映画:スターダスト

「スターダスト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

スターダストの紹介:2007年に公開されたイギリス・アメリカ映画で、ニール・ゲイマンのファンタジー小説を原作としている。マシュー・ヴォーンが監督を務め、クレア・デインズやミシェル・ファイファー、ロバート・デ・ニーロらが出演したファンタジー。愛する人のため、流れ星を取りに行く青年が、壁を越えて魔法の世界へと旅する姿を描いている。

あらすじ動画

スターダストの主な出演者

トリスタン(チャーリー・コックス)、イヴェイン(クレア・デインズ)、ラミア(ミシェル・ファイファー)、キャプテン・シェイクスピア(ロバート・デ・ニーロ)、ヴィクトリア(シエナ・ミラー)

スターダストのネタバレあらすじ

【起】– スターダストのあらすじ1

150年前、ロンドンの王位科学アカデミーに、田舎の少年から質問状が届きます。

その少年はウォールという村に住んでいました。この村にはある秘密があり、何百年もある壁に囲まれていました。この壁は、魔法の王国のストームホールドを隠しているのです。

この壁の前には、別世界へ通じる門番がいました。壁の先はただの野原にしか見えません。

少年・ダンスタンは、門番に評議会で罰せられると脅されても、門番の隙をついて壁を飛び越えて行きます。

到着した村で、ダンスタンはある女性・ウーナと出会い、ガラスの花と交換にキスをします。彼女は本当は王女で、奴隷にされていました。魔女が死なないと鎖が切れないのです。ウーナに小屋の中に通されて、ダンスタンは入っていきます。

人間界のイギリスに戻ったダンスタンは、9ヶ月後に赤ん坊の息子を届けられます。その赤ん坊はトリスタンという名前で、壁のところに届けられていました。

18年の月日が流れて、トリスタンは憧れのヴィクトリアに花を届けますが、金持ちのハンフリーに棒で倒されてしまいます。

雑貨屋で働いていたトリスタンは、クビになってしまい、貧乏人なこともあり、ヴィクトリアと釣り合わないと周りから言われていました。

ヴィクトリアはハンフリーから、誕生日にプロポーズすると言われていました。トリスタンはそのことをヴィクトリアから聞きます。

その頃、ストームホールドの国王は死ぬ前に、王位継承の問題を解決しようとしていました。現在、彼の7人の息子のうち4人が生きています。王の娘のウーナは行方不明となっていました。

次男のセカンダスは、窓の外に何が見えるか父に聞かれ、王国と領土があると答えると、突き落とされてしまうのでした。セカンダスは死んだ兄弟のゴーストの仲間入りとなります。

国王は、王の血を引く者だけが手にできるルビーの首飾りを外します。これを手にしたものが次の王となるのです。

首飾りは空を飛んで、宇宙へと行きます。そして流れ星となって落下します。

トリスタンとヴィクトリアは、その流れ星を見ていました。トリスタンは、ヴィクトリアと結婚できるなら、壁を越えて流れ星を取ってくると約束します。ヴィクトリアは、1週間で戻らなければハンフリーと結婚すると言います。

壁の向こうに行こうとしたトリスタンでしたが、門番に邪魔されてしまいます。その後、トリスタンは父から、あのガラスの花と魔女の鎖、そして母からの手紙を受け取ります。

手紙には、魔女のせいでトリスタンを手放すことになったと書かれていました。また、一緒に同封されているバビロンのロウソクを使えば、瞬時に移動できると書いてあります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スターダスト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×