ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:猫は逃げた
猫は逃げたの紹介:2022年3月18日公開の日本映画。「愛がなんだ」「街の上で」の今泉力哉と「性の劇薬」「アルプススタンドのはしの方」の城定秀夫が互いの脚本を演出しあう“L/R15(エルアールジュウゴ)”企画の一本。飼い猫をどちらが引き取るかで揉める離婚直前の夫婦とそれぞれの浮気相手たちが繰り広げる恋愛狂騒劇。主人公の漫画家の町田亜子をモデル・アーティストとして活躍する山本奈衣瑠、亜子の夫で週刊誌記者の広重に「ケンとカズ」以来、快進撃が続く毎熊克哉。広重の同僚で浮気相手の真実子に「愛のくだらない」の新星・手島実優。亜子の相手で担当編集者の松山に「ミュジコフィリア」の井之脇海など、旬の俳優が共演している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
恋人と仕事を同時期に亡くした女性が、疎遠だった叔父からの電話で神保町にひっそりある古本屋「森崎書店」で働くことになった。彼女が出会い、体感する本の街での物語が描かれる。主演は菊池亜希子、監督は日向朝子。2010年劇場公開作品、109分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
はるヲうるひとの紹介:2021年製作の日本映画。俳優の佐藤二朗が主宰する演劇ユニットで上演した舞台を、自ら原作・脚本・監督・出演し映画化。至るところに置屋が点在する島に、置屋を仕切る長男・哲雄、哲雄に子分のように従っている次男・得太、長年の持病で床に伏している長女・いぶきの3兄妹がいた。出演は、「50回目のファーストキス」の山田孝之、「パパはわるものチャンピオン」の仲里依紗、「架空OL日記」の坂井真紀。第35回ワルシャワ映画祭1-2コンペティション部門正式出品作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]の紹介:2012年製作の日本映画。謎の疫病の影響で、男女の役割が逆転した架空の江戸時代を舞台に、女将軍と彼女に仕える男たちの愛と野望のドラマが展開する大胆な設定のドラマ「大奥」の続編。前作の八代将軍・吉宗の時代からさかのぼり、五代将軍・綱吉の時代を背景に、世継ぎ作りを余儀なくされた女将軍と、大奥内で権勢と富を得ていく右衛門佐の姿が描かれる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
大奥<男女逆転>(2010年)の紹介:2010年製作の日本映画。男だけを襲う謎の疫病がまん延する江戸時代を舞台に、一人の女将軍に3,000人の美男子たちが仕える女人禁制の男の園、逆大奥をめぐるドラマを描く異色時代劇。第13回手塚治虫文化賞を受賞したよしながふみの人気コミックを、「木更津キャッツアイ」シリーズの金子文紀監督が映像化。女将軍を柴咲コウがなまめかしく演じるほか、彼女に接近する侍を二宮和也が好演する。野望や嫉妬(しっと)、策略に愛憎など、業が渦巻く濃密なドラマに期待だ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
最初で最後のキスの紹介:2018年製作の日本映画。イタリアの高校を舞台に、女子&二人の男子の恋と友情をビタースイートに謳い上げる青春ドラマ。スターを夢見る孤児ロレンツォと孤独な少女ブルー、バスケ選手のアントニオは校内のはみ出し3人組。ある日、ロレンツォは自分たちを阻害する生徒に復讐を試みる。監督・原案・脚本は「はじまりは5つ星ホテルから」の脚本を務めたイヴァン・コトロネーオ。撮影は「グレート・ビューティー 追憶のローマ」「グランドフィナーレ」のルカ・ビガッツィ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
大奥十八景の紹介:1986年製作の日本映画。権力と欲望と愛憎の渦巻く女の園を舞台に、唯一人の男、将軍の胤を求めて飛び交う女たちの姿を描く。南原幹雄原作の同名小説の映画化で、脚本は「ザ・サムライ」の志村正浩と同作の鈴木則文の共同執筆。監督は鈴木則文、撮影は「二代目はクリスチャン」の北坂清がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
