「クジラの島の少女」のネタバレあらすじと結末の感想

クジラの島の少女の紹介:2002年製作のニュージーランド映画。ウィティ・イヒマエラの同名小説を、ニキ・カーロ監督が実写化。主演はマオリ出身のケイシャ・キャッスル=ヒューズ。日本公開は2003年。

予告動画

クジラの島の少女の主な出演者

パイケア・アピラナ(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)、コロ・アピラナ(ラウィリ・パラテーン)、フラワーズ(ヴィッキー・ホートン)、ポロランギ(クリフ・カーティス)、ラウィリ(グラント・ロア)、ヘミ(マナ・タウマウヌ)、シロ(レイチェル・ハウス)、ウィリー(タウンガロア・エミール)

クジラの島の少女のネタバレあらすじ

【起】- クジラの島の少女のあらすじ1

ニュージーランドの海辺には、ファンガラというマオリ族の村があります。
この村では、はるか昔パイケアという勇者が、クジラに乗ってハワイキからこの地にやってきたという伝説が言い伝えられていました。そして、パイケアを祖先とするマオリ族の長は、代々男性に限られていました。

ある日、族長コロの長男であるポロランギの妻が、男女の双子の子どもを産みます。しかし、妻と双子の弟は亡くなり、女の子だけが生き残ります。
跡取りを心待ちにしていたコロは、女の子が生き残ったことに不満を漏らします。ポロランギはそんな父親の態度に嫌気が差し、娘を伝説の勇者と同じパイケアと名付けて、村を飛び出してしまいます。ポロランギが世界中を放浪するアーティストになったことから、パイケアはコロとその妻フラワーズの元で育てられることになります。

やがてパイケアは12歳になります。族長であるコロは、後継者となるはずであった男の子を亡くしたことを悲しみ、女の子であるパイケアを受け入れることができませんでした。しかし、彼女を露骨に嫌っているわけではありません。
パイケアを自転車に乗せて、毎日の学校の送り迎えをするなど、愛情ある一面も持ち合わせていたのです。そして、パイケアもそんなコロのことが好きでした。

【承】- クジラの島の少女のあらすじ2

パイケアの学校で行事がおこなわれたある日、ドイツでアーティストになったポロランギが村に戻ってきます。
コロはポロランギに村の未婚女性を紹介し、跡取りとしての役目を果たすように説得します。ところが、ポロランギには恋人がおり、すでに子どもも授かっていたのです。父子は一悶着起こし、コロは女の子であるパイケアは無駄だと口走ってしまいます。
ショックを受けたパイケアに対して、ポロランギは一緒に村を出るように促します。部族にとって自分は疎ましい存在なのかとずっと悩んでいたパイケアは、父親についていくことを決意します。
翌朝、荷物をまとめて車に乗りますが、道中パイケアは海から発せられる声なき声を耳にします。そして、ポロランギに村へ戻るように訴えるのでした。

それ以来、パイケアは自分がマオリ族の族長になる血筋の人間であることを自覚して、男性社会の古い伝統や文化を受け入れるために努力します。しかし、コロは一族の不幸の原因がパイケアの出生にあると信じ込んでおり、戻ってきたパイケアを冷たくあしらいます。
そして、村の少年たちをマラエという集会所に集めて、新しい族長を育成するための演習をおこないます。少年たちの中から族長が誕生することを期待して、コロはマオリ族の伝統的な歌や踊り、代々受け継がれるタイアハと呼ばれる棒術などの特訓をします。
一方、女の子であることを理由にマラエに行くことを禁じられているパイケアは、集会所の様子をこっそり覗いて、自主練習を重ねていきます。そして、かつてタイアハの使い手と称された叔父のラウィリの力を借りて、武術の特訓も始めます。
そんなある日、パイケアはマラエに通うヘミと喧嘩になり、彼をタイアハで負かします。それを見ていたコロは、マラエに無断で入ったこと、タイアハを使ったことを厳しく叱りつけるのでした。

【転】- クジラの島の少女のあらすじ3

マラエで特訓を重ねた少年たちは、最後の試練を受けることになります。
コロは船を出し、代々族長が身につけるクジラの歯の首飾りを海に投げ入れます。それを取ってきた少年が、次の族長になるはずでした。ところが、誰一人として海の底に沈んでいく首飾りを取ってくることはできませんでした。
これは族長の資格を持つ人間がいないことを示しており、激しく落胆したコロは寝込んでしまいます。そして、先祖に助けを乞おうと海に向かって歌いますが、彼の声が届くことはありませんでした。

それを見ていたパイケアは、首飾りを探しに行きます。ロブスターのお土産付きで見つけることに成功しますが、首飾りはコロに知らせるのはまだ早いと考えたフラワーズの手に託されます。その後、パイケアもコロと同じように海に向かって歌うのでした。
さらに、パイケアはコロとの関係を修復するために、自ら主催した学芸会にコロを招待します。コロは学芸会に出かける準備をして、家を出ます。すると、クジラの一群が浜辺に打ち上げられていることに気付きます。パイケアの歌声が先祖に届き、クジラを呼び寄せてしまったのです。

その頃、パイケアはスピーチコンテストで1位を獲得した、祖父に捧げる詩を披露していました。
はるか昔、伝説の勇者であるパイケアが悩み苦しんだときのことを、現在のコロに重ね合わせて、コロを励まそうとする詩でした。涙をこぼしながらコロに自分の気持ちを伝えようとするスピーチは絶賛されますが、コロは最後まで姿を見せることはありませんでした。

学芸会から戻った村人たちは、ようやく浜辺にクジラが漂着していることに気付きます。一丸となって懸命の救助をしますが、無数のクジラを動かすことはできませんでした。
1頭、1頭と力尽きていくなか、コロはマオリ族の終焉を予感します。パイケアも手を貸そうとしますが、やはりコロは邪険に扱うのでした。

【結】- クジラの島の少女のあらすじ4

徹夜の介護で疲れきった村人たちが家に帰ろうとした頃、パイケアは一人クジラの元へ向かいます。
パイケアが語りかけるようにクジラに触れると、息絶えていたクジラが回復します。そしてパイケアはクジラの背にまたがって、大海原に帰します。それに導かれるように、ほかのクジラも海へ戻っていくのでした。
事態に気付いたフラワーズは、預かっていたクジラの歯の首飾りをコロに見せます。ひときわ大きなクジラの背に乗って、海へと消えていくパイケアの姿を見て、コロは全てを悟るのでした。
パイケアは「死ぬことは怖くない」と心中を語りながら、クジラと共に海底へ沈んでいきます。
その後、パイケアは村人たちに救助されて、病院に運ばれます。目を覚ますと、傍らにはコロがいました。

雄大な青い空の下で、マオリ族の人々が船を出します。大勢の漕ぎ手がいる船の中央にはパイケアと、隣ではコロが微笑んでいました。部族の新たな長となったパイケアは歌をうたい、皆がそれに合わせて船を漕ぎます。
そして、「私はパイケア。預言者ではないが、明るい光は見える。皆で力を合わせれば、未来を築ける」と彼女が語りかける場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

伝統や文化に囚われる村という社会は、世界という視点から見ると小さく、閉鎖的に見えます。しかし、クジラに乗ってやってきたという神秘的な言い伝えと、ニュージーランドの雄大な自然は、物語のスケールを広げてみせていました。自分の存在意義について考えて、居場所を見つけていくパイケアの姿には、多くの方が励まされるのではないかと思います。そして彼女に突き動かされて、絆を取り戻した人々が一つになるラストには、爽やかな感動がありました。

映画の感想を投稿する

映画「クジラの島の少女」の商品はこちら