映画:アナと雪の女王

「アナと雪の女王」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

ファンタジー映画

【転】– アナと雪の女王のあらすじ3

アナと雪の女王のシーン3

画像引用元:YouTube / アナと雪の女王トレーラー映像

…その頃、アレンデール王国に、アナを乗せたはずの馬だけが戻ってきました。

ハンス王子はすぐさま、救助部隊を出動させますが、エルサの能力が驚異的なものだと思ったウェーゼルトン男爵は、手下の男2人にエルサの暗殺を命じ、部隊に加わらせます…。

オラフの道案内で、アナは雪の宮殿にたどりつきました。氷の階段ができており、アナはひとりで宮殿に入ります。

エルサは妹のアナに会って一瞬嬉しく思うものの、幼少期にアナを傷つけてしまったことを思い出して、遠ざけようとしました。

アナは姉のエルサに、アレンデール全土が氷に包まれていることを訴えます。

エルサもそこまでは考えていなかったので、アレンデールをなんとか元に戻したいと考えました。

ところがそこで、エルサは気づきます。今まで自分の能力を抑えることに必死で、そのことばかり考えており、自分の能力で凍ったものを溶かす方法を、エルサは知らなかったのでした。

アナはエルサにとにかく戻ってもらいたいと訴え、協力して考えれば、何か解決策が浮かぶと言います。

傷ついたエルサは動揺したために、アナに向かってまた能力をぶつけてしまいました。今度の魔法は、アナの胸に当たります。

それでもエルサは「帰ってくれ」と言うと、巨大な雪男・マシュマロウが現れました。

マシュマロウがアナ、クリストフ、スヴェン、オラフを追い払います。

逃げたクリストフがアナを見ると、髪の毛が白くなっていました。

それどころか、身体が冷たくなってきています。

これはよくないと考えたクリストフは、森の知恵者であるトロールのところへ連れて行き、どうすればよいか聞きました。

(ここで、序盤で少年・クリストフが、アナやエルサの両親がトロールと会った直後に自分もトロールたちと会い、親しくなったことがうかがえる)

トロールたちはクリストフが女性を連れてきたと知ると、花嫁を連れてきたのだと喜びます。

知恵者のトロールに相談したクリストフは「このままだと命があぶない。胸に刺さった氷は、真実の愛しか溶かせられない」と言います。

婚約者のハンス王子のことを聞いていたクリストフは、王宮にアナを連れて戻ろうと、スヴェンを走らせました。

そのハンス王子は救援部隊を率いて、姉のエルサの氷の宮殿に到着しています。

雪男のマシュマロウと戦って、マシュマロウは崖から落ち、ハンス王子はエルサに会いました。

ウェーゼルトン男爵の部下がボウガンで命を狙おうとするのに気付いたハンス王子が、ボウガンを取り上げます。

ところがその矢は氷のシャンデリアに当たり、エルサは落ちてきたシャンデリアが当たって気絶しました。

気を失ったエルサをハンス王子たちは城に連れ戻し、幽閉します。

目覚めたエルサにハンス王子が話しかけ、アレンデール王国を夏に戻してくれと訴えました。

エルサは「できないのよ。魔法を解く方法は分からない」と答えます。

宮殿へ辿り着いたクリストフは、アナを守衛に託し、事情を説明しました。

送り届けたものの、クリストフはアナの具合がよくなるか、心配です。

アナはハンス王子と会い、真実の愛のあかしのキスをせがみますが、ハンス王子は拒みました。態度も豹変します。

ハンス王子は先述のとおり、自国の13番目の王子でした。王位継承権は13番目です。

自国で王となれる可能性は限りなく低く、王になるには「他国の王妃の夫となること」でした。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アナと雪の女王」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×