映画:ショコラの見た世界

「ショコラの見た世界」のネタバレあらすじと結末

ショコラの見た世界の紹介:高機能と3インチの大画面を搭載した携帯電話にインスピレーションを受けた行定勲監督が描いたファンタジー映画。主演は『春の雪』で監督とタッグを組んだ竹内結子。

あらすじ動画

ショコラの見た世界の主な出演者

〈初子〉ショコラ(竹内結子)、〈典子〉テンコ(大塚ちひろ)、〈治男〉ジダン(和田聰宏)、小学生のテンコ(藤本七海)、監督(行定勲)、脚本(伊藤ちひろ)

ショコラの見た世界のネタバレあらすじ

【起】– ショコラの見た世界のあらすじ1

予備校に通う典子(テンコ)は、小学生の頃風邪を引いたときだけ姉が聞かせてくれた、不思議なおとぎ話を聞くのが大好きでした。

姉の初子(ショコラ)は7年前の夏、ショコラが溶けてしまうように当然亡くなりました。

ある雨の日、テンコはショコラのかつての恋人だった治男(ジダン)と偶然再会を果たします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ショコラの見た世界」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