「アナと雪の女王」のネタバレあらすじと結末の感想

アナと雪の女王の紹介:2013年のディズニー映画である。この映画は手書きアニメーションではなく、3Dコンピュータアニメーションで制作されていることでも有名。原作はハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話「雪の女王」だが内容は全く異なっている。

予告動画

アナと雪の女王の主な出演者

エルサ女王(イディナ・メンゼル)、アナ(クリスティン・ベル)、オラフ(ジョシュ・ギャッド)、ハンス王子(サンヌティノ・フォンタナ)、クリストフ(ジョナサン・グロフ)

アナと雪の女王のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①アレンデール王国の姉妹・エルサとアナは仲良し。エルサは自在にものを凍らせ雪を降らせる能力を持っていた。幼少期に事故で妹のアナを傷つけたエルサは、以後アナを避けるようにし、能力を制御しようとしていた。姉妹が大人になった頃、両親が死に、エルサが女王になる戴冠式が訪れる。 ②アナはパーティーで出会ったハンス王子と恋に落ち、結婚を決める。妹と口論になった姉のエルサは力を見せてしまい、北へ逃げた。エルサの魔法でアレンデールが冬になり、アナが説得しに向かうが、エルサの魔法にかかる。 ③魔法を解かすのは真実の愛。ハンス王子はアナの座を利用しようと考えていた、アナの魔法を解いたのは姉の愛。エルサは力を制御できるようになり、王国に平和が戻った。

【起】- アナと雪の女王のあらすじ1

アレンデール王国。

オーロラの下、氷を切り出している男たちにまじって、少年のクリストフも見よう見まねで、氷を切り出します。
クリストフは幼いトナカイ・スヴェンと一緒に、氷を運び出しました。
氷は街へ持っていけば、売り物になるのです。

その頃、王宮では姉のエルサを妹のアナが起こしていました。
姉妹の仲はよく、いつも一緒に遊びます。妹・アナが特に大好きな遊びは、雪を使ってのものでした。
幼い姉妹はまだ知らないのですが、姉のエルサが持つ能力は、特殊なものでした。
手に触れるものを凍らせたり、念じるだけで雪を降らせたり凍らせたりする姉・エルサの能力は、世間に知れると魔女と思われかねない、あぶないものです。

屋敷のホールで雪を降らせ、床は氷にしたエルサは、アナと一緒に雪だるまを作って「オラフ」という名前をつけました。
アナは喜んでジャンプし、姉のエルサはアナが行く先に雪の道を作っていましたが、その時に間に合わず、能力をアナの頭に直接ぶつけてしまいます。
アナは倒れ、その時に髪の毛の一部が白くなってしまいました。
エルサは両親を慌てて呼びます。

王と妃はアナを連れて、国の知恵者である石の妖精たち、トロールに助けを乞いました。
トロールは「当たったのが頭でよかった。心なら大変なところだった」と言います。
アナに当たった魔法を消し、ついでに姉・エルサの能力に関する記憶も消しました。
一方で、危ないから姉・エルサの力を制御するようにとアドバイスします。
この現場を、氷を切り出していた少年・クリストフが、目撃しました。
クリストフはそれがきっかけで、トロールたちと親しくなるのですが、王も妃もそれを知りません…。

…王と妃は王宮から人を大幅に減らし、城の門も閉じました。
日増しに強くなる姉・エルサの能力を抑えるために、手袋を装着させ、人前で能力を見せないようにと言い聞かせます。
妹・アナは姉のエルサの能力にまつわる記憶がなくなったので、なぜ急に姉のエルサが自分から距離を置いたのか、分かりませんでした。寂しく思います。
エルサも妹・アナと距離を置くことをつらく思うのですが、それ以上に「もう絶対に、妹を傷つけたくない」という気持ちが勝りました。
妹のアナは、ひとりだけの姉・エルサを慕って毎日ドアを叩くのですが、姉のエルサは部屋から出てきませんでした。

10年後。
エルサが18歳の時、王と妃は旅に出かけ、そのまま海難事故で亡くなります。
屋敷には本当に、姉妹だけが取り残されました。
妹のアナはつらい思いをしますが、姉のエルサももっとつらい気持ちを抱いていました。
アナと仲良くしたいのに、能力だけが強くなって制御しきれないからです。

さらに3年後。
成人したエルサの戴冠式が、執り行われることになりました。
妹のアナは二重の喜びに溢れます。
ひとつは城門をひさびさに開けて外界と接することができる喜び、もうひとつは姉のエルサと会える喜びです。
ドレスを着て待ちきれないアナは、城の外に出ていきました。そこで、ぶつかった男性・ハンス王子と出会います。

