「ウォークラフト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

【承】– ウォークラフトのあらすじ2

ウォークラフトのシーン2

画像引用元:YouTube / ウォークラフトトレーラー映像

ローサー達が兵士たちが襲われた森へ向かうとひどい有様で、木からはフェルが流れだしている。すると隠れていたブラックハンド達オークが襲いかかってくる。デュロタンもでてくるがカドガーの魔法に驚いている。更にメディヴの魔法でオーク達を寄せ付けない。

逃げ出すオーク達の中で囚われていたガローナの鎖を切って行くデュロタン。最終的にガローナともう一体のオークを捕らえて城に向かうローサー達。道中でもう一体はローサーが殺してしまう。王の前に連れ出されたガローナ。自分たちはオークだと言い、この世界の7つの国にはないと話す。

ブラックハンドは逃げ帰ったことをグルダンに責められ殺されそうになったところをデュロタン達が助ける。

捕らえられているガローナの牢屋へメディヴがやってきて誰がフィルに魔力を唆したとのかと尋ねる。わからないが声は聞いたとガローナ。そこへ王妃が現れ姿を消すメディヴ。王妃はガローナに上掛けを渡し、冷えるからと温かい飲み物を渡す。話しながらガローナの首の鎖に気付いた王妃は外してあげる、ここで一緒に暮らそうと諭す。

ローサーはガローナにも装備を渡し、馬で一緒に出かける。カドガーは馬に乗ってる間もずっと本を読んでいる。途中で城からだいぶ離れたことに気付いて後ろを振り返り驚いている。

夜、焚き火の前で横になっているガローナをじっと見ているカドガー。ローサーが戻ってきてからかうと、ガローナも私と寝たいのよとからかう。ガローナは自分の名前が「呪われた」と言う意味だと話す。

ゲートまでやってくるローサー達。隠れて見ていたが、ローサーはガローナとカドガーを戻すように兵士に伝える。すると近くで見てイタデュロタンがガローナの前に現れて、フェルは危険だと話し、ガローナには人間の近くにいた方が安全だと話し、去っていく。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ウォークラフト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×