「ウォークラフト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

【転】– ウォークラフトのあらすじ3

ウォークラフトのシーン3

画像引用元:YouTube / ウォークラフトトレーラー映像

7つの国の王達が会合を持っているが、大いに揉めている。そこへローサーが現れゲートの話をし、早く手を打たないと大変なことになると王達に話す。守護者はどうした!と騒ぐ面々。メディヴの姿はない。一方のメディヴはフィルに当てられて、魔力の泉に浸って力を取り戻そうとしている。

ガローナは王に、デュロタンとあって欲しいと話し、ローサーは罠だと反抗するが王は会うことを決め、王妃はガローナに身を守るためと短剣を渡す。

カドガーの部屋を訪れているメディヴ。部屋には調べ物の紙がたくさん釣られている。メディヴは資料を面白く思わなかったようで、国の守護者は自分だ!フィルのことは自分に任せて、お前は王を守れと資料を全部焼いてしまう。

ローサーの元へやってくるカドガー。メディヴにフィルの資料を全部焼かれてしまったこと、唯一残しておいたものにはゲートによく似たものが描かれていることを話す。

谷で王を連れてデュロタンと会合を持つローサーとガローナ達。無事に話し合いが済むかと思われた矢先、石の下に隠れていたグルダンの部下のオーク達が襲いかかってくる。崖の上にはメディヴの姿があるが、うまく集中できていない様子。ローサーは守護者はまだかとあたりを見回している。

ついにメディヴの魔法が発動されるが、コントロールが聞かない様子で見方も取り残してしまう。ブラックハンドの前に取り残されたローサーの息子。メディヴに魔法を解くように叫ぶが魔法が解かれない。ローサーがじっと見つめる前で、ブラックハンドは目を合わせながらローサーの息子を殺してしまう。オーク達から離れて、崖の上に上がっていくとメディヴが倒れている。急いで魔力の泉にメディヴを戻すと、一瞬メディヴの目がフィルの緑色に光り、気付いたカドガーは大変だと助けを求めに守護者の城を出ていく。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ウォークラフト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×