戴冠式は盛大に行なわれました。
そこには初老のウェーゼルトン男爵も参加しており、アレンデールと貿易ができないかと画策しています。
戴冠式の後で行なわれたパーティーで、ハンス王子と再会したアナは、意気投合しました。
ハンス王子は13人兄弟の末っ子だそうです。
その日のうちにハンス王子からプロポーズを受けたアナは、すぐにそれを受け入れました。
喜びから、姉のエルサに結婚したいとアナは言いますが、姉のエルサは「もうちょっと慎重に考えなさい」と咎めます。

【承】- アナと雪の女王のあらすじ2

アナは、それまで13年間だれとも接することがなく、さびしかったのです。
そしてエルサの「会ってすぐに結婚を決めるのはよくない」という意見も、正しいものでした。
口論になった2人は、勢い余ってアナがエルサの手袋を取ってしまい、その時にエルサが振り払ったために、パーティーの会場でエルサの能力が露見してしまいます。
能力がみんなに知られたエルサは、その場を逃げ出しました。

王宮から出てもまだ興奮していたエルサは、触った噴水が凍ってしまい、国民にも能力が知れてしまいます。
初めて見る魔法に驚いた国民は、ついひそひそと囁き始めました。
エルサは13年間ずっと、自分の能力を抑える生活を送っていました。
それなのに露見した途端、このようにつまはじきにされるのです。
嫌になったエルサは北のノースマウンテンに移動し、そこで自分のための宮殿を作り上げました。
そこでありのままの自由を満喫しようと、考えます。
(注:ここが有名になった『レット・イット・ゴー』のシーン)

エルサは意図していませんでしたが、エルサの能力は予想以上に大きなものでした。
エルサはノースマウンテンでひとりで暮らそうと決意しますが、エルサが放った魔法によって、夏にも関わらずアレンデール王国は氷の世界になってしまいます。

アナは、婚約者のハンス王子に留守中のアレンデール王国のことを頼むと、姉のエルサを追っていきました。
ハンス王子の馬で追いかけますが、途中で馬に逃げられ、徒歩で移動します。
雪の中で凍りながら歩いたアナは、火を見つけました。それを目指して進み、『オーケンの店』に行きます。
店主に「夏だけれども、北の山から寒波が来たのだ」と教わったアナは、姉のエルサが北の山にいると思いました。

その店へ偶然、ニンジンと冬用の登山用具を買いに、山男のクリストフ(幼少期に氷の切り出しをしていた少年)がやってきました。しかしクリストフは金を少ししか持っておらず、買いたいものが買えません。
アナはクリストフと交渉し、クリストフの欲しいものを調達する代わりに、自分を北の山・ノースマウンテンまで連れていってくれるよう頼みました。
クリストフとアナは大きく成長したトナカイ・スヴェンがひくそりに乗って、移動を開始します。

道中、姉妹げんかをすることになったきっかけを話すと、クリストフも「アナが出会った相手と結婚をその日のうちに決めた」ことに驚きました。
見知らぬ相手には警戒すべきだということを話していると、オオカミが出没します。
逃げた一同はオオカミの群れに追われますが、がけを飛んで引き離しました。
ところががけを飛んだ時に、クリストフのそりと荷物が落ちて燃えてしまいます。
申し訳なく思ったアナは、あとでそりと荷物を弁償すると言って、立ち去りました。
ひとりで心細いだろうと思い、クリストフとスヴェンもついていきます。

北へ向かうにつれ、どんどん寒くなり、つららのような尖った氷があります。
寒いけれども綺麗…と話していると、雪だるまが話しかけてきました。雪だるまは「オラフ」と名乗り、アナは記憶をなくしているものの、「雪だるまといえばオラフだ」と思います。

【転】- アナと雪の女王のあらすじ3

…その頃、アレンデール王国に、アナを乗せたはずの馬だけが戻ってきました。
ハンス王子はすぐさま、救助部隊を出動させますが、エルサの能力が驚異的なものだと思ったウェーゼルトン男爵は、手下の男2人にエルサの暗殺を命じ、部隊に加わらせます…。

オラフの道案内で、アナは雪の宮殿にたどりつきました。氷の階段ができており、アナはひとりで宮殿に入ります。
エルサは妹のアナに会って一瞬嬉しく思うものの、幼少期にアナを傷つけてしまったことを思い出して、遠ざけようとしました。
アナは姉のエルサに、アレンデール全土が氷に包まれていることを訴えます。
エルサもそこまでは考えていなかったので、アレンデールをなんとか元に戻したいと考えました。

