ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:台風家族
台風家族の紹介:2019年9月6日公開の日本映画。草なぎ剛が主演を務め、台風のように目まぐるしいある家族の1日の騒動をブラックユーモアたっぷりに描いたヒューマンドラマ。10年ぶりに集まった兄弟たちが、銀行強盗をしたまま行方をくらました両親の仮想葬儀を発端に、遺産相続争いを繰り広げる。『箱入り息子の恋』の市井昌秀監督が12年の構想を経て完成させたオリジナルストーリー。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
天才作家の妻 40年目の真実の紹介:グレン・クローズ主演のサスペンスドラマ。メグ・ウォリッツァーの小説を映画化した作品で、天才作家と呼ばれる夫と彼を支えてきた妻の複雑な人間ドラマを現在と過去の両面から描いていく。第76回ゴールデングローブ賞では、グレン・クローズが主演女優賞(ドラマ部門)を受賞した。2017年イギリス・スウェーデン・アメリカ合作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1998年アメリカ制作。ベストセラー小説『The Horse Whisperer』の映画化です。ロバート・レッドフォードが原作のテーマを尊重しつつ創作を加え、監督と主演を兼ねた初めての作品です。馬という生き物は、人間に対する恐怖心を潜在的に持っているそうです。ホース・ウィスパラーはそんな馬の魂に触れることができる人間です。モンタナの大自然にも癒やされます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ガンファイター
ガン・ファイターの紹介:ロバート・アルドリッチ監督、ロック・ハドソン、カーク・ダグラス共演の西部劇。ハワード・リグスビーの小説「クレイジー・ホースの落日」を映画化した作品で、無法者の男と彼を追う保安官がともに牛追いをする奇妙な旅を描いていく。1961年アメリカ製作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:恋とさよならとハワイ
恋とさよならとハワイの紹介:まつむらしんご監督・脚本で2017年に公開された作品で、同棲しているカップルの別れをテーマとした恋愛作品になっています。不器用な主人公・深町リンコ役を綾乃彩が演じ、彼女は本作が映画初主演となります。主題歌と劇中歌はシンガーソングライターのYeYeが担当しているほか、本作は第20回 上海国際映画祭 アジア新人賞部門での脚本賞、撮影賞を受賞をはじめ、多くの映画祭に出品されています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:スケアクロウ
スケアクロウの紹介:ジーン・ハックマンとアル・パチーノが共演したロードムービー。性格が正反対の二人の男が旅を通じて少しずつ変わっていく姿を描く。第26回カンヌ国際映画祭では、グランプリを獲得した。1973年アメリカ製作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ランナウェイズの紹介:1970年代後半、セクシーな衣装で挑発的な歌を歌い、一世を風靡した10代女子のバンド「ザ・ランナウェイズ」の結成から解散までを描いた作品です。主演は「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュアートと、「宇宙戦争」の子役だったダコタ・ファニング。ランナウェイズのボーカル、シェリー・カーリーが書いた自伝を原作としており、ギタリストだったジョーン・ジェットが製作を担当、出演者にアドバイスをしました。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
カツベン!の紹介:2019年12月13日公開の日本映画。「Shall we ダンス?」の周防正行監督が、無声映画上映時に作品の内容を解説する活動弁士を取り上げた青春喜劇。一流の活動弁士を目指す俊太郎は、隣町のライバル館に客も人材も取られ人使いの荒い館主夫婦ら曲者ばかりが残った映画館・青木館に流れ着く。主人公の俊太郎を「愛がなんだ」の成田凌が演じる。作中には、「椿姫」(1921)を再現した「椿姫」や1932年版を参考に制作した「金色夜叉」などの元のある再現作品や、「南方のロマンス」などといった本作オリジナルの無声映画が登場する。第32回東京国際映画祭特別招待GALAスクリーニング作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
エマージェンシー 見知らぬ2人の紹介:2014年に制作されたアメリカの映画です。湖の上で遭難することになった2人の男のサバイバルを描いたストーリーとなります。ジャンルは一応スリラーとされていますが、そんな要素はほとんどなく、むしろヒューマンドラマといった内容になっています。ほぼ全編に渡って2人の男の会話が展開されるのが特徴的で、舞台も船の上だけです。そのため一種のワンシチュエーション系映画でもあります。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年アメリカ制作のヒューマンドラマです。1980年代の米アラバマ州。昔々ではなく今からたった3,40年ほど前の、えん罪の黒人死刑囚を救うため奔走した若き黒人弁護士ブライアン・スティーブンソンの実話です。ブライアン本人の著書『黒い司法 黒人死刑大国アメリカのえん罪と戦う』が原作です。諦めない不屈の新人弁護士マイケル・B・ジョーダンの苦悩や葛藤、勇気に胸が熱くなります。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:決算!忠臣蔵
決算!忠臣蔵の紹介:2019年11月22日公開の日本映画。大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「0.5ミリ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

「静電気が起こるくらい近い、人と人との距離感が0.5ミリ」 主人公の山岸サワは、静かにそう呟く。名も無き介護ヘルパーだったサワがとある事件を起こしてしまい、家なし、職なし、貯金なしで放り出されてしまう。ワケありの老人達の元へ転がり込み、だがいつしか老人達の心と体をしっかり癒し、渡り歩いてゆく。監督は安藤桃子、主演は安藤サクラ、フードコーディネーターに安藤和津、エグゼクティブプロデューサーに奥田瑛二という"家族総出"で取り組んだ、真正面から「介護」という意味合いを斬る一作。2014年公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2016年の日本映画。運送業の傍ら害獣駆除の仕事をしているユクは、母の手術代を稼ぐ為、秘密厳守の仕事を引き受けることにした。その仕事はある町が鉱毒の風評被害を避けるために、山に住むアルビノ種の鹿を駆除するというものだった。しかしその鹿は、山の集落の人々からは山の神様とあがめられている鹿だった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
わんわん物語(2019)の紹介:2019年公開のウォルト・ディズニー・スタジオ製作の作品。1955年公開の『わんわん物語』の実写リメイク作品であり、主人公とヒロインの犬に実際の犬を起用して製作された。ディズニーが展開する動画ストリーミングサービス『Disney+』オリジナル作品として製作され、サービス開始と同時に配信が開始された。監督はチャーリー・ビーン。(商品画像はリメイク前の原作。) ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×