映画:スノーホワイト

「スノーホワイト」のネタバレあらすじと結末

スノーホワイト(2012年)の紹介:グリム童話「白雪姫」を原作とした2012年公開のダークファンタジー映画。悪の女王に立ち向かうプリンセスの姿を描いた作品。マグナス王と女王との間に生まれた心優しき美しいプリンセスのスノーホワイト(白雪姫)。女王が亡くなり、軍勢が攻め入って来る。王は捕虜になっていたラヴェンナを救出して、その美しさに魅入られる。ラヴェンナと結婚した王であったが…。

あらすじ動画

スノーホワイトの主な出演者

スノーホワイト(クリステン・スチュワート)、ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)、エリック(クリス・ヘムズワース)、ウィリアム(サム・クラフリン)

スノーホワイトのネタバレあらすじ

【起】– スノーホワイトのあらすじ1

スノーホワイトのシーン1

画像引用元:YouTube / スノーホワイトトレーラー映像

マグナス王と女王が治める国は豊かに繁栄していました。二人の間に子供が生まれます。名前はスノーホワイト(白雪姫)と名付けられます。彼女は心優しき美しいプリンセスに育っていきます。

女王が突然亡くなられます。悲しみに明け暮れていたマグナス王の隙をついて軍勢が攻め入ってきます。軍勢は実体の無い幻の軍勢でした。軍勢を蹴散らすと、捕虜のラヴェンナをマグナス王は保護します。

マグナス王はラヴェンナの美しさに魅入られて結婚します。女王となったラヴェンナはマグナス王を寝室で殺します。ラヴェンナは今度は本物の軍勢を城に入れます。

城にいたハモンド公爵とウィリアム王子は逃げ出せます。しかし、スノーホワイトはラヴェンナの弟フィンによって捕らえられて塔に幽閉されます。

ラヴェンナが治める国は荒廃していき、人々は苦しい生活を送っていました。

ラヴェンナは鏡に向かって、この世で誰が一番美しいか聞きます。鏡はラヴェンナであると答えてくれます。ラヴェンナは魔力を持っていて、永遠の若さを女性から吸い取る事で保持していました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「スノーホワイト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×