映画:オンネリとアンネリのふゆ

「オンネリとアンネリのふゆ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

オンネリとアンネリのふゆの紹介:2015年のフィンランド映画で、日本公開は2018年。フィンランドの人気児童文学『オンネリとアンネリ』シリーズの映画化第2弾。前作と同じキャストと制作陣で挑んだ今作は、本国では前回を上回る大ヒット作となった。まもなくクリスマス。オンネリとアンネリはバラの木夫人から買ったおうちで楽しく暮らしていた。ある日、悪い人間から逃げているというこびとの一家に出会ったオンネリとアンネリは、2人のドールハウスに一家をかくまうのだが…。

あらすじ動画

オンネリとアンネリのふゆの主な出演者

オンネリ(アーヴァ・メリカント)、アンネリ(リリャ・レフト)、バラの木夫人(エイヤ・アフヴォ)、リキネン(ヤッコ・サアリルアマ)、ウメ・ボーシュ(ヨハンナ・アフ・シュルテン)、プクティーナ(キティ・コッコネン)、ノッポティーナ(エリナ・クニヒティラ)

オンネリとアンネリのふゆのネタバレあらすじ

【起】– オンネリとアンネリのふゆのあらすじ1

※前作までのあらすじは『オンネリとアンネリのおうち』をご覧ください。

黒髪の女の子オンネリと金髪の女の子アンネリは、バラの木夫人から買ったとてもかわいいおうちで、2人で過ごしています。お隣さんは変わらず、魔法が使えるノッポティーナとプクティーナ姉妹(以下は姉妹と表記)。反対側のお隣のウメは、警官のリキネンと結婚し一緒に暮らし始めました。オンネリとアンネリは、ご近所さんとも仲良しです。

クリスマスも近づいてきたある夜。オンネリとアンネリのおうちに、プティッチャネンというこびとの一族である5人家族が、バラの木夫人を訪ねて来ます。しかしオンネリとアンネリはバラの木夫人の連絡先は知らないうえ、彼女のいとこであるお隣の姉妹も現在留守にしていました。一旦引き返したプティッチャネン一家でしたが、車の走行中に事故に遭ったため、再びオンネリとアンネリに助けを求めます。ただし一家曰く、悪い人間に見つかると危ないため、自分たちの存在を秘密にしてほしいとのこと。

オンネリは一家の車の修理を依頼するため、近所のガソリンスタンドに持ち込みます。スタンドの主人は修理を快諾してくれましたが、お店に小さな車のタイヤ痕を昼間に見かけていた妻のアデレは、オンネリがおもちゃだと言うミニカーを見て不審に思いました。

もう夜も遅いためオンネリとアンネリは、プティッチャネン一家をおうちの2階にあるドールハウスにかくまうことにします。そうこうしているうちに、不思議な出来事が。オンネリとアンネリが使っているクリスマスのアドベントカレンダーには、とても小さな道具が入っていて、こびとが使うのにピッタリなのです。2人は「出来事には意味があるのね」と実感し、微笑みあいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「オンネリとアンネリのふゆ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×