映画:あやかし神楽

「あやかし神楽」のネタバレあらすじと結末

ファンタジー映画

あやかし神楽の紹介:2011年に公開された日本の特撮映画です。子役として有名な美山加恋氏が主演を務めています。巫女の家に生まれた主人公が、4人のお供やあやかしと共に妖怪マギラオに挑むという物語です。脇を固めるキャスト陣には、笑福亭鶴瓶氏の息子、駿河太郎氏や数多くのドラマに出演している浅野麻衣子氏が選ばれています。さらに本作のアクション監督を手掛けるのは、世界的スターのジャッキー・チェン氏やアクション俳優として有名なドニー・イェン氏と仕事をしたことのある谷垣健治氏です。

あらすじ動画

あやかし神楽の主な出演者

スズカ(美山加恋)、ヒロシ(中山聖也)、シゲル(小林京雄)、ナツヒコ(天野真佑)、クニオ(川合拓也)、大伴(駿河太郎)、スズカの母(浅野麻衣子)

あやかし神楽のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- あやかし神楽のあらすじ1

あやかし神楽のシーン1 女子中学生のスズカは、巫女の舞「お神楽」の練習をしていました。その練習はうまくいかず、スズカは母に怒鳴られてしまいます。父はスズカの味方をし、できなくてもいいじゃないかと慰めました。
スズカはマネージャーの仕事があるからと学校に行ってしまいます。母と父は神谷の宿命について話をしました。
神谷に生まれた女の子は宿命から逃れることはできず、生娘でなくなってしまえば、神様は興味を示しません。
娘が男とどうこうなるのは早いと父は言いますが、母はなんだか嫌な予感がすると深刻な表情を浮かべます。
母は父に対して、協力してと頼みました。

クニオがパソコンを触っています。彼の母は買い物に出かけました。

スズカは中学校に行き、サッカー部のマネージャーとして準備を始めました。ハルカ先輩が話しかけてきます。スズカは「お神楽」の練習をさせられると愚痴りました。
ハルカはそんな風習は古いと言い、2人はグラウンドへと向かいます。
グラウンドではヒロシたち1年生がすでにサッカーの練習をしていました。ヒロシはスズカのクラスメイトです。
ハルカがヒロシと良い感じなんじゃないのとからかいます。スズカは否定しました。
彼女たちを大伴という教師がじっと見つめています。ハルカが視線に気づき、「あいつ変態かもしれないから気をつけなよ」とスズカに警告を送りました。
サッカー中に転んだヒロシが、謎の石を拾います。それを持ってボールを蹴った瞬間、凄まじい勢いでゴールに向かって飛んでいきました。

シゲルという少年が水泳の練習をしています。誰かに足を掴まれもがいた瞬間、謎の石を偶然掴み取り、抜け出すことに成功しました。
シゲルは河童がいたと先生に言いますが、プールには何もいませんでした。

ナツヒコは花を観察して喋りかけています。彼もまた謎の石を拾いました。その瞬間、花の声が聞こえるようになります。

どこかの木の側で、黒い穴が広がりつつありました。

コーチが、ヒロシたちの先輩の指導をしています。ヒロシがボールを蹴ると、やはりものすごい勢いで飛びました。
そんなヒロシを大伴が見つめています。

クニオの母が家に戻ってきます。その後を黒い穴がついていきました。

シゲルはうまく泳ぐことができません。謎の石を持って、再度挑みました。するとさっきとは比べ物にならないスピードで泳ぐことができたのです。

ナツヒコは花からクニオを助けに行ってくれないかと頼みます。その言葉に従い、ナツヒコは駆けだしました。

【承】- あやかし神楽のあらすじ2

あやかし神楽のシーン2 クニオの母が息子に話しかけます。返事をしたクニオの側で、赤い火が一瞬だけ出現し、謎の石に姿を変えます。
その直後、母が家事よと叫びました。火事を起こしたのは黒い穴です。
クニオの持つ謎の石が光り、炎が消えました。

シゲルはカッパを見たと言い、謎の石を拾った途端、ものすごく泳げるようになったと言いました。
するとヒロシも石を拾ったと答えます。お互いの石を組み合わせると、元々1つだったかのようにピッタリと合わさりました。
スズカが彼らの側を通ります。別れの挨拶をした後、突然やってきた大伴がスズカに向かって、「俺に付き合ってほしい」と言います。

