ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

 ナチスドイツ時代に、ベルリンでホロコーストから逃れるために身分を隠しながら生活し、ゲシュタポや監視から目をくらまし生き残った1500人のユダヤ人の再現ドラマとインタビューを交互に映し出す映画、製作国はドイツ、2018年劇場公開作品、クラウス・レーフレ監督作品、110分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ホロコーストの罪人
ホロコーストの罪人の紹介:2021年8月27日公開のノルウェー映画。第二次大戦中、ノルウェー秘密国家警察がホロコーストに加担していた衝撃の実話を映画化。ブラウデ一家は息子チャールズが結婚し、幸せな日々を送っていた。だがナチス・ドイツがノルウェーに侵攻、チャールズはベルグ収容所へ連行され、強制労働を強いられる。出演は「獣は月夜に夢を見る」のヤーコブ・オフテブロ、「ミレニアム」シリーズのミカリス・コウトソグイアナキス。監督は『HARAJUKU』のエイリーク・スヴェンソン。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:うみべの女の子
うみべの女の子の紹介:2021年8月20日公開の日本映画。「ソラニン」などの浅野いにおによる青年漫画を原作に、海辺に暮らす思春期の少女と少年の心情を映しだす青春ストーリー。監督を務めるのは、『リュウグウノツカイ』で第24回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の北海道知事賞を受賞したウエダアツシ。『イソップの思うツボ』の石川瑠華、『14の夜』の青木柚が主演を務めるほか、前田旺志郎、中田青渚、倉悠貴らが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ある家族
ある家族の紹介:2021年7月30日公開の日本映画。養育者の家庭で5~7 人の子どもを預かり、子ども同士の交流を生かしながら社会性を養う児童養護施設“ファミリーホーム”を舞台にしたドラマ。様々な問題を抱えながらも施設を切り盛りしていた気丈な母が余命を宣告される。果たして、その後の生活は?出演は「僕が君の耳になる」の川崎麻世、『渡る世間は鬼ばかり』の野村真美。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1874年、反英感情が高まっていたドイツ帝国に、帝国初となる英語教師としてイギリス帰りのコンラート・コッホが帰って来てカタリネウム校に赴任してくる。 コッホは英語教育にサッカーを取り入れ、生徒たちにフェアプレイの精神や仲間を思いやる心を教えようとするが・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:子供はわかってあげない
子供はわかってあげないの紹介:2021年8月20日公開の日本映画。マンガ大賞2015など数々の漫画賞を受賞した同名コミックを「横道世之介」の沖田修一が実写映画化。高校2年生の美波は、ひょんなことから意気投合したもじくんと、幼いころに別れた実の父を探す。もじくんの兄の協力のもと、父はあっさり見つかるが……。出演は、「羊と鋼の森」の上白石萌歌、「町田くんの世界」の細田佳央太、「パラダイス・ネクスト」の豊川悦司、「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の千葉雄大。劇中アニメ『魔法左官少女バッファローKOTEKO』の主人公の声を「劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明」の富田美憂が務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「カノン」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

祖母・辰子の葬儀で久しぶりに再会した紫、藍、茜の3姉妹は、事故で死んだと聞かされていた母が生きていることを遺言状によって知った。 母・美津子は、3姉妹が幼いころアルコール依存症の治療のために入院し、3姉妹は辰子によって育てられてきた。 入院した母は退院してもアルコールから離れられず、そのうち音信不通となり辰子からは亡くなったと聞かされていたのだ。 姉妹たちが施設で暮らす美津子を訪ねると、アルコール性の認知症を患っており、自分の子供たちに気がつかない。 母への怒りを募らせた姉妹たちだったが、母親の過去を辿るうちに自分たちを捨てた理由が明らかになって行く。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ジェームズ・グレゴリーは南アフリカの刑務官だった。 コーサ語を理解できるということで、終身刑を受けたネルソン・マンデラを監視するという任務に就き、1968年に刑務所のあるロベン島に赴任することとなる。 当初、マンデラを収容するのは税金の無駄遣いで、死刑にした方がいいと考えていたジェームズだったが、マンデラと接するうちに徐々に考え方を変え始める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ドライブ・マイ・カー
