ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

SHAME -シェイム-の紹介:多数の映画賞に輝いた、2011年のイギリス映画。「それでも夜は明ける」などで知られるスティーヴ・マックイーンが監督・脚本を務めた。主演はマイケル・ファスベンダーとキャリー・マリガン。性依存症を抱えた兄と、情緒不安定な妹の心の葛藤を描く。日本公開は2012年。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2015年公開のイギリス映画。トニー・コレットとドリュー・バリモア主演のヒューマンドラマで、モーウェナ・バンクス作のラジオ劇「Goodbye」を原作としている。ミリーとジェスは、幼少期から青春の全てを分かち合ってきた親友同士。成長し、それぞれに家庭を持った二人は家族ぐるみの付き合いを続けていたが、やがてミリーの乳がんが明らかになる。一方、長年の不妊治療の末、ジェスは子供を授かるが、ミリーの状況を考えてそれを言い出せないでいる。やがて二人の友情に徐々に変化が訪れるのだった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2008年のアメリカ映画。第66回ゴールデングローブ賞歌曲賞ノミネート。シカゴのブルースレーベル「チェス・レコード」を題材にしたミュージカル作品。ポーランド系移民のチェスは恋人と結婚するためにシカゴへ移住し、黒人音楽を扱うナイトクラブの経営を始めるが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
葵は通学途中、認知症のおばあさんとぶつかったことから、妊娠を心配するはづきを誘いおばあさんの手紙を届けに行くことになるが・・・ 2016年制作 日本映画 2016年・第29回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門で上映  監督:菊池健雄 脚本:加藤綾子 音楽:渡辺シュンスケ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
シングルマザーのサチは、一人息子のタカシをハワイ・カウアイ島のハナレイ・ベイで亡くしてしまう。サーフィンをやっているときにサメに襲われ食いちぎられたのだ。 それから毎年ハナレイ・ベイを訪れるようになったサチは日本からサーフィンにやって来た二人の若者と知り合う。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
夏のある日、吉子が2階の自分の部屋で恋人の圭介とセックスしている時、家の電話が鳴る。 吉子はその電話に出て、垣根を剪定している父・清二にベランダから「おじいちゃん、死んじゃったって」と声をかけた。 祖父の死をきっかけにそれぞれ事情を抱えた家族が集まるが、みなちょっと煩わしい距離感。だが葛藤を経て新しい家族へと一歩を踏み出していく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
交通事故がきっかけで、「ゲイである」ことを隠さず自由に生きることを心に決めたスティーブ。彼は刑務所内で運命の男性、フィリップに一目惚れをしてしまう。はじめは小さな嘘だったのがどんどん大きくなり、詐称に詐称を重ねる嘘にまみれたスティーブの人生をポップに描いたニューマンコメディ作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
行方不明の父が能登に残した船小屋を改装して、珈琲店を営みながら父の帰りを待ち続ける岬。 休業中の民宿で暮らすシングルマザーの絵里子。反りが合わなかったこの二人が互いを認め合い大切なものに気付いて行く・・・。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2013年のフランス・カナダの合同製作映画。監督は「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ。主演はリメイク版の「ポルターガイスト」などのカイル・キャトレット。共演に「ハリーポッターシリーズ」などのヘレナ・ボナム=カーター。
天才的な頭脳を持つ10歳のT・Sスピヴェット。携帯電話の電波もないような田舎の牧場で育ち、その頭脳を持て余していたが、ある日自分の発明がスミソニアンで賞を受けたと連絡を受ける。年齢を明かさず、受賞式に参加することを決めたスピヴェットは1人ワシントンに向かうことを決意する。しかしその気持ちの影には、亡くしたばかりの双子の弟や、家族への複雑な想いがあった。
ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「鉄男」や「東京フィスト」などで知られる塚本晋也監督が、大岡昇平による同名小説を映画化した作品です。原作は1959年にも一度映画化されており、これが2度目の映像化となります。本作では塚本監督が主演も務め、第二次大戦末期にフィリピンのレイテ島に出兵していた兵士が体験した、戦争の惨さ・悲惨さを生々しく描き出しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
コーヒー&シガレッツの紹介:ジム・ジャームッシュが手がけたモノクロのオムニバス作品。出演者の名前がそのまま登場人物の名前になっており、彼らがコーヒーや紅茶を飲み、タバコを吸いながら会話をしている様子をユーモラスに描いている。日本公開は2005年。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
EDMとは「Electronic Dance Music」(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の略。直訳すると「電子の・踊る・音楽」。つまり、”電子音“の音楽である。 コールはEDMのシーンでDJとしての成功を夢見ていた。そんなコールは絶頂期を過ぎたDJ,ジェームズと出会う。ジェームズはコールの感性に若かりし頃の自分を重ね合わせ、「印(しるし)」を見つけろと指導する。 遊び、恋、仲間との友情、仕事、将来の夢…もがき苦しむ中でコールは少しずつ成長していく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2016年イギリス公開。第二次世界大戦を背景に、プロパガンダ映画を作る人々を描いています。劇中劇を織り交ぜたユニークな設定で、現実と映画の世界を行ったり来たりしながら、戦時下の唯一の娯楽(信憑性と楽観)を国民に届けるまでの物語です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
雄二は、同じ工場で働く守から猛毒のクラゲの飼育を託される。その後守は工場長夫妻の殺人容疑で逮捕収容され、守は雄二にメッセージを残して獄中で自殺する。 2002年制作 日本映画 監督:黒沢清 第56回カンヌ国際映画祭(2003年)コンペティション部門正式出品 第13回日本映画プロフェッショナル大賞:作品賞、監督賞(黒沢清)、主演男優賞(オダギリジョー、藤竜也)の各賞を受賞 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×