映画:エアベンダー

「エアベンダー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

エアベンダーの紹介:2010年公開。気、水、土、火のエレメントを4つの国が統治する世界で、戦乱の世を救う少年の姿を描いた作品。テレビアニメ「アバター 伝説の少年アン」の第1シーズンを基に制作された。世界は4つのエレメントに属する国があり、統治するのは全てのエレメントを使いこなせる「アバター」の役割だった。しかし、代々受け継がれていたアバターは100年前に姿を消してしまう。世の中の秩序は乱れて、人々はアバターを必要とした。

あらすじ動画

エアベンダーの主な出演者

アン(ノア・リンガー)、カタラ(ニコラ・ペルツ)、ズーコ王子(デーヴ・パテル)、サカ(ジャクソン・ラスボーン)、アイロ伯父(ショーン・トーブ)、ジャオ司令官(アシフ・マンドゥヴィ)、オザイ王(クリフ・カーティス)

エアベンダーのネタバレあらすじ

【起】– エアベンダーのあらすじ1

世界は気、水、土、火のエレメントに属する国に別れていました。4つの国をまとめていたのは、代々「アバター」と呼ばれる4つのエレメントを使いこなせる者の使命でした。

今から100年前、アバターが突然と姿を消してしまいます。そして火の国が反乱を起こして、世界の秩序は乱れます。

南の水の国に住んでいる少女のカタラと兄のサカは狩りに行きます。氷の下に何かいることを見つけてたので割ることにします。

天から光が差し込んで氷が割れてきます。中から出てきたのは、100年前に姿を消したアバターのアンでした。カタラとサカはアンを家に連れて帰ります。

火の国の追放者のズーコ王子が訪れます。アンの額に刻まれている刺青から、ズーコ王子は船で彼を試すことにします。

結果、アンがアバターであることが分かります。ズーコ王子は国へ連れて行こうとしますが、逃げられます。アンはカタラとサカと一緒に旅に出ます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エアベンダー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×