映画:シザーハンズ

「シザーハンズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(7件)

シザーハンズの紹介:ハサミの手と純真無垢な心を持つ人造人間エドワードは町で人間たちとの生活を始めるが、その両手についているハサミは意に反して自分や他人を傷つける凶器になってしまい、やがて愛する少女との別れの時が来る。1990年米国。監督:ティム・バートン、脚本:キャロライン・トンプソン、音楽:ダニー・エルフマン。ティム・バートンがジョニー・デップを起用した第1作目。発明家役のヴィンセント・プライスはティム・バートンの1982年の短編「ヴィンセント」でもナレーションを演じたが、この「シザーハンズ」が遺作となった。

あらすじ動画

シザーハンズの主な出演者

エドワード(ジョニー・デップ)、キム(ウィノナ・ライダー)、ペグ(ダイアン・ウィースト)、ジム(アンソニー・マイケル・ホール)、ジョイス(キャシー・ベイカー)、ビル(アラン・アーキン)、ケヴィン(ロバート・オリヴェリ)、エスメラルダ(オーラン・ジョーンズ)、発明家(ヴィンセント・プライス)、孫娘(ジーナ・ギャラガー)

シザーハンズのネタバレあらすじ

【起】– シザーハンズのあらすじ1

雪の降る寒い夜、幼い女の子がおばあさんに聞きます。

「なぜ雪は降るの?」

おばあさんは窓の外に見える山の上のお城を見ながら孫娘に語り始めます。

何年も何年も昔のこと・・・化粧品のセールス・レディのペグは訪問販売がうまくゆかず、町外れの山の上のお城を訪ねてみようと思い立ちます。

お城の庭には動物や人の手の形に刈り込まれた植木が並んで夢のような景色でしたが、建物はひどく寂れて屋根も崩れています。

気配がしたので奥へ進むと、そこには手がハサミになっている謎めいた青年がいました。

彼の名はエドワード。この城に住んでいた発明家が創った人造人間です。

その発明家は天才であらゆるものを創り出し、最後には人間を創ったのです。心臓はハートの形のクッキーでできています。

でも、とてもお年寄りだったのでエドワードの手を完成させる前に死んでしまったのでした。

エドワードは未完成のまま独りぼっちでお城に残され、その顔は自分の手のハサミでつけた傷だらけです。

同情したペグはエドワードを自分の家に連れて帰りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「シザーハンズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×