映画:PAIDINFULLハーレムストーリー

「PAIDINFULLハーレムストーリー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

PAID IN FULL ハーレム・ストーリーの紹介:2002年制作のアメリカ映画。1980年代のハーレムを舞台に、実在した3人の売人の姿を描いている。実話を基に制作され、キャムロンやウッド・ハリス、レジーナ・ホールらが出演した作品。

あらすじ動画

PAIDINFULLハーレムストーリーの主な出演者

ルル(イーサイ・モラレス)、エース(ウッド・ハリス)、ジューン(エリゼ・ニール)、リコ(キャムロン)、カルヴィン(ケヴィン・キャロル)、ジャネット(ジョイス・ウォーカー)、ドラ(シンシア・マーテルズ)、ミッチ(メキー・ファイファー)、キーシャ(レジーナ・ホール)

PAIDINFULLハーレムストーリーのネタバレあらすじ

【起】– PAIDINFULLハーレムストーリーのあらすじ1

1986年のハーレムで、エース、ミッチ、リコの3人は、ドラッグの販売で儲けていました。ミッチとリコは食事をしながら、ゴミをゴミ箱に投げ入れる賭けをし始め、平気で1万ドルを賭けています。

堅実なエースだけは、その賭けに乗りませんでした。もうじき愛するキーシャとの子供が生まれるのです。キーシャはミッチの妹でした。

エースは、ドラッグを分けたり、金庫を置いているアパートに戻ります。しかし何者かに襲われて、頭を撃たれたエースは、病院に運び込まれます。

1年前、エースはクリーニング屋で働いていました。妹と付き合っているカルヴィンが訪ねてきます。カルヴィンはドラッグを販売し、街を仕切っていたことから、金に困っていませんでした。

ミッチは街の皆から慕われており、彼もまたドラッグを売っていました。金の羽振りも良くて、エースはミッチを慕っていました。ミッチにはサニーという大切な弟がいました。

配達に行ったエースは、お隣りのルルという男性から、クリーニングを頼まれます。ルルの家は豪華でした。

店に戻ったエースは、ルルの服のポケットから、コカインを1袋見つけてしまいます。彼に返しに行きますが、もらっておけば良いのだと言われます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「PAIDINFULLハーレムストーリー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×