ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

東野圭吾原作、主演寺尾聰で小説を映像化した作品。韓国リメイクや日本でも、その後テレビドラマ化された。少年法に守られた二人の少年に娘を殺され、じりじりと独自に犯人たちを追い詰めていく父親の悲しみと憎悪が描かれている、益子昌一監督、2009年、112分。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
1995年、神戸で阪神淡路大震災で被災しながらも体育館などに避難した人々に寄り添い、心の「癒し」を行い大震災の心身に与える影響を全国に伝えた精神科医、安和陸医師の半生を描いた一作。もともと2020年にNHKで4週にわたりドラマ化された、そして同年2月にはギャラクシー賞を受賞した。本作は4周放送された内容を再編集したものとなる。主演は柄本佑。2021年1月29日公開予定。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
2017年公開(日本では2019年公開)のインド映画。インドのみならず、世界で驚異的な大ヒットとなった作品であり、インド映画歴代世界興行成績第3位という記録を残している。「ダンカル きっと、つよくなる」で主演したアーミル・カーンが製作、ザイラー・ワシームが主演を務めた。父親のDVに苦しむ少女が、YouTubeで顔を隠して自分の歌を披露したところ世界中で話題となり、それをきっかけに自分の人生を切り拓こうとする物語。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます

映画「カジノ」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

70年代のラスベガスを舞台に、金と欲に翻弄される人々の栄光と転落を実話ベースで描き出す衝撃作。監督は『グッドフェローズ』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のマーティン・スコセッシ監督。 ギャンブルの手腕を買われラスベガス一のカジノの総支配人となったエースは、美しく社交的な妻ジンジャーと共に順風満帆な生活を送っていた。ところが用心棒のニッキーが裏社会で勢力を拡大するにつれ、次第に運命の歯車が狂いはじめる。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
愛欲のセラピーの紹介:2019年製作のフランス映画。『エル ELLE』のヴィルジニー・エフィラ、『アデル、ブルーは熱い色』のアデル・エグザルコプロス共演の官能ドラマ。作家で精神科医のシビルは、女優・マルゴのカウンセリングを続けるうち、彼女が語る濃密な恋とSEXの記憶に飲み込まれていく。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
リスタートはただいまのあとでの紹介:2020年製作の日本映画。ココミによるBLコミックを実写映画化。都会の生活に疲れ、10年ぶりに帰郷した孤塚光臣。近所で農園を営む熊井の養子・大和と出会い、ふさぎこんでいた光臣は彼に励まされる。そんな大和と過ごす中、光臣は次第に大和が自分にとって大切な存在だと気付き始め……。出演は「となりの怪物くん」の古川雄輝、「泣くな赤鬼」の竜星涼。監督は「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」などのプロデューサーを務めた井上竜太。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
イスラエルの占領地・ナブルスで暮らす二人の青年が自爆テロの決行者に選ばれた。 パレスチナの置かれている現状が、二人の青年と一人の殉教者の娘を通して赤裸々に描かれる。ベルリン国際映画祭などで高い評価を得た。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
東京近郊で田園地帯が広がる町の高校を卒業した7人の仲良しグループは夢を追い、それぞれの道を歩みだす。 歌手を目指して上京するカナ。東京の大学の受験を失敗して地元で浪人生活を送るタツオ。受験に成功して大学生活をエンジョイするユウキ。おめでたで結婚したコウタとマリコ。母親が嫌いで実家を出るキリ。いつかでかいことをやってやると言いながらバイトとして働くリョウ。 それぞれの人生模様を通して友情とそれぞれの成長が描かれます ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます

映画「この道」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

類い稀なる才能の持ち主であった自由奔放な天才詩人・北原白秋は、酒におぼれ人妻に手を出す始末だったが、ドイツ留学から帰国し、日本に初めての交響楽団を結成した生真面目な秀才音楽家・山田幸作と出会い、二人は関東大震災で消沈する子供たちを元気づけようと沢山の童謡を作り出した。しかし、時代は戦時色が強くなり、白秋のもとに軍部から子供たちを戦地へ送り出す歌(軍歌)を作るように依頼が来る。 2019年1月公開 日本映画 監督:佐々部清 1918年に文学者の鈴木三重吉が児童雑誌「赤い鳥」を刊行して100周年になるのを記念して製作された映画 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
娘の弓子と二人で暮らしてきた道太郎は定年を迎えと日に、娘から家事の“引退宣言”を受ける。妻を早くに亡くし、身の回りのことはすべて弓子に任せていた道太郎は、娘との間に亀裂を抱えながらもラジオ体操に参加したことで新たな出会いを迎える。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
神様はバリにいるの紹介:2014年製作の日本映画。単身バリ島へ渡り、独自の哲学で巨万の富を得た実在の日本人実業家に堤真一が扮するヒューマンコメディ。事業に失敗し、バリ島へやってきたヒロインが大富豪のアニキと出会い、人生をやり直そうとする姿を描く。ほぼ全編にわたってバリ島での撮影を敢行。美しい自然と苦境にもへこたれないアニキの姿が見る者に元気を与える。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
キャッチコピーは「その嘘は、罪ですか」、笑福亭鶴瓶主演、「ゆれる」「永い言い訳」「すばらしき世界」でさまざまな人間を鋭く切り取る作風の西川美和が描く「嘘」をテーマにした一人の中年医者を中心に描かれるヒューマンドラマ。第83回キネマ旬報ベストテン第一位を受賞した。2009年劇場公開作品。127分。 ネタバレを読む
映画:ヤクザと家族 The Family
ヤクザと家族 The Familyの紹介:2021年1月29日公開の日本映画。『新聞記者』の藤井道人監督がオリジナル脚本を手がけ、ヤクザの生き様を3つの時代を通して描いた人間ドラマ。短気で暴力的だが一本気のある主人公のヤクザを綾野剛が、主人公と父子の契りを結ぶ組長を舘ひろしが演じて初共演を果たすほか、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗らが出演する。常田大希(King Gnu)率いる音楽集団millennium paradeが、主題歌「FAMILIA」を提供。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
アメリカの文豪ジャック・ロンドンの名作を『リロ&スティッチ』『ヒックとドラゴン』のクリス・サンダース監督が映画化。広大なアラスカを舞台に、波瀾万丈な運命を辿る一頭の犬と未到の地を目指す男の冒険を描く。 カリフォルニアで何不自由なく暮らしていたバックは、ある時飼い主の元からさらわれ、ソリ犬としてアラスカに運ばれてしまう。過酷な運命に翻弄されるバックだったが、次第にソリ犬としての喜びに目覚めていく。息子を亡くしたソーントンと出会ったバックは、未踏の地を目指す旅のなかで強い絆で結ばれていく。 ネタバレを読む みんなの感想が2件届いてます
×