ところがそこで、エルサは気づきます。今まで自分の能力を抑えることに必死で、そのことばかり考えており、自分の能力で凍ったものを溶かす方法を、エルサは知らなかったのでした。
アナはエルサにとにかく戻ってもらいたいと訴え、協力して考えれば、何か解決策が浮かぶと言います。
傷ついたエルサは動揺したために、アナに向かってまた能力をぶつけてしまいました。今度の魔法は、アナの胸に当たります。
それでもエルサは「帰ってくれ」と言うと、巨大な雪男・マシュマロウが現れました。
マシュマロウがアナ、クリストフ、スヴェン、オラフを追い払います。

逃げたクリストフがアナを見ると、髪の毛が白くなっていました。
それどころか、身体が冷たくなってきています。
これはよくないと考えたクリストフは、森の知恵者であるトロールのところへ連れて行き、どうすればよいか聞きました。
(ここで、序盤で少年・クリストフが、アナやエルサの両親がトロールと会った直後に自分もトロールたちと会い、親しくなったことがうかがえる)
トロールたちはクリストフが女性を連れてきたと知ると、花嫁を連れてきたのだと喜びます。
知恵者のトロールに相談したクリストフは「このままだと命があぶない。胸に刺さった氷は、真実の愛しか溶かせられない」と言います。
婚約者のハンス王子のことを聞いていたクリストフは、王宮にアナを連れて戻ろうと、スヴェンを走らせました。

そのハンス王子は救援部隊を率いて、姉のエルサの氷の宮殿に到着しています。
雪男のマシュマロウと戦って、マシュマロウは崖から落ち、ハンス王子はエルサに会いました。
ウェーゼルトン男爵の部下がボウガンで命を狙おうとするのに気付いたハンス王子が、ボウガンを取り上げます。
ところがその矢は氷のシャンデリアに当たり、エルサは落ちてきたシャンデリアが当たって気絶しました。
気を失ったエルサをハンス王子たちは城に連れ戻し、幽閉します。
目覚めたエルサにハンス王子が話しかけ、アレンデール王国を夏に戻してくれと訴えました。
エルサは「できないのよ。魔法を解く方法は分からない」と答えます。

宮殿へ辿り着いたクリストフは、アナを守衛に託し、事情を説明しました。
送り届けたものの、クリストフはアナの具合がよくなるか、心配です。
アナはハンス王子と会い、真実の愛のあかしのキスをせがみますが、ハンス王子は拒みました。態度も豹変します。

ハンス王子は先述のとおり、自国の13番目の王子でした。王位継承権は13番目です。
自国で王となれる可能性は限りなく低く、王になるには「他国の王妃の夫となること」でした。

【結】- アナと雪の女王のあらすじ4

アナに出会ってすぐプロポーズをしたのは、野心家のハンス王子が、アレンデール王国を狙ってのことだったのです。
アナと結婚をしたあとは、何かの方法で姉のエルサを事故死に見せかけて殺し、自分が王になろうと考えていたのでした。
つまり、ハンス王子はアナに、これっぽっちも愛情を抱いていなかったのです。

むしろここでアナが死んでしまえば、姉のエルサを処刑するいい大義名分ができたと思ったハンス王子は、暖炉の火を消すとアナをわざと放置しました。
そして城の者には、アナは死んだ、姉に殺されたと伝えます。
ウェーゼルトン男爵たちはそれを信じ、姉のエルサを処刑しようと言い出しました。

王宮から離れたクリストフですが、トナカイのスヴェンからアナの様子を見に行けとせかされ、城に異変が起きているのを察したクリストフは戻ります。
王宮では雪だるまのオラフがアナを見つけ、アナのために暖炉の火をおこしました。アナを火のそばに連れていきます。
「愛とは、自分よりも相手のことを大事に思うこと」というオラフの言葉によって、アナは自分を必死で城まで送り届けてくれたクリストフの方が、はるかに愛情を持っていてくれたと気付きました。
アナはクリストフに会いに行こうと考えます。

ハンス王子から妹のアナが死んだと聞かされたエルサは、ショックを受けました。
自分のせいだと聞かされてなお驚き、周囲のものが凍り始めます。
ハンス王子がエルサに剣を向けました。
アナは城から抜け出して、クリストフに会いに行こうとしていましたが、姉にハンス王子が剣を向けているのを見て、とっさに姉・エルサをかばって剣の前に身を乗り出します。
ちょうどその時、アナに魔法がかかってアナは凍りました。剣は凍ったアナにはじかれます。
(そしてこの瞬間、ハンス王子が「妹のアナは死んだ」と言っていた言葉が嘘だと、周囲にも露見した)

