「ザスーラ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファンタジー映画

2005年製作のアメリカのSFファンタジー映画。監督は「アイアンマン」や「シェフ」などのジョン・ファヴロー。主演の兄弟を「ハンガーゲーム」シリーズのジョシュ・ハッチャーソン、ジョナ・ボボが演じた。 ダニーとウォルターの兄弟は、地下室で見つけたザスーラ というゲームを始めるが、ゲームから吐き出されるカードに書かれたことが現実に起こる。宇宙空間に放り出され、ゲームに沿って様々なことが起こる中、兄弟は無事に地球に戻ることができるのか?  

あらすじ動画

ザスーラの主な出演者

ウォルター・バドウィング(ジョシュ・ハッチャーソン)、ダニー・バドウィング(ジョナ・ボボ)、宇宙飛行士(未来のウォルター)(ダックス・シェパード)、リサ・バドウィング (クリステン・スチュワート)、バドウィング(ティム・ロビンス)、ロボットの声(フランク・オズ)他。

ザスーラのネタバレあらすじ

【起】– ザスーラのあらすじ1

ザスーラのシーン1

画像引用元:YouTube / ザスーラトレーラー映像

キャッチボールをしているウォルターと父親。つまらなさそうに見ているダニー。25回やったからダニーと交代だと言われ、ずるいと拗ねる。ウォルターに悪態をついて代るダニーはうまくボールをキャッチすることができない。面白くなさそうに見ていたウォルターは、割り込んでダニーのボールを取ってしまう。ウォルターに”バカ”と言って家の中に入っていくダニー。ウォルターを見てため息をつき、家の中へダニーを探しにいく父親。食事を運ぶ小さなエレベーターの中に隠れているダニー。何をやってもウォルターよりうまくできないと拗ねるダニーに人間はそれぞれ得意なものは違うと、ダニーは想像力が優れているだろうとなだめる。部屋の外で聞いているウォルター。お兄ちゃんよりも想像力はすごい?と尋ねるダニー。はっとして注意深く聞くウォルター。すると、お兄ちゃんとは別の凄さだと言う父親。

ダニーの部屋から降りてくる父親を待ち伏せてフットボールを投げるウォルター。午後から会議で出かけると言う父親。あとでママが来ると言われて、そんなのおかしいと別々に過ごすことを責めるウォルター。さらにずっと一緒に遊べないのはダニーがいるからだ、ダニーが邪魔だと言う。弟はいるんだからと父親に宥められている。影に隠れて聞いていたダニー。自分はスマッシュブラザーズを一緒にしようと父親を誘う。約束してたの?と怒るウォルター。騒ぐ2人についに怒る父親。少しくらい余裕をくれ、たまには子供も大人になる日があるもんだと言う。

2階に上がり、トランシーバーを使って2人で遊び出す2人。下の階で電話をしている父親の耳に2人が怒鳴り合う声が聞こえてくる。電話を切ると、2人が部屋にやってくる。ウォルターはダニーがトランシーバーを壊したことを怒り、関係のない意地悪なことまでダニーに言う。怒ったダニーはウォルターにフットボールを投げるが、途中でコップを引っ掛け、父親の描いたデザイン画の上にジュースがこぼれてしまう。

ソファーに並んで座り、しゅんとして居る2人。外でイラストをプリントしてくると家にふたりを残して出ていこうとする父親に、2人は嫌だと言うと、心配ない、リサを起こすからと悪い顔をする父親。2人はやめて、!恐ろしい!そのままにしてと懇願する。

2階のリサの部屋。窓を開けて、不機嫌なリサに弟達の面倒を見るように頼み、出ていく父親。

その様子を見て、ヘッドフォンをつけて再びベッドに入るリサ。

ダニーがゲームをしているとウォルターがゲームは禁止だとパパが言っていたと言ってテレビに変えてしまう。野球のニュースを見ているウォルター。つまらないダニーはグローブとボールを持って来てキャッチボールをしようと誘うが全く反応しないウォルター。何回かウォルターの手に向けてボールを投げて転がして返してを繰り返していたが、相手にされないのが面白くなく、ウォルターの顔にボールを当ててしまうダニー。怒ったウォルターに追い掛けられ、食料エレベーターに隠れているとウォルターに見つかる。そこにいろというウォルターに、また意地悪を言うダニー。怒ったウォルターに地下室まで降ろされてしまう。

地下室でこわごわ目を開け、部屋に降りたつダニー。ボイラーの火が燃えている。変な音がしてパニックになり逃げ回った先に、”ザスーラ”と書かれたボードゲームを見つける。

