ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画「アレノ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

アレノの紹介:2015年製作の日本映画。『かぞくのくに』『夏の終り』などに携ってきたプロデューサーの越川道夫が監督に挑んだ異色のメロドラマ。不倫関係にある男と女が共謀し、女の夫を殺そうとするも事故で彼が消息不明に。その死体が発見されるのを待つ二人の姿を見つめる。『福福荘の福ちゃん』などの山田真歩、『お盆の弟』などの渋川清彦、テレビドラマ「問題のあるレストラン」などの川口覚らが出演。全編に漂う官能的なムードに加えて、文豪エミール・ゾラの名作の舞台を日本に置き換えた巧みな物語も見もの。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ボイリング・ポイント/沸騰
イギリスのとある高級レストランで起こる出来事を90分ワンショットで描き出す、挑戦的なヒューマンドラマ。クリスマス前の金曜日、プライベートで問題だらけのオーナー、アンディはいつも通りレストランを開店するも、予約を過多に入れてしまっており客とスタッフが一触即発となっていた...。アンディはどう対応していくのか...。主演はスティーブン・グレアム。監督はフィリップ・バランティーニ。PG-12指定。95分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ホテルコパンの紹介:2015年製作の日本映画。「極道大戦争」の市原隼人主演による群像劇。生徒の自殺がトラウマとなりホテルコパンで働き始めた元教師・海人。以前の活気を取り戻そうと躍起になるオーナーや不愛想な従業員と共に働いていたある日、ワケありの宿泊客が次々と訪れる。共演は「紙の月」の近藤芳正、「忘れないと誓ったぼくがいた」の大沢ひかる、「ガキ・ロック」の前田公輝、「ファイナル・ジャッジメント」の水田芙美子、「TOKYO CITY GIRL」の栗原英雄、「水の声を聞く」の玄理、「ハヌル SKY」の大谷幸広、「山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日」の李麗仙、「うなぎ」の清水美沙。「7s セブンス」などのプロデューサーを務めた門馬直人の長編監督デビュー作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
台詞、劇中音楽をできるだけ入れず、看護師の男性とそこに関わる、”終末医療”、”安楽死”などの死を前にした人々とのドラマをシリアスに描く。ミシェル・フランコ監督。ティム・ロス主演。2015年メキシコ、フランス合作映画。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「禁忌」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

禁忌の紹介:2014年製作の日本映画。プロデューサー、女優として「ほとりの朔子」などを送り出す杉野希妃が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭で奨励賞を受賞した和島香太郎監督とコラボ。モーツァルトの音楽に彩られ、少年愛に目覚めた女性と、彼女とともに暮らす少年の関係を描く。杉野と共演するのは「ほとりの朔子」の太賀。和島監督は本作が初の長編作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
異母兄弟で前科者の兄と、オリンピックを目指していたが事故で盲目になった弟、病気で余命いくばくになった兄のために金メダルを獲ろうとする弟との熱いヒューマンドラマ。主演はチョ・ジョンソクとD.O(EXO)。クォン・スギョン監督、2016年劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1990年〜1994年にルワンダで起こったツチ族とフツ族との抗争、虐殺を描いたヒューマンドラマ、実話を元にしている。ルワンダの首都キガリの公立技術学校で、西洋人で現地住民と共に虐殺に巻き込まれた人々の物語を描く。実際に大虐殺の生存者たちがスタッフや小さな役柄を演じている。2007年劇場公開作品、マイケル・ケイトン=ジョーンズ監督。ジョン・ハート主演。115分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
エルヴィスの紹介:2022年7月1日公開のアメリカ映画。エルヴィス・プレスリーの誰も知らなかった真実の物語を描くミュージック・エンタテインメント。無名の歌手から時代を背負うアイコンになるまでのエルヴィスを「シャナラ・クロニクルズ」のオースティン・バトラーが、生涯にわたり彼のマネージャーを務めたトム・パーカーを『フォレスト・ガンプ 一期一会』のトム・ハンクスが演じる。また、『華麗なるギャツビー』のバズ・ラーマンが監督を務めた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
峠 最後のサムライの紹介:2022年6月17日公開の日本映画。司馬遼太郎のベストセラー小説『峠』の初映画化。慶応3年、大政奉還により徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は東軍と西軍に二分していく。戊辰戦争が勃発すると、越後長岡藩の家老・河井継之助は民の暮らしを守るため、いずれにも属さない武装中立を目指すが……。監督・脚本は、「蜩ノ記」の小泉堯史。出演は、「オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁」の役所広司、「ラストレター」の松たか子。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
黒い暴動♥の紹介:2016年製作の日本映画。特撮ドラマ『仮面ライダードライブ』の馬場ふみかを主演に、肌を褐色にし派手に着飾ったガングロギャルに焦点を当てた青春ドラマ。田舎でガングロギャルに目覚め周囲の目をものともせず青春をひた走った女子高生時代と、12年後、大人になった姿が交錯する。監督は短編ホラー「発狂」がアメリカをはじめ数々の映画祭に入選した宇賀那健一。共演は「ローリング」の柳英里紗、「ライチ☆光クラブ」の間宮祥太朗ほか。また、ギャル雑誌『egg』出身のモデル・今井華や、黒ギャルユニットの『BLACK DIAMOND』も出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
私のちいさなお葬式の紹介:2017年製作のロシア映画。第39回モスクワ国際映画祭観客賞を受賞したドラマ。教職を全うし、年金暮らしをしている73歳のエレーナは、突然の余命宣告を受ける。都会で仕事に忙しい息子を気遣い、ひとりで葬式の準備を始めた彼女は、埋葬許可書を得るため戸籍登録所を訪れるが……。第16回ウラジオストク国際映画祭観客賞、第17回ゴールデン・イーグル賞助演女優賞など受賞。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ベイビー・ブローカー
「万引き家族」の是枝裕和監督最新作は、「パラサイト/半地下の家族」の主演を務めたソン・ガンホ。何らかの理由で子供が育てられないと新生児を預かる「ベイビー・ボックス」を巡って、ブローカーの男と、周りの様々な人間模様が炙り出されるヒューマンドラマ。是枝監督、初の韓国映画作品となる。2022年6月劇場公開作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:PLAN75

映画「PLAN75」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

PLAN75の紹介:2022年6月17日公開の日本&フランス&フィリピン&カタール合作映画。近い将来の日本を舞台に、自らの生死を選択できる“プラン75”という制度に翻弄される人々を描く。これが長編初監督となる早川千絵が脚本も兼務し、第75回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に出品された。主人公のミチを演じるのは「男はつらいよ」シリーズの倍賞千恵子、制度に疑問を抱く若い世代のヒロムと瑶子を『ヤクザと家族 The Family』の磯村勇斗、『由宇子の天秤』の河合優実が演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
マグノリアの紹介:1999年製作のアメリカ映画。L.A.郊外のある1日、10数人の男女が織りなす人生模様を、観客の意表を突く意欲的で斬新な語り口で綴った群像劇。監督・脚本は『ハード・エイト』(V)「ブギーナイツ」のポール・トーマス・アンダーソン。主題歌は実力派ソングライターのエイミー・マンで、本作の着想は彼女の同名歌によるものという。音楽は彼女の夫であるジョン・ブライオンで映画音楽は本格的には本作が初めて。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×