映画:ガリバー旅行記(2010年)

「ガリバー旅行記(2010年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ガリバー旅行記(2010年)の紹介:2010年公開のアメリカ映画。ジョナサン・スウィフトの古典文学を、ジャック・ブラック主演で映画化した。原作を大胆に翻案し、小人の国に流れ着いた旅行記者ガリバーが繰り広げるファンタジー・アドベンチャー作品。

あらすじ動画

ガリバー旅行記(2010年)の主な出演者

レミュエル・ガリバー(ジャック・ブラック)、メアリー王女(エミリー・ブラント)、ダーシー・シルバーマン(アマンダ・ピート)、ホレイショ(ジェイソン・シーゲル)、セオドア王(ビリー・コノリー)、エドワード将軍(クリス・オダウド)、オーガスト王子(オリー・アレクサンデル)

ガリバー旅行記(2010年)のネタバレあらすじ

【起】– ガリバー旅行記(2010年)のあらすじ1

ガリバーはNYの新聞社に勤務している男です。新聞社に届いた郵便物を仕分けする仕事ですが、ガリバーはジャーナリストになる夢を持っていました。

口は達者で言うことは一人前なのですが、行動に移さないガリバーは、ダーシーという同僚の女性に片想いしていますが、告白もできません。

ある日、複数の記事を借用して作った偽の文書を作ったガリバーは、ダーシーに注目され、謎のバミューダ三角地帯の取材という仕事をゲットしました。

早速船で取材に出かけたガリバーですが、突然の嵐に見舞われ遭難してしまいます。着いた先は、リリパット王国という小人が住む美しい国でした。

リリパット国は隣のブレンスキー王国と戦っています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ガリバー旅行記(2010年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×