ウォルターの元へゲームを持っていくダニー。エレベーターは禁止だぞとウォルターに言われる。

ゲームを広げるダニー。ウォルターを誘うが断られる。1人で始めるウォルター。ネジを回してGOというボタンを押すと、飛行船がボードの上を移動し、カードが出てくる。字があまり読めないダニーはウォルターに見せる。カードには”流星群、急いで退避しろ”と書いてある。何だろうとダニーが言っていると、カードに何かが当たり焼けたように穴が空く。地面にも穴が空き煙が出ている。そのうちテレビも映らなくなり、部屋中に隕石が落ちてくる。暖炉の中に退避する2人。しばらくするとおさまったかに見えたが、最後大きな隕石が落ちて来て、テレビが壊れる。もうゲームやらない方がいいねとダニー。ウォルターはリビングしか隕石が落ちていないことに気づく。ダニーが玄関を開けると外は宇宙。圧倒される2人。ウォルターは唾を吐いてみるが、下に落ちずに宙に浮いてしまう。

寝ているリサを起こしにきた2人。リサを起こすと、部屋に入る時のルール”緊急事態の時だけ”を復唱させられる2人。それで緊急事態なわけ?と怒るリサに口々に説明する2人。2人同時に話すなと怒るリサに外を見てと見せるが、宇宙を見て夜になったと勘違いしたリサは慌ててデートの支度をしようとする。ゲームをして見せて怖さを見せようとする2人。カードの内容は、”宇宙船の船長に昇進2マス進む”と出て、ボード上の飛行船が2マス進むだけで何も起きない。すご〜い。。と棒読みで言って洗面所に消えるリサ。何も起きなかったことでリサに証明できなかった2人は急いでゲームを進めようとするが、ウォルターが触っても動かない。交代じゃないと動かないんじゃと言ったダニーが触るとゲームは動く。次のカードには、”乗組員が5回の間、冷凍睡眠装置に入る”とある。意味がわからないと言うダニーだが、見る間に目の前の洗面所の扉が凍っていく。リサ?と呼びながらドアを開けると中は一面冷凍庫のようになっていて、中でリサが凍っている。溶かそうとガスとライターを持って来て炎で溶かそうとするウォルターに嘘でしょ?とダニーは言い、先にゲームの説明書を読もうと説得する。

ザスーラ に到達するとリセットされると書いてある。さっさとやって帰ろうと言うウォルターに対して怖がってしまっているダニー。ウォルターの番で、出て来たカードには”ロボットが故障”と書いてある。廊下に小さなロボットが現れて”緊急事態発生”と言いながら歩いてくる。ロボットを前に喧嘩を始める2人。ゆっくりと大きくなっていくロボット。”エイリアン発見、破壊します”と言って2人に突っ込んでくるが、2人は避けて暖炉に突っ込む。恐る恐る様子を見る2人。再び動き出すロボット。暖炉の壁から抜けられないロボットを横目にゲームを進めるようにダニーに言う。落ちていたネジを何とか取り、ダニーに渡すウォルター。ロボットを引き付けて逃げながらダニーにゲームをするように言う。逃げているうちに窓を突き破って外へ出ていくロボット。なぜゲームをやらなかったのか!とダニーを責めると、怖かったと、けどもう安心だね、と言っているともう片方の窓からロボットが戻ってくる。ロボットは怒ったように煙を吐き出し、また動き出す。ダニーの番で出て来たカードを持って走っていくウォルター。星に接近し重力が増大している。相変わらずロボットに狙われているウォルター。なんとか重力がおさまると、衝撃で凍ったリサが落ちてくる。ロボットは地下室に落ちて動かないが、とられた靴をウォルターが取り返すと、動き出し自分を修理し始める。

2人がかりでリサを元の場所に戻し、起きる時にそばにいたくないと離れる2人。

ゲームを続けるウォルターだが、ダニーは怖がってもうやらないと拗ねてしまう。地球に帰るためにはゲームを続けなければならない、どうすればいい?と脱力して尋ねるウォルターにダニーは意地悪しない、無視しない、弟として可愛がってと条件を出す。いいよと受け入れるウォルター。ダニーはゲームを再開する。出て来た紙には”ゾーガンが訪れる”と書いてある。光と共に宇宙船が近づきすごい音がしてガラスが割れる。いい宇宙人かもと言っているそばから攻撃される2人。暖炉に隠れても暖炉が攻撃される。隠れながらお兄ちゃんのせいだ、ゲームをやらせるからだと責めるダニー。ウォルターの番”プログラムし直せ”とカードが出るが何も効果はない。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ザスーラ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×