映画:ゴーストニューヨークの幻

「ゴーストニューヨークの幻」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ファンタジー映画

ゴースト ニューヨークの幻の紹介:1990年公開のアメリカ映画。幽霊となっても愛する人を守ろうとする男の姿を描くファンタジックなラブ・ストーリーで、ロマンス、コメディ、ファンタジー、ホラーといったいくつかのジャンルに含まれる。主題歌となったライチャス・ブラザーズの「アンチェインド・メロディ」(元々は1955年の映画『Unchained』の主題歌)は大ヒットした。

あらすじ動画

ゴーストニューヨークの幻の主な出演者

サム・ウィート(パトリック・スウェイジ)、モリー・ジェンセン(デミ・ムーア)、オダ・メイ・ブラウン(ウーピー・ゴールドバーグ)、カール・ブルーナー(トニー・ゴールドウィン)、ウィリー・ロペズ(リック・アビレス)、地下鉄のゴースト(ヴィンセント・スキャヴェリ)、緊急治療室のゴースト(フィル・リーズ)、ローザ・サンティアゴ(アンジェリカ・エストラーダ)

ゴーストニューヨークの幻のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①同棲を始め幸せ絶頂のサムとモリーのカップル。ある日観劇の帰りに暴漢に襲われたサムが死んでゴーストになる。心残りのサムはゴーストとしてこの世に留まった。 ②自分を殺した相手・ウィリーが親友・カールと共謀していたと知ったサムは、モリーに危険が迫っていることを知らせるため、自分の声が聞こえる人間オダ・メイに頼む。 ③ウィリーもカールも事故で死に、モリーの危険は去った。心残りのなくなったサムは昇天する。

【起】– ゴーストニューヨークの幻のあらすじ1

アメリカ、ニューヨーク州ニューヨーク。

若い恋人同士のサム・ウィートとモリー・ジェンセンは同棲をすることにしました。サムは銀行員の男性で、モリーは陶芸家の女性です。

サムの親友で、同じ銀行に勤めるカール・ブルナーが引っ越しを手伝いました。3人は仲良しです。

同棲初日の夜、これから徐々に手を入れていくつもりの古いアパートで1898年のペニー硬貨を見つけたサムは、同棲に踏み切った記念にとモリーに渡します。

テレビニュースでは飛行機の墜落事故を報じており、人生とははかないものだとサムは感じます。

それでもサムとモリーの共同生活はこれからで、そして幸福な生活になる筈でした。陶器のろくろを回すモリーの背後に回ると、一緒に陶器の土を触り、ベッドインします。

ある日、サムは銀行で怪しい金の動きを見つけていました。大金が動き過ぎていると思ったサムはコンピューターでコード番号を変更し、調べるつもりです。

それを聞いた親友・カールは「今夜はモリーとマクベスを見に行くんだろ」と聞きます。

そのマクベスの観劇の帰り、モリーは「作品を2点出せと言われている(売れてきている)」ことをサムに告げ、初めて結婚のことを話題にしました。結婚は今までモリーが避けていた話題だったので、サムは戸惑います。

すぐに結婚しなくてもいいから愛の言葉を欲しいと頼むモリーに対し、サムは困りました。「愛している」の乱用は嫌いで、気軽に口にできません。いつもモリーが「愛している」と言った時に「同じく(Ditto)」と答えるのがサムの常でした。

気まずい2人に銃を手に持った男が襲い、金を出せと要求します。サムと暴漢の男は揉み合いになり、男を追って戻ってきたつもりのサムは、自分の遺体をモリーが抱いているのを見て驚きました。サムは死んで、ゴースト(幽霊)になっていたのです。

背後に白くて明るい光が差していましたが、サムはそちらに行かず、未練が残るモリーについていきました。しかし何も触れず、モリーにサムの声は伝わりません。

サムの遺体は緊急治療室に運ばれますが、蘇生は無理だと言われました。緊急治療室にいたゴーストは、「ドアは思い切ってぶつかれ」とアドバイスします。

手持無沙汰のサムは、ずっとモリーについていました。葬儀が済み、自分の遺品も片付けられます。

最愛の人物・サムを失って悲嘆に暮れるモリーに、カールがやたらなれなれしく接してくるのも、サムには腹立たしいことでした。

ある夜、モリーの飼い猫・フロイドがサムの気配を感じ取っていると気づいたサムは、少し嬉しく感じます。

遺品の片付けの後、カールがモリーに「気晴らしに公園へ散歩に行こう」と声をかけます。閉じこもりきりのモリーを気遣って外に連れ出しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ゴーストニューヨークの幻」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×