徳川の女帝 大奥の紹介:1988年製作の日本映画。徳川11代将軍家斉の時代に大奥へ迎えられた少女が、女の戦いに勝ち抜いていく姿を描く。脚本は「彼のオートバイ、彼女の島」の関本郁夫、「トリナクリア PORSCHE 959」の高山由紀子、「大奥十八景」の志村正浩が共同で執筆。監督は「団鬼六 緊縛卍責め」の関本、撮影は「ベッド・パートナー BED PARTNER」の水野尾信正がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2020年配信のアメリカ映画。監督は、ジョージ・C・ウルフ。主演に「ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜」やテレビドラマ「殺人を無罪にする方法」などのヴィオラ・ディヴィス。共演に「ブラック・パンサー」などのチャドウィック・ボーズマン。この作品がチャドウィック・ボーズマンの遺作となった。 1927年のシカゴ。ブルースの母と言われるマ・レイニーのレコードの録音の日。バックバンドのカトラー、スロー・ドラッグ、トレドは先に駅にきスタジオへと向かうが、スーツを着て楽器を持つ黒人に周りの白人は奇異の目を隠さずにジロジロと睨むように見ている。トランペットのレヴィーは1人別行動で新しい高い靴を買ってスタジオにやってくる。靴なんかに大金をかけてと揶揄われるが、自分はバンドを作ってレコードを売って白人を顎で使うんだと夢を持って息巻いている。一方のマ・レイニーはお金を持っていても白人のホテルでやはり変な目で見られ、甥の運転する車に乗り込みスタジオへと向かっている。スタジオについてからも、急に吃音がある甥に口上をやらせると言い出したり、マネージャーの白人のアーヴィンがコーラを忘れていたりとなかなかうまく進まず、スタジオ内の空気は張り詰めていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:GAGARINE/ガガーリン
GAGARINE/ガガーリンの紹介:2022年2月25日公開のフランス映画。第73回カンヌ国際映画祭でオフィシャルセレクションに選出されたヒューマンドラマ。ファニー・リアタールとジェレミー・トルイユがメガホンをとり、長編映画監督デビューを果たした。本作が俳優デビューとなるアルセニ・バティリが主演を務め、ウェス・アンダーソン監督の『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』に出演するリナ・クードリ、『ノクトラマ 夜行少年たち』のジャミル・マクレイヴンらが共演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。の紹介:2019年製作の日本映画。漫画家・宮川サトシが自身の経験をつづったエッセイ漫画を、『日日是好日』の大森立嗣監督が映画化した家族ドラマ。母親の突然のガンの告知に動揺する主人公と彼を取り巻く人々との絆が描かれる。個性派・安田顕が母親の愛の深さに気付いていく主人公を、母親を倍賞美津子が演じる。物語を盛り上げるBEGINによる主題歌も聴きどころだ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ダイアモンドは傷つかないの紹介:1982年製作の日本映画。二十歳の女子大生と、酒と女のために予備校をかけ持ちする中年の講師との奇妙な同棲生活と別れを描く。早稲田文学賞を受賞した三石由起子の同名小説の映画化。脚本は「マノン」の田中晶子、監督は「スローなブギにしてくれ」の藤田敏八、撮影は「さらば愛しき大地」の田村正毅がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ボブという名の猫2 幸せのギフト
ボブという名の猫2 幸せのギフトの紹介:2022年2月25日公開のイギリス映画。実話を基に、孤独な青年と猫の絆を描いた「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」の続編。ストリート・ミュージシャンからベストセラー作家に転身したジェームズと、彼の相棒で茶トラ猫のボブ。生計を立てるため路上で過ごした、最後のクリスマスを振り返る。前作に続き、主人公ジェームズをルーク・トレッダウェイが演じるほか、『シスター戦士』のクリスティーナ・トンテリ=ヤングが出演。監督は「ベラのワンダフル・ホーム」のチャールズ・マーティン・スミス。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:MEMORIA メモリア
MEMORIA メモリアの紹介:2022年3月4日公開のコロンビア=タイ=フランス=ドイツ=メキシコ=カタール映画。「ブンミおじさんの森」のアピチャッポン・ウィーラセタクン監督が南米コロンビアで撮影した、第74回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作。不気味な爆発音が頭の中で鳴り響き不眠症になったジェシカ。エルナンと記憶について語り合ううちに、ある感覚に襲われる。監督自身が経験した頭内爆発音症候群から着想を得て、記憶の旅路を綴っていく。出演は、「サスペリア」(2018)のティルダ・スウィントン、「バルバラ セーヌの黒いバラ」のジャンヌ・バリバールほか。第94回アカデミー賞国際長編映画賞コロンビア代表作品。第34回東京国際映画祭ガラ・セレクション上映作品。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×