映画:ジャングルブック(2016年)

「ジャングルブック(2016年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ファンタジー映画

ジャングル・ブック (2016年)の紹介:1894年に発表された小説家ラドヤード・キップリングの児童文学『ジャングル・ブック』を原作に、2016年に公開されたアメリカ映画。同原作による4回目の映画化でもある。製作・監督は『アイアンマン』『アベンジャーズ』のジョン・ファヴロー。主人公の少年モーグリ以外、舞台となったジャングルと、そこに棲む動物たちをすべてCGで製作した映像の素晴らしさで話題となり、全世界で9.4億ドルを越える興行収入を記録した。

あらすじ動画

ジャングルブック(2016年)の主な出演者

モーグリ(ニール・セティ/北原十希明)、バルー(ビル・マーレイ/西田敏行)、バギーラ(ベン・キングズレー/松本幸四郎)、シア・カーン(イドリス・エルバ/伊勢谷友介)、ラクシャ(ルピタ・ニョンゴ/宮沢りえ)、アキーラ(ジャンカルロ・エスポジート/大川透)、キング・ルーイ(クリストファー・ウォーケン/石原慎一)

ジャングルブック(2016年)のネタバレあらすじ

【起】– ジャングルブック(2016年)のあらすじ1

幼い少年モーグリは仲間の狼たちとともに、ジャングルを走っていました。人間のモーグリは、狼たちほど早く走れません。彼が飛び乗った木の枝が折れて地面に落ち、後を追ってきた黒ヒョウのバギーラに捕まってしまいます。これは狼たちとともに早く走る練習だったのです。

狼らしく地上を走れというバギーラに、モーグリは枝が折れなければ捕まらなかったと負け惜しみを言います。バギーラは蔦に覆われた木は死んでいるから枝が折れやすいと注意しました。

一緒に成長した仲間の狼たちは早く走れるのに、どうして自分は遅いのだろうとモーグリは悩みます。そんな彼を、育ての親である雌狼のラクシャは優しく励ましてくれました。

モーグリは幼い頃にバギーラに拾われ、狼の群れに託されたのです。群れのリーダーである雄狼のアキーラは、人間のモーグリも群れの一員として分け隔てなくあつかってくれて来きました。そして今日もアキーラは狼たちとともに「ジャングルの掟」を詠唱し、モーグリに聞かせるのでした。

そんなある日、ジャングルに乾季が訪れます。川の水が干上がり、川底にあった「平和の岩」が姿を現しました。この岩が見えるようになったら、川は貴重な水飲み場となり、そこで動物たちが争うのは掟で禁じられているのです。さっそく小さな動物や草食動物たちが集まってきます。

狼の群れもやってきて、彼らとともに平和的に水を飲み始めます。そこに混じっていたモーグリは、亀の甲羅で作ったバケツで水をすくいますが、それは掟で禁じられた行為でした。アキーラに叱られたモーグリは、渋々バケツの水を捨てました。

その時、周囲の動物たちが警戒しはじめます。アキーラがモーグリに岩陰に隠れるよう指示した直後、巨大な虎のシア・カーンが現れました。彼は森の乱暴者で動物たちに怖れられているのです。さすがのシア・カーンも掟にそむくことはしませんでしたが、モーグリの匂いを嗅ぎつけ、人間がどんなひどいことをしたのか思い出せと言います。そして必ずモーグリを殺す、邪魔する者は許さないと宣言しました。モーグリは怖くて岩陰から出られませんでした。

住処にもどった狼たちは、シア・カーンへの対応を巡って協議します。モーグリは自分がいると狼たちに迷惑がかかると思い、群れから離れると告げました。そんな彼にバギーラは、人間の世界に帰るよう言いました。他に道はなく、モーグリは育ての親であるラクシャに別れを告げ、バギーラとともに旅立っていったのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジャングルブック(2016年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