クニオの自宅の前にたどり着いたナツヒコは、黒い穴が逃げ去るのを目撃しました。
花はもう遅いと口を開き、クニオは無事だったと伝えます。クニオが家から出てきました。

スズカに話しかけた大伴は、ヒロシとシゲルにも付き合ってくれないかと声をかけます。
大伴は3人を連れて、クニオの家に向かうつもりでした。

その頃、別の場所では黒い穴が分裂し、3匹の怪物が地面から姿を現わしていました。

大伴はスズカたちに「最高の仲間になるはずだ」と断言します。家を訪ねた大伴は、クニオとナツヒコを呼び出します。
クニオは春先に消防士の父親を亡くしており、気分が落ち込んでいました。
ですがクニオは今日は気分が良いと言います。それを聞いた大伴は「石を手に入れたんだね」と返しました。
大伴は他の3人に向かって、「君たちも緑の石を手に入れただろう」と問いかけます。
彼らの持っている石は、やはりぴったりと合わさりました。
大伴は古い巻物を見せるから、もう少し付き合ってほしいと彼らに頼みます。その巻物は神谷の家にありました。この石は神谷家、ひいては神社と深いかかわりがあったのです。
気になった彼らは大伴に従い、クニオもついていくことにしました。

スズカの母は異変を感じ、舞を踊り始めます。その前に3匹の怪物が現れました。
神谷家にやってきた大伴は勾玉を持っていれば負けることはないと言い、スズカの母を助けるため、急ぎます。
父がやられてしまいます。母もピンチに陥りました。
そのとき大伴が刀を取り出し、怪物に立ち向かいますが、返り討ちに遭います。
怪物がスズカを襲おうとしました。ヒロシが怪物相手に立ち回りを演じます。
大伴がシゲルに水を、クニオに火を使えと指示を与えました。
心で念じたシゲルとクニオは水と火を操り、1匹の怪物を撃退します。
母をさらおうとした怪物の1匹をナツヒコが捕え、ヒロシが倒します。
直後、もう1匹の怪物が現れ、スズカの母はさらわれてしまいます。母は舞に必要な道具をスズカに残しました。

【転】- あやかし神楽のあらすじ3

あやかし神楽のシーン3 彼らは神谷家で、説明を聞くことになります。
緑の石は鈴の勾玉というもので、今から500年以上前、悪霊を退治するのに使われた伝説の勾玉でした。
スズカたちは悪霊を退治した5人の勇者の子孫だったのです。
巻物には悪霊退治の出来事が記されていました。

550年前、動乱の陰に悪霊の姿ありと睨んだ帝は、太古の神をまつる神宮の巫女鈴に、古代の悪霊を封じた塚を地鎮するように命じます。
鈴はお供の与平と4人の神官を連れ、日本各地を旅し、お神楽で清めていったのです。
ところが災いには原因がありました。日本が和の国と呼ばれていた頃、この国を滅ぼそうとした妖怪が長年の眠りから目覚めつつあったのです。
鈴たちは大妖怪マギラオの復活を阻止するため、戦ったのでした。

マギラオは1000年も昔、日本が海外から奴隷を連れてきたときに、一緒にやって来ました。日本人に対して激しい憎しみを抱いており、日本に災いをもたらしまくったのです。
和の国の王は神官に封印を依頼します。マギラオは神官に憑りつきました。神官は自分ごとマギラオを封じ込めます。

そうして1000年が立ち、戦国の世に目覚めつつあったマギラオは日本人と日本に住む妖怪を滅ぼそうとしたのです。
日本の妖怪たちは鈴たちに協力し、マギラオやその配下と戦いました。
マギラオは与平に憑りつき、完全復活を果たすため、鈴の生き血を奪おうとします。
鈴は勾玉の力で危機を出し、巫女の舞「お神楽」を踊って、マギラオを封じ込めたのです。

そして現在、マギラオは再び目覚めようとしています。
ヒロシたちは大伴がどうしてマギラオについて詳しいのか疑問に思いました。
なんと大伴はマギラオに取りつかれたお供、与平の血を引く人物だったのです。
神谷家と大伴家は500年もの間、マギラオが復活したときに備え、ずっと見守り続けていました。
母がスズカに「お神楽」を習得させようとしたのも、万が一に備えてのことだったのです。

