映画:アイフランケンシュタイン

「アイフランケンシュタイン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アイ・フランケンシュタインの紹介:2014年制作。現代まで生き残った人造人間のフランケンシュタインが、天使と悪魔との戦いに関わる姿を描いている。ケヴィン・グレイヴォーのグラフィック・ノベルが原作。スチュアート・ビーティー監督・脚本、アーロン・エッカート主演で贈る作品。

あらすじ動画

アイフランケンシュタインの主な出演者

アダム・フランケンシュタイン(アーロン・エッカート)、ナベリアス(ビル・ナイ)、テラ・ウェイド(イヴォンヌ・ストラホフスキー)、リオノア(ミランダ・オットー)、ズリエル(ソクラティス・オットー)、ギデオン(ジェイ・コートニー)、カール・アヴェリー(ニコラス・ベル)、デカル(ケヴィン・グレイヴォー)、ヘレク(スティーヴ・モーツァキス)、ヴィクター・フランケンシュタイン博士(エイデン・ヤング)、ケジアー(ケイトリン・ステイシー)、バラケル(デニス・アクデニス)、エリザベス・フランケンシュタイン(ヴァージニー・ル・ブルン)、サルゴン(ペニー・ヒッグス)

アイフランケンシュタインのネタバレあらすじ

【起】– アイフランケンシュタインのあらすじ1

1795年の冬、アダム・フランケンシュタインはヴィクター・フランケンシュタインによって蘇らされます。恐れたヴィクターは、彼を橋の上から処分をします。

アダムは仕返しにヴィクターの妻を殺し、ヴィクターをも家族の墓に弔ってやります。そしてナベリアスの手下の悪魔どもが、アダムを生け捕りにしようとやってきます。

アダムは悪魔どもと戦闘になって、杭を使って応戦しますが、やられそうになります。そこへガーゴイルの女王リオノアの配下が現れて悪魔は去ります。

彼らはアダムの側にあったヴィクターの本を見つけて驚きます。この本にはアダムについて書かれていました。アダムはリオノアの根城に運ばれます。

ガーゴイル軍団は大天使ミカエルから命を受けて、悪魔どもと戦うのが使命でした。天国から落ちたサタンが666の悪魔の軍団を解き放ったのです。

人間たちはガーゴイルがただの石像としか思っていませんでした。アダムはこの戦いに巻き込まれたのです。リオノアはナベリアスがアダムを必要とする理由が分かるまで、ここにいるようにと言います。

アダムはリオノアから武器をもらいます。悪魔を倒すには神聖なものが必要でした。アダムは武器庫にあった二本の棒を持っていきます。

リオノアはヴィクターの本をナベリアスに渡してならないと、司令官ギデオンに保管を頼みます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アイフランケンシュタイン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×