは恋人を作り新しい生活を謳歌するが、それから間もなくしてガンを患ってしまう。オリヴァーは病に倒れてもなお自分なりの人生を貫こうとした父の姿に背中を押され、みずから別れを告げた恋人のアナにもう一度向き合おうと決意する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「先生を流産させる会」や漫画原作の「ミスミソウ」など、センセーショナルなテーマを扱った作品の多い内藤瑛亮監督が、構想から8年の歳月を費やし、自主映画として製作した作品です。実際に起きたいじめによる複数の死亡事件を基に、普段は役者ではない子供たちを起用して撮り上げた内容は、見る者の胸に深く突き刺さります。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:あの頃。
あの頃。の紹介:2021年2月19日公開の日本映画。劔樹人の自伝的青春コミックエッセイ『あの頃。 男子かしまし物語』を今泉力哉監督×松坂桃李主演で映画化。大学院受験に失敗し、彼女なし、金なしのどん底生活を送る劔は、松浦亜弥のMVをきっかけにアイドルに魅せられ、仲間と共に情熱を傾けるが……。共演は「泣く子はいねぇが」の仲野太賀、「生きちゃった」の若葉竜也。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ある人質 生還までの398日
ある人質 生還までの398日の紹介:2021年2月19日公開のデンマーク&スウェーデン&ノルウェー合作映画。ISの人質となり、奇跡的に生還したデンマーク人写真家の実話を映画化。怪我で体操選手の道を断念したダニエルは、夢だった写真家に転身。シリアの非戦闘地域を訪れるが、ISに誘拐され、拷問を受ける。家族は巨額の身代金を用意するために奔走するが……。原作は、プク・ダムスゴーの『ISの人質 13カ月の拘束、そして生還』。監督は、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニールス・アルデン・オプレヴ。共同監督・出演は、「幸せになるためのイタリア語講座」出演のアナス・W・ベアテルセン。出演は、2017年ベルリン国際映画祭シューティング・スター賞を受賞したエスベン・スメド、「ストレイ・ドッグ」のトビー・ケベル。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「糸」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

糸の紹介:2020年製作の日本映画。中島みゆきの同名曲に着想を得て「菊とギロチン」の瀬々敬久監督が、菅田将暉&小松菜奈W主演で映画化。平成元年生まれの高橋漣と園田葵が13歳で出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を、平成史の変遷と共に映し出す壮大な愛の物語。共演は「ザ・ファブル」の山本美月、「前田建設ファンタジー営業部」の高杉真宙、「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の榮倉奈々。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:すばらしき世界(身分帳)
すばらしき世界の紹介:2021年2月11日公開の日本映画。直木賞作家の佐木隆三が実在の人物をモデルに執筆した小説「身分帳」を原案に、『永い言い訳』の西川美和監督が舞台を約35年後の現代に置き換えて映画化。役所広司が人生の大半を刑務所で過ごした殺人犯に扮し、刑期を終えて出所した彼の再出発の日々を綴る。殺人犯が更生していく様子をテレビ番組にしようと画策するディレクターを仲野太賀が、プロデューサーを長澤まさみが演じるほか、橋爪功、安田成美らが名を連ねる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年製作のイギリス映画。パキスタンからイギリスへ移民としてやってきたカーン一家。その息子ジャベドは小説家を目指して学校に通い、近所のイギリス人の友人とともに幼い頃から育つが、周りからはあからさまな差別を受けていた。そんな時、学校の同じパキスタン人の同級生ループスからある2本のカセットテープを借りると…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
イギリスやアメリカで多くの賞を受賞した人気TVシリーズの映画化。最終回から1年半後の1927年の出来事を描き、ヒュー・ボネビル、ミシェル・ドッカリーといった多くのキャストが続投した。 ダウントン・アビーに国王が来訪するという知らせが届き、クローリー家の人々は長女メアリーを中心に準備に追われていた。王室の使用人たちと対立したクローリー家の使用人たちは、名誉を取り戻すためにある大胆な計画を立てる。その一方で、国王の暗殺未遂や相続問題、使用人たちのスキャンダルなど様々な問題が巻き起こっていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
母親を“ある病気”で亡くし、親戚の家に引き取られた少女・フリダ。フリダは都会育ちで母親が入院中に祖父母に甘やかされて育っていた。そんなフリダに、叔父夫婦はてこずりながらも正面から愛情を注いでいき、遂にはフリダも自分の殻を脱ぎ捨て本当の家族になるのだった。 2017年製作/100分/スペイン ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
アルプスの大自然に囲まれおじいさんと楽しく暮していたハイジは、叔母さんに騙され大富豪の屋敷でお嬢様のクララの話し相手として預けられる。ハイジと暮らすうちにクララは明るくなっていくが、山に帰りたいハイジはホームシックになってしまい・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2013年公開の朝原雄三監督作品。主演は上戸彩で、相手役は高良健吾。2010年公開の「武士の家計簿」に続き、江戸時代の加賀を舞台とした、刀の代わりに包丁を握る実在した“包丁侍”のお役目を賜る舟木家の面々の物語です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×