映画:ダークシャドウ

「ダークシャドウ」のネタバレあらすじと結末

ファンタジー映画

ダーク・シャドウの紹介:2012年公開のアメリカ映画。1960~1970年代に放送された人気テレビドラマをリメイクし、ティム・バートン監督&ジョニー・デップ主演の8度目のタッグ作品として映画化した。

あらすじ動画

ダークシャドウの主な出演者

バーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)、アンジェリーク・ブシャール(エヴァ・グリーン)、ヴィクトリア・ウィンターズ(ベラ・ヒースコート)、ジョゼット・デュプレ(ベラ・ヒースコート・一人二役)、エリザベス・コリンズ・ストッダード(ミシェル・ファイファー)

ダークシャドウのネタバレあらすじ

【起】– ダークシャドウのあらすじ1

1752年、コリンズ家はイギリスのリヴァプールから北アメリカに渡りました。

それから20年後…コリンズ家は栄え、バーバナスはプレイボーイとして鳴らしていました。バーバナスは使用人・アンジェリークに手を出します。

しかしバーバナスはジョゼットという娘を愛しました。ジョゼットと共に人生を歩もうと思ったバーバナスはアンジェリークに別れを告げます。

ところがアンジェリークは実は魔女でした。バーバナスの仕打ちに怒ったアンジェリークは、ジョゼットに魔法をかけ、崖から身を投げさせます。

後を追って崖から身を投げたバーバナスは死ねませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ダークシャドウ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×