ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

2012年公開の韓国映画。監督はチェ・ドンフン。主演にキム・ヨンスク、キム・ヘス、チョン・ジヒョン他。 韓国の窃盗団であるポパイたちはある日、かつての仲間だったマカオ・パクから太陽の涙というダイヤモンドをカジノから盗む話を持ちかけられる。中国の窃盗団とも共闘してカジノに入る一団だが、それぞれがそれぞれの思惑で動き始め、思わぬ方向へと展開していく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2020年3月公開のオランダ映画。監督はステフェン・ワウテルロウト。主演にソニー・コープス・ファン・ウッテレン、共演にヨゼフィン・アーレントセン他。 サムは小さな島に家族と休暇に来ている。少し変わり者のサムだが、その島でさらに変わり者のテスという少女と出会う。死ということについて考え、最後の一匹の恐竜はどういう気持ちだったんだろうということにまで想いを馳せているサム。家族を思うと、一番年下の自分が最後に死ぬはずだと考え一人になる訓練を始める。そんな中、テスが貸し別荘にお客様を迎え入れる手伝いをするサム。テスの行動に振り回されるサムだが、テスの行動の意味を知り、サムもまた一週間の休暇でひと回り成長していく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ブッカー賞を受賞したイアン・マキューアンの『贖罪』を『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞で作品賞を受賞したほか、第80回アカデミー賞では作品賞を始めとする7部門にノミネートされた。 イギリスで暮らす多感な少女ブライオニーは、ある時姉セシーリアと使用人のロビーの情事を目撃してしまう。二人の関係に嫌悪感を抱いたブライオニーはいとこのローラを襲った犯人がロビーだと偽り、引き裂かれたセシーリアとロビーは非情な運命を辿っていく。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2012年製作のアメリカ映画。ブロードウェイの同名ミュージカルを、『ヘアスプレー』のアダム・シャンクマン監督が映画化。オクラホマの田舎からLAへシンガーになる夢を追いかけてやって来たシェリー。キラキラと眩しい街を眺めていると、持っていたスーツケースを盗まれてしまい…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
太平洋戦争開戦時、聯合艦隊司令長官・山本五十六元帥の半生を描いた一作、主演は役所広司。日本公開半年後、モントリオール国際映画祭に正式招待され上映された。本作は作家、「日本のいちばん長い日」など戦争文学も数多く執筆する作家、半藤一利監修により製作された。成島出監督、2011年劇場公開作品。141分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ジョン・ボイン原作小説を映像化した本作、ユダヤ人強制収容所を舞台に収容された少年と、収容所の隣でナチス高官の息子として引っ越してきた少年との束の間の交流を描く。少年の”無知”という視点から戦争の無惨さを描いた。R-12。マーク・ハーマン監督、2009年劇場公開作品。95分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2000年のアメリカ映画。ブロンクスで暮らす黒人の少年と謎めいた小説家の立場を超えた友情を描いた感動のヒューマンドラマ。 高校生のジャマールは長年外に出ずに暮らしている謎めいた老人の家に忍び込むが、彼はベストセラーを生んだ小説家ウィリアム・フォレスターだった。ひそかに文章を書きためていたジャマールはフォレスターに文章の書き方を教わり、二人はやがてかけがえのない友情を築いていくが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ペイジとレオは幸せな結婚生活を送っていたが、突然の交通事故に遭いペイジはレオと結婚していることも含め過去のある時期からの記憶を無くしてしまう。 再びペイジの愛を取り戻そうと全力を尽くすレオだったが・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
水上のフライトの紹介:2020年製作の日本映画。「超高速!参勤交代」シリーズの脚本家・土橋章宏が、実在するパラカヌー選手から着想を得て書き上げたオリジナルストーリーを映画化。事故で歩けなくなったヒロイン・遥がカヌーと出会い、母親や仲間、コーチたちに支えられながら成長していく姿を追う。主人公・遥を「雪の華」の中条あやみが演じ、「居眠り磐音」の杉野遥亮、「心が叫びたがってるんだ。(2017)」の大塚寧々、「引っ越し大名!」の小澤征悦が脇を固める。監督は「キセキ あの日のソビト」の兼重淳。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
陰日向に咲くの紹介:2008年製作の日本映画。東京に生きる“ダメダメな人たち”の奮闘を描いた、劇団ひとりのベストセラー小説を映画化。V6の岡田准一、母と娘の2役を演じる宮崎あおいら、豪華キャスト共演の感動作。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「女子高生集団自殺シーン」で話題になった、2002年製作の「自殺サークル」の続編にあたる作品で、前作と同じく園子温監督が監督・脚本を務め、自ら書き下ろした小説「自殺サークル 完全版」が原作になっています。続編ではありますが、前作の登場人物は回想の形でしか出演せず、別の家族を主役に据えた物語になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年製作のアメリカ映画。ダウン症の青年ザック。彼はもう1000回以上もプロレスのビデオを見ていて、そこに出ているプロレスラーのソルトウォーター・レッドネックに憧れている。彼はプロレスラーになるために養護施設を抜け出すことにしたが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
わたしたちの紹介:2015年製作の韓国映画。様々な問題を抱えながら成長していく少女たちの姿を映し出す、自身の経験を基にしたユン・ガウン監督の長編デビュー作。学校で仲間外れにされがちな10歳の少女ソン。ある日、同い年の転校生ジアと親しくなり友情を築いていくが、次第に二人の関係に変化が訪れる。企画者として「オアシス」「ポエトリー アグネスの詩」のイ・チャンドンが参加。一般公開に先駆け、2016年11月、「第17回東京フィルメックス」にて「私たち」のタイトルで上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「解夏」のネタバレあらすじ結末

ヒューマンドラマ

東京の小学校で教師をしていた孝之はある日目に異常を感じ幼馴染の眼科医・清水を訪ね診断してもらうと“ベーチェット病”を患っていることが判明する。 いずれは失明してしまう病気に孝之は学校をやめることを決意し故郷の長崎に帰ることを決意するが・・・ ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×