自分の魔法にかかりながらも、身を挺して自分をかばった妹・アナが凍った姿を見て、姉のエルサは凍ったアナを抱き締め、号泣しました。
とりすがって泣く姉の愛を感じ、アナにかかった魔法が解けます。
魔法が解けたアナは、金髪の髪に戻っていました。
(この映画での「真実の愛」とは、男女の愛情ではなく家族愛、姉妹愛を描いていた)
「真実の愛こそが、魔法を解くことができる」
それを聞いたエルサは、アレンデール王国の氷の魔法を解く方法に気づかされます。

姉のエルサは自分の愛情を、王国に向けました。
すると一面氷の世界だった王国は、みるみるうちに氷が解け、アレンデール王国に夏が戻ります。
解けかけた雪だるまのオラフには、エルサが専用の小さな雪雲を用意し、解けないようにしました。

ハンス王子には、アナがパンチを食らわせ、祖国に戻す手配をします。処分はハンス王子の国に任せました。
すりよろうとしてくるウェーゼルトン男爵にも、エルサは「貿易の取引はしない」と言い渡します。

こうしてアレンデール王宮に、再び平和が戻りました。
エルサも愛情を向ければ魔法がかからないと知り、自分の力をコントロールできるようになります。
力を制御できる女王・エルサは、国民にも信頼されました。

アナはクリストフにそりと荷物を弁償し、王国公認の氷運びを任命します。そしてアナとクリストフは、恋人同士になりました。
国民に認められたエルサは、城の広場を開放し、王宮のフロアを凍らせて国民のためにスケート場を用意します。
国民は真夏のスケートを楽しい真下。

(エンドロール後)氷の王宮にて。マシュマロウがエルサのティアラを見つけ、頭につけてみる。

みんなの感想

ライターの感想

この映画はディズニー映画では初となるダブル主人公の物語です。アナとエルサという仲のいい姉妹が魔法によって引き裂かれてしまうのですが、兄弟愛や恋愛などを通して色んなことを学んでいきます。最後には、国を守りつつ姉妹の関係も修復出来てアナは本当の恋もします。予想外の展開もありますが全てがハッピーエンドで終わるので見ていてすっきりします。
物語の中では氷の結晶や粉吹雪のシーンがたくさんありますが、これらのシーンで描かれている雪の粒や氷の結晶は、一粒一粒違う形をしているそうです。

ライターの感想

最も印象に残っているのは、主人公の一人であるエルサが、隠していた自分の特殊な力(触れたものを凍らせる力)が皆にばれてしまい、山に逃げ出し、主題歌"Let It Go"を歌う場面です。
この映画はディズニーが制作したもので、本場はアメリカですが、この場面はアメリカ人以上に、日本人に日ごろの自らの行いを省みさせる場面であると私は思います。
なぜなら、日本には、エルサの特殊な力に喩えられているような、何かしらの特技や才能を他人の前で見せたり、感情を表したりするのをあまり良しとしない精神的風土があるように思うからです。それによってエルサと同じように、窮屈な思いをしている日本人も数多く存在するのではないかと思います。

ライターの感想

アナと雪の女王は映画館で吹き替えで見ました。一番印象に残っているのは、エルサが城をとびだして雪山で歌っているシーンです。
それまでおさえたれていた感情から解放され、いきいきとしているエルサが感動をさそいます。
そして映像が本当にきれい。ディズニー映画で泣いたのは今も昔もこのシーンだけです。
このシーンは吹き替えだと松たか子さんが歌っていて、テレビでもよく流されているシーンで知っていたのですが大画面で見たのもあり、感情が強くゆさぶられました。

ライターの感想

この映画が大ヒットする要因…今までは男女の愛だけを、いわゆるおとぎ話のハッピーエンドに持って来ていたのだが、今作品はちがう。
今作品では、家族の愛、姉妹の愛をテーマに描いている。
家族愛はハリウッドでよく扱われているのだが、ディズニー映画で前面に押し出した映画って、そういえばなかったような。
…ま、そういうの除外しても、ひとみの大きなエルサとアナが、くるくるとよく動き、いきいきとしゃべる様子は、見ていて楽しい。
妹のアナに対して、能力者である姉のエルサが、なんかかわいそう。
自分で持ちたかった能力でないのに、それを持つが故に制御せねばならず、
妹のアナは事故の記憶も忘れて能天気に生きている(アナも可哀想な面はあるんだけど)。
クライマックスのシーンであの名曲が出てくるのかと思ったら、意外にもエルサが北の山で生きると決意したシーン。
いや、でもこのシーンはエルサが存分に能力を使い、自由に生きると決意したシーンでもあり、見ていて爽快だった。

映画の感想を投稿する

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

映画「アナと雪の女王」の商品はこちら

アナと雪の女王 (竹書房文庫)