映画:真実(2019年)

「真実(2019年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

真実の紹介:『万引き家族』の是枝裕和監督の国際共同製作による仏・日の合作で、全編フランスで撮影。日本人監督としては初めて、ヴェネチア国際映画祭オープニング作品として上映を果たした。世界的大女優ファビエンヌが、自伝本『真実』を出版する。出版祝いと称して彼女の家族や知人が集まってくるが、娘のリュミールは本に綴られた内容が気がかりだった。やがてファビエンヌとリュミールの間に隠れていた愛憎が入り混じる“真実”があらわになっていく…。

あらすじ動画

真実(2019年)の主な出演者

ファビエンヌ・ダンジュヴィル(カトリーヌ・ドヌーヴ)、リュミール(ジュリエット・ビノシュ)、ハンク・クーパー(イーサン・ホーク)、シャルロット(クレモンティーヌ・グルニエ)、リュック(アラン・リボル)、マノン・ルノワール(マノン・クラヴェル)、アンナ・ルロワ(リュディヴィーヌ・サニエ)、字幕版(声)/ファビエンヌ(宮本信子)、リュミール(宮崎あおい)、シャルロット(佐々木みゆ)

真実(2019年)のネタバレあらすじ

【起】– 真実(2019年)のあらすじ1

世界で名を馳せる女優のファビエンヌは、プライドが高く他人には興味も示さぬわがままな女性。パリ市内にあるお城のような豪邸で、もはや料理番状態の現在のパートナーのジャックと暮らしています。常に仕事を優先してきたファビエンヌは、一人娘のリュミールとの折り合いも悪く、リュミールはフランスを離れました。脚本家として活躍しているリュミールは、テレビ俳優である夫のハンクと7歳の娘シャルロットとNYで生活しています。

ファビエンヌは長い女優キャリアを経て、自伝本『真実』を出版することに。そのお祝いのため、リュミールは家族を連れて帰省します。本の完成前に原稿を見せて貰う約束を破られたリュミールは、どんな内容が綴られたのかが気がかりで、出版祝いというのは名目でした。夜すがら本を読みこんだリュミールは、早朝からいきり立ってファビエンヌに詰め寄ります。綴られていた娘との思い出はデタラメばかりで、“真実”など1つも書かれていないと。声を荒らげるリュミールに「私は女優だから本当のことは言わない」と、ファビエンヌは一蹴します。そんなファビエンヌにリュミールは、叔母のサラについて全く触れていないことを「うしろめたいんだ」と詰りました。

サラはファビエンヌと同じく女優でしたが、40年ほど前に早逝しました。幼いリュミールの面倒を見たのはファビエンヌではなくサラで、リュミールにとってサラは特別な存在だったのです。リュミールはファビエンヌの酸いも甘いも知り尽くした彼女の秘書リュックに、サラの記述がないことをぼやきますが、返ってきたのは意外な答えでした。ファビエンヌが小規模なSF映画『母の記憶に』に出演を決めたのは、 “サラの再来”と呼ばれ、彼女に雰囲気がよく似た女優マノンが主演するからだと言うのです。

リュックに促されてファビエンヌの撮影現場に同行したリュミールは、近くで見てもサラに似ているマノンに好感を抱きました。一方のファビエンヌはマノンを意識しすぎて、どうも彼女が気に入らない様子…。動揺するファビエンヌに更なる試練が。リュックが突然辞職を申し出たのです。本心では困っているのに、素直に引留められないファビエンヌ。振返れば彼女は、リュックにまつわることを何も理解していませんでした。慰留するリュミールにリュックは、「本に自分が登場せず、存在を否定された気分です」と恨み節。分厚いスケジュール表をリュミールに託すと、リュックは屋敷を去って行きました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「真実(2019年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