「SUNNY 強い気持ち・強い愛」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

【転】– SUNNY 強い気持ち・強い愛のあらすじ3

SUNNY 強い気持ち・強い愛のシーン3

画像引用元:YouTube / SUNNY 強い気持ち・強い愛トレーラー映像

病室で奈美にメイクしてもらった芹香は、遺影を撮影したいと言います。高校時代が楽しかったと言った芹香は、早死にする自分の分まで、奈美たちに生きてほしいと言います。

その病室に裕子が訪ねてきました。裕子は芹香との感動の再会もどこへやら、すぐ夫の浮気の話題をします。やはり裕子の夫は浮気しており、しかも女子高校生に出会い系で声をかけて、たくさん写真を撮っているそうです。

それを聞いた芹香は「私は今怖いものなしだ」と言い、裕子の夫に復讐しようと言います。芹香、奈美、梅、裕子の4人で女子高校生のコスプレをし、出会い系で呼び出した裕子の夫を締め上げます。

…(回想)サニーのメンバーは踊りの練習をしていました。ダンス大会があり、優勝賞金が30万円出るのです。優勝して沖縄旅行を楽しみたい6人は、チーム名をサニーとしました。命名したのは心です。奈美は振り付けも下手ですが、必死で練習していました。唐突に奈々が奈美と一緒に踊りたくないと言います。

納得できない奈美は、奈々の家まで押しかけて「なぜ嫌うのか」理由を聞きます。すると奥から奈々の母親らしき人物が出てきました。その女性は関西弁をしゃべっていました。

近所の屋台で酒を飲みつつ、奈々は話します。奈々の母親が死んで1年も経過していないのに、父は大阪のホステスと再婚したのです。関西弁を話す義理の母と奈美が重なってつい邪険な態度をとっていたようでした。冷酒を飲みつつ話をした奈々と奈美はすっかり意気投合します…。

心の消息を中川探偵が突き止めます。心は美容室を経営していたのですが、夫の暴力と心自身のアルコール依存症がもとで離婚をしたのを皮切りに、うまくいかなくなっていました。経営していた美容院が失敗し、借金を抱えて5歳の娘・ユイを実家に預けて、今はスナックの雇われママをしています。奈美が会いに行って話をしようとしますが、ヨネとタクミという心を雇っている男たちが邪魔をしました。奈美は店を貸し切ったと言って金を渡すと、心と話をします。心は、自分もこのままではいけないと思いつつ、どう這い上がればよいのか分からないと泣きました。

奈美は芹香のところへ行き、心の現状を報告します。芹香は、自分の命がそろそろ限界だということを告げると「久しぶりに自分を取り戻せたと思った」と奈美に感謝を告げ、DVDを渡します。DVDには高校生当時の奈美たちが映っていました。「未来の私へ」というメッセージをカメラに向かって話しています。それを見た奈美は、サニーのみんなと疎遠になった決定的な事件を思い出します。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×