説明を聞いてもヒロシたちはあまりピンと来ていませんでした。
するとかつて鈴たちと共に戦ったあやかし、水の妖怪河童、火の妖怪人魂、樹木の妖怪木霊、大地の妖怪ミノフシタマが現れます。
彼らは勾玉には、大地、水、木、火、人間の要素が込められていると言いました。
もう1つの欠片は500年前の戦いでどこかに消えてしまい、あやかしたちもどこにあるか知りませんでした。

大伴家にはマギラオを封じるため、人間の勾玉は洞窟に置かれているという話が伝わっていました。
その話はあやかしたちの誰も知りません。大伴はマギラオの復活には巫女の純潔が必要だと話し、母はスズカの身代わりとして連れて行かれたんだろうと推測しました。
母をさらったのはスズカをおびき寄せるための罠ですが、父の呪いを解くためにはマギラオを倒すしかありません。
つまり罠と分かっていてもマギラオのいる場所に行くしかないのです。
ヒロシはスズカの母を助けに行こうと提案しました。シゲルとナツヒコは話が大きすぎると家に帰ります。クニオは残りました。
あやかしたちはすぐ戻ってくると言います。なぜならシゲルとナツヒコは神官の子孫だと知られているため、マギラオに狙われているからでした。
案の定、シゲルとナツヒコはすぐに戻ってきます。
マギラオは人の頭をいじり、日本に核弾頭を落とそうと目論んでいます。
もはや母を助けるどうこうの話ではなくなっていました。

【結】- あやかし神楽のあらすじ4

あやかし神楽のシーン2 大伴は「先生ではなく与平とお呼びください」とスズカたちに忠誠を誓います。
彼らはマギラオと決着をつけるため、大伴の車で洞窟へと向かいます。

スズカの母は胸に木の枝を刺され、血を流していました。その血は骸骨に捧げられています。

スズカたちの前にマギラオの配下が現れました。ヒロシたちは勾玉の力を使い、配下を撃退していきました。
大伴に促され、スズカは母を助けに行きます。
母は本当のマギラオはそこにいると言いました。なんとマギラオの正体は大伴だったのです。
マギラオはスズカを刺し、血を吸いました。500年前、洞窟に封じられたのは肉体だけで、魂は代々大伴家の人間が受け継いでいました。
マギラオは大伴家に憑りつき、代々神谷家を見張っていたのです。
マギラオは自らの肉体にスズカの血を流し、完全に復活を遂げようとしていました。
ヒロシが駆け付け、大伴をぶっ飛ばします。スズカを抱き起こし、声をかけ続けました。
大地の妖怪が大伴を押しつぶした瞬間、魂が離れ、肉体と同化しました。
マギラオが復活してしまったのです。ナツヒコ、シゲル、クニオたちも駆け付け、マギラオに攻撃しますが、反撃されました。
ヒロシは最後の勾玉を探そうとしますが、そんなもの初めからなかったのです。
すると母がスズカこそが、最後の勾玉だと明かします。神谷家の娘は代々欠片を体に埋め込んで産まれてくるのでした。
それを聞いたヒロシは仲間を呼び寄せ、勾玉を出させます。
勾玉は1つになり、スズカは復活しました。彼らはかつての鈴と神官のような格好になり、巫女の舞「お神楽」を踊り始めます。マギラオは滅びました。
スズカたちはマギラオを倒したことを覚えていません。

安堵したのも束の間、弾道ミサイルがやってきます。何発かは爆発しますが、1発だけ残りました。
母に促され、ヒロシがスズカを打ち上げます。スズカはマギラオの怨念を鎮めようとしました。
弾道ミサイルが爆発します。ヒロシが叫びながら、もう1度飛び上がりました。

スズカが目覚めると、父の呪いも解けていました。ヒロシが助けたのです。
他の仲間やあやかしたちもいました。スズカは彼らを見てにっこりと笑います。

みんなの感想

ライターの感想

大伴が与平の子孫と聞いた時点で、「あれコイツなんか怪しくね」と思っていましたが、最後の最後で正体を現しました。キャラ的には子供たちを導く人物だっただけに多少残念です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「あやかし神楽」の商品はこちら