「THE UPSIDE/最強のふたり(人生の動かし方)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

THE UPSIDE/最強のふたり(人生の動かし方)の紹介:2017年製作のアメリカ映画。日本公開されたフランス映画史上最高の興行収入を記録したヒューマンドラマ『最強のふたり』をハリウッドでリメイク。スラム街出身の青年デルを『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のケヴィン・ハートが、デルを自身の介護人として雇う大富豪フィリップを『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のブライアン・クランストンが演じる。監督は『ダイバージェント』のニール・バーガー。

あらすじ動画

THE UPSIDE/最強のふたり(人生の動かし方)の主な出演者

デル・スコット(ケヴィン・ハート)、フィリップ・ラカッセ(ブライアン・クランストン)、イヴォンヌ・ペンドルトン(ニコール・キッドマン)、マギー(ゴルシフテ・ファラハニ)、ラトリス(アヤ・ナオミ・キング)、カーター(テイト・ドノヴァン)、アンソニー(ジャヒ・ディアロ・ウィンストン)、ジェニー(ジュヌヴィエーヴ・エンジェルソン)、シャーロット(スザンヌ・サヴォイ)、リリー(ジュリアナ・マルグリーズ)

THE UPSIDE/最強のふたり(人生の動かし方)のネタバレあらすじ

【起】– THE UPSIDE/最強のふたり(人生の動かし方)のあらすじ1

THE UPSIDE/最強のふたり(人生の動かし方)のシーン1

画像引用元:YouTube / THE UPSIDE/最強のふたり(人生の動かし方)トレーラー映像

〝この映画は実話に基づく〟

派手なスポーツカーの助手席に四肢の麻痺の障碍者フィリップ・ラカッセを乗せた運転手デル・スコットは、スピード違反で警察官に制止されます。

パトカーとカーチェイスを展開したデルは、パトカーに囲まれて捕まってしまいました。

デルは車外に出て手錠をかけられますが、事情を知らない警官は、フィリップにも車から出るよう命令します。

車から出てこないフィリップが犯行していると思い、乱暴に引き立てようとした警官を制したデルは、フィリップが四肢の麻痺を抱えていることを告げました。そこまでは事実ですが、「発作を起こしたから急いで病院へ行く途中だった」と嘘をつきます。

警官たちはそれを信じ、車を病院まで案内しました。

車中でデルはフィリップに、うまくだませたと笑いかけます…。

〔その半年前〕

デルは黒人男性で、前科がありました。

仮釈放されたデルは、保護観察官の女性に、求職票にサインをもらえと言われます。就職活動をしているという証のためです。

明日までに3人の人物と面接をして、サインをしてもらえと言われたデルは、しかしやる気がありません。

レストランのオーナー女性と会いますが、デルは勤労意欲を見せずにサインをもらうとすぐ引き下がります。

パソコン入力の仕事場でも、デルは意欲がありませんでした。サインをもらうと去ります。

3つめにデルが訪れた場所は、清掃人の求人募集がなされているビルでした。デルはそのビルへ入ります。

同じビルではその頃、資産家のフィリップがイヴォンヌ・ペンドルトンに命じて、介助人の募集をかけたところでした。

フィリップは気難しく、介助の人物と衝突を繰り返していたのです。そのたびに相手を解雇しており、今回も前任者のデヴィッドを辞めさせて、いまは料理人が臨時で手伝いをしているありさまでした。

イヴォンヌはフィリップの秘書をする女性です。

高額の仕事なので、フィリップの介助人の面接にはおおぜいの人がやってきています。

みんな身なりも整えて、礼儀正しく廊下にある椅子に腰かけていました。

デルは清掃の仕事の面接場所と間違えて、そこへやってきます。

勤労意欲がなく、また受かるはずがないと思い込んでいるデルは、ここでもサインだけもらって退出しようと思っていました。

順番待ちをしていたものの、息子のアンソニーを迎えに行く時間になったため、面接の最中のドアを開けて入り込むと、オーナーのサインを求めます。

フィリップは資産家ゆえに、周囲の人物はみんな自分のご機嫌を取る者ばかりでした。

割り込んできてサインを求めるデルの態度に、新鮮味を覚えます。

デルが前科者だと知ったフィリップは、なぜ刑務所に入ったのか質問しました。するとデルは「聞きたければ雇え」と無理難題を言います。

デルとしては、話したくないための条件だったのですが、フィリップは採用を決めました。

これに対し、デルのほうが二の足を踏みます。雇われると思っていなかったのと、ライフ介助の仕事だと聞いて、断ります。

フィリップはデルに、ひと晩考えてまた明日やって来いと言いました。そのときにサインをすると答えます。

フィリップのもとを辞したデルは、その足で息子のアンソニーの迎えに行きます。

しかしアンソニーにはとうに妻・ラトリスが連れ帰っていました。

デルは妻子の住む家に行きますが、愛想をつかされたラトリスとアンソニーに出ていけと言われ、追い出されます。

ラトリスを見返したいデルは、仕事をしてお金を稼ごうと考えました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「THE UPSIDE/最強のふたり(人生の動かし方)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×