ドライブ・マイ・カーの紹介:2021年8月20日公開の日本映画。村上春樹が2013年に発表した短篇小説に、カンヌ・ヴェネチア・ベルリンをはじめ国際映画祭で高い評価を得た濱口竜介が挑む意欲作。舞台俳優の主人公・家福(かふく)に西島秀俊、ヒロインのみさき役に三浦透子を迎え、愛と喪失、希望の物語が紡がれる。濱口竜介は東京藝術大学大学院映像研究科で黒沢清に師事し、修了制作作品「PASSION」が2008年・第56回サンセバスチャン国際映画祭で注目を浴びた。その後、「ハッピーアワー」が2015年・第68回ロカルノ国際映画祭最優秀女優賞を受賞。2018年の商業映画デビュー作「寝ても覚めても」はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品。さらに2020年、脚本を担当した黒沢清監督「スパイの妻<劇場版>」がヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)に輝く。また、公開を控える監督作「偶然と想像」は2021年・第71回ベルリン国際映画祭銀獅子賞(審査員グランプリ)を受賞するなど、いま世界中から注目を集めている逸材だ。今回、濱口竜介と初タッグを組む西島秀俊は、2005年に市川準が監督した「トニ―滝谷」でナレーションを担当し、村上春樹作品を経験済み。濱口の師匠筋にあたる黒沢清監督の「ニンゲン合格」(98)や「クリーピー 偽りの隣人」(16)で主演を務めたこのベテラン俳優を濱口がいかに演出するのか期待が高まる。一方、ヒロインの三浦透子は「ロマンスドール」「おらおらでひとりいぐも」の演技に加えて、「天気の子」の主題歌を歌ったことで人気急上昇中の女優・アーティスト。本作では、主人公の愛車を運転する、寡黙でありながら芯のあるドライバーみさきを演じている。さらに、物語を大きく動かすキーパーソンの俳優・高槻役には、Arc アーク」など公開作が目白押しの岡田将生、秘密を抱えたままこの世を去る家福の妻・音役を、村上春樹の長篇の映画化「ノルウェイの森」の霧島れいかが演じている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:僕が君の耳になる
僕が君の耳になるの紹介:2021年6月25日公開の日本映画。YouTubeで再生回数1000万回を突破したHAND SIGNの実話を基にした楽曲を映画化。大学生の純平は、ある日、ろう者の美咲と出会う。2人が同じ時間を過ごすなか、純平は次第に美咲に惹かれていく。しかし、お互いにとってこの障害の壁はとても厚く高いものだった。出演は、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』シリーズで山口忠役を務めた織部典成、本作でデビューを飾る梶本瑞希。榎本次郎監督による初長編。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:モロッコ、彼女たちの朝
モロッコ、彼女たちの朝の紹介:2021年8月13日公開のモロッコ&フランス&ベルギー合作映画。モロッコの異国情緒を背景に、未婚の妊婦の姿を描いたヒューマンドラマ。短編映画『When They Slept』で17の賞を受賞したモロッコ出身のマリヤム・トゥザニが、自身の思い出を基に脚本を執筆し、長編監督デビューを飾る。主演を務めるのは、『灼熱の魂』のルブナ・アザバルとニスリン・エラディ。また、製作&共同脚本として、トゥザニ監督の夫であるナビール・アユーシュが参加する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2005年のアメリカのミュージカル映画。監督は『パーシー・ジャクソンとオリンパスの神々』や、『ハリー・ポッターと賢者の石』などのクリス・コロンバス。 1989年から1990年のN.Y。お金はなくても創造性に富んだ若者達。映画監督を目指すマークと、アパートで同居する元ロックシンガーのロジャー、哲学者のコリンズ。3人はある日もともとは同じように夢を追っていて今は金持ちの娘と結婚したベニーから、アパートの家賃の取り立てを受ける。この辺り一帯を若い芸術家達のためのスタジオにするという構想と、マークの元恋人モーリーンの抗議ライブの中止を交換条件に家賃の免除話を切り出してくる。反発するマーク達。 さらにロジャーとロジャーの恋人のミミ、コリンズとコリンズの恋人のエンジェルはエイズに侵され日々死の恐怖とも戦っている。 それでもあるのは今日の日だけと自分にしか創れない芸術を追い求めていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:キネマの神様
松竹映画100周年を記念して製作された作品。原作は原田マハ。監督は山田洋次、主演は初タッグとなる菅田将暉、そして沢田研二。共演は永野芽郁、野田洋次郎、宮本信子など。新型コロナウイルスによる製作延期と、上映延長で2021年8月についに上映が決定した。125分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2011年のアイルランド映画。監督は『彼女を見ればわかること』などのロドリゴ・ガルシア。主演に『天才作家の妻 40年目の真実』などのグレン・クローズ。共演に『アリス・イン・ワンダーランド』などのミア・ワシコウスカ。
ベイカー夫人の経営するホテルで住み込みのウェイターとして誠実に働いているアルバート氏。言葉は少ないが、よく気がつく彼は顧客からも重宝されている。そんなある日ホテルにやってきたペンキ屋のミスター・ペイジがアルバートの部屋に泊まることになる。ペイジについていたノミをきっかけにアレルギーのあるアルバートは自分が女であることがバレてしまう。動揺するアルバートに、ペイジは自分も女であると話し、女性と結婚していると聞く。アルバートは同じく住み込みで働くメイドのヘレンと所帯を持ち夢であるタバコ屋を切り盛りする夢を見る